徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    感謝。

    おはようございます。 梅雨空の中では気分が滅入ることも多々ありますが、素敵なお客様の笑顔で憂鬱な気分を吹き飛ばす力となり、あなたの言葉で未来への希望が湧いてくるのは素晴らしいことだと思うのです。

    言葉と言うのは人を元気にもできるし~傷付けてしまうこともあるし、何気ないヒトコトで誤解を招いてしまうこともああります。 充分注意していても生活環境や生まれてきてからの成長過程においての考え方の差は埋めようがなく、親が怒るばかりしていると子供も怒るような態度ばかり取り始めます。

    言葉の使い方の難しさは常にありますが、私はお客様の御相談内容に対して「どのように伝えれば?」が永遠の課題です。

    世の中には真実であっても言って良いことと悪いことがあり、相手を傷付けるようなことを言ってはいけないと思うのです。 自分が言われて嫌なことを相手に言う、これでは自分勝手と受け止められても仕方が無いと思うのです。

    私もお客様に対して失礼の無いようにと思ってはいますが、それはナカナカ出来ていないことも多いので未熟者だと反省する日々です。

    霊視カウンセリングでは最初から「良いことしか言わない」と決めているのも、未熟者の私では否定的なことや悪いことを言ってしまうことも多いからです。 また、悪いことは言わないようにしようとしていても、御相談内容によっては悪いことしか言えない場合だってあります。

    例えば、朝の挨拶が出来ていないから職場内で孤立している人がいたとしたら、それに対する解決方法として「まずは朝の挨拶を気持ち良くすることから、始めてみてはいかがですか?」とお伝えすることになります。

    これを聞いた人は「当たり前じゃん?」とか「一般論を言うな!」などと言われるかも知れませんが、当たり前のことができていない時には当たり前のことが開運の方法になります。 病院でも熱が高い時には熱が下がる薬を出すように、一般的なことが出来ていないなら一般論が開運の決め手です。

    私はどちらかと言えばとんでもないことを言わないので、当たり前のことを常識や道徳に従ってお話することが多いです。 祈祷や念仏や妖精などのお話から超能力パワーで願いが叶うなんてことは一切言わないので、こういう話を期待している人からすれば私の霊視カウンセリングは一般論にしか聞こえないと思います。

    朝の挨拶をキッカケや例えとしてお話しているだけで、日常的なズレがあって上手く行っていない部分を視ているから、必然的に直す部分は一般論をお話しするようになります。

    ただし、この内容の伝え方が上手くできていないのは他ならぬ私自身なので、私自身が日々の努力は欠かせないと思っています。 お越しくださるお客様に満足していただけないのであれば、それはお越しくださるお客様ではなく私自身に何か問題があるからです。

    起きてしまったことは仕方が無いから、今の状態で起こっていることは何かの暗示や縁によって起こっている、そう考えた方が未来へ繋がると思います。

    宇宙の法則と言うほど大げさではありませんが、運勢と言うのは程よくバランスが吊り合っていると思います。 良いことが10回あれば~悪いことが10回あると言う風に、良いことと悪いことの差は最終的には限りなくゼロに近づいていきます。

    これは100%の人に当てはまるわけではありませんが、AとBの二つの人生のうちどちらか選べと言われたらどちらが良いと思うのか、それが個人個人の考え方や人生の差になると思います。

    A:0歳から30歳まで幸せで、30歳から死ぬまで苦労する人生。
    B:0歳から30歳まで苦労して、30歳から死ぬまでハッピーな人生。

    私はBの人生の方が良いと思うのですが、人により考え方が違うので正解とか不正解はありません。 ただ、人生は終わりに近づくのと幸福の度合いが上昇するのが比例していく人生は、楽しくて充実と満足を得る終わりを迎えることになると思います。

    私は今と言う時間の流れはとても幸せですが、それは素敵なお客様にお会いできると言うチャンスを運命に与えていただいたからです。 これは当たり前ではなくものすごい奇跡で、この状態に感謝しなければ何に感謝するのかと言うほどです。

    目の前に出会う人が全て素晴らしい人だと思えるのは、私にとっては自然で当たり前なのですが、これを大げさとかお世辞だと感じる人だっていると思います。 しかし、そう感じる人は幸せな人生を送ってきたからで、荒波の人生であれば逆に他人の善意が凄く有り難く感じるモノです。

    私は県北での生活は今から考えてもよく生きていられたなぁと思いますし、過去の人生に比べてみると霊視カウンセラーとして歩み始めてからの幸せ、それは素敵な人や素晴らしい人にしか出会っていないと断言できることです。

    素晴らしい方々に、いつも予約を入れて頂き、本当にありがとうございます。 この御恩は一生忘れることはありませんし、素敵なお客様への感謝の気持ちを胸に今後も生きて行きます。

    あなたは日常で、どれくらい感謝していますか?

    ☆⌒(*^-°)v Thanks!!
    関連記事

    PageTop