徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    皇居東御苑。

    おはようございます。 元気があれば何でもできる、それは嘘ではなく本当のことで、美味しいモノを食べるとか、自分が元気を出して行けば落ち込んでいる暇はありません。 あなたの笑顔があるから頑張れる、そう周りの人が思っているのだから、あなたがいることで救われる人が大勢いるのです。

    さて、東京のパワースポットを色々と紹介してきましたが、いよいよ最強に近い場所の御紹介です。 ここは邪な考えの人が行くと逆にパワーが落ちると言うか、余計な私利私欲丸出しで行くと、何も無かったとか~何も起こらないなど、パワーの吸収は不可能な場所です。 その代わり吸収できるようになれば、これほど強力なところは日本に存在しないと思います。

    私は朝か夕方になってから行くことが多いのですが、ここへ1~2時間いると心が洗われてきて、明日への英気が養われるし~素敵なお客様にお会いした時に幸運のお裾分けがかなりできる気がします。

    私がブログにて「東京から帰った時に倉敷へ予約を入れると良いかもしれません。」と、書いたことがあると思いますが、それは日本最強に近いパワースポットへ行った後の私がいる倉敷事務所へ来るのは、話をしに来るだけでも明らかに違うからです。

    では、日本最強に近いパワースポット、それは「皇居東御苑」です。

    「皇居東御苑」とは東京都千代田区の皇居の東側に位置する、広さ約21ヘクタールの庭園のことを言い、ここは当然のことながら宮内庁の管轄で皇宮警察もあります。 当地はかつての江戸城の本丸~二の丸~三の丸跡に位置しており、少し離れた場所の西の丸を含めた部分も含めて、この範囲内全てのことを江戸城と言いました。

    緑豊かな雑木林に日本庭園や皇室関連の施設もあり、江戸城の遺構などが残されている霊験あらたかな場所で、戦後に特別史跡に指定されて1968年10月1日より一般公開されるようになりました。

    そして主な施設として「三の丸尚蔵館」には、宮内庁所管の美術品や絵画など貴重な品々を展示してあります。 「宮内庁書陵部庁舎」では40万点に及ぶ皇室の古文書と、全国に存在する陵墓の管理を行っています。

    宮内庁楽部庁舎の「桃華楽堂」は香淳皇后の還暦を祝い1966年に建てられた音楽堂、「同心番所」は同心が江戸城へ登城する大名の供を監視した場所で、以前は番所前に橋があり御三家を除く全ての大名&役人は馬や乗り物から降りて徒歩で本丸へ登りました。

    「百人番所」は本丸~二の丸へ続く大手三之門を警護していた門で、鉄砲百人組と呼ばれる甲賀組+伊賀組+根来組+二十五騎組の同心100人が昼夜交代で警護していました。

    「大番所」は本丸へと通じる中之門警備の為にある詰所で大番が詰めていたところで、「富士見櫓」は明暦の大火の後(1659年)に再建された建物で、江戸城の天守は明暦の大火で焼失した後に再建されることがなかったので、それ以後は江戸城のほぼ中央に位置していた富士見櫓を天守の代わりにしていました。

    「天守台(江戸城天守跡)」は本丸の北端に位置していて、最初の天守は1607年に完成しましたが当時の天守台は少し南に位置しました。 3代将軍家光が大改修を行い最終的な完成をみたのは1638年で、この時に現在の天守台ができました。 天守は外観5層~内部6階建てで天守台を含めた高さが58mあり、天気が良ければ房総半島からでも見ることができたと言う話です。

    しかし、明暦の大火で焼失した後は再建の話もありましたが、家光の弟である保科正之(会津松平家藩主)の反対により再建は延期されて、延期のまま再建されることはありませんでした。

    ここまでが御苑内の施設や歴史の簡単な説明ですが、原則として月曜日と金曜日以外の各日に開苑していて、天皇誕生日以外の祝日の場合は開苑~月曜日が祝日の場合は翌火曜日が閉苑となります。

    ここは大手門~平川門~北桔梗門などから入ることができて入園無料なので、日本最強に近いパワースポットの威力と言うか、自分が浄化されて新たな自分に生まれ変わるような感覚を会得できたら、ここへ行きたくて行きたくてしょうがないかもしれません。

    私は東京出張の時に時間が許す限り行くようにしていますが、ここへ行くと気力が充実してやる気に充ち溢れてきます。 ここまで読んで「日本最強に近いと言うことは、日本最強は…?」と思う人には、「い~、質問ですね!」と座布団5枚です。

    日本最強は天皇皇后両陛下の住居となっている半蔵門から皇居~吹上御所など、一般の人は立ち入り禁止の場所となります。 私は一度だけ皇居参観へ応募して中へ入ったことがあり、その時の模様はデジカメに収めてきているので、7月15日のブログで日本最強のパワースポットの内部について更新します。

    皇居内の写真を携帯の待ち受けにするもよし~PCのディスプレイに設定するもよし、滅多に見れない秘蔵写真の数々です。 (注:今まで御紹介した画像でも、気に入った場所があればお勧めです。)

    なお、デジカメの小部屋に東御苑の中にある井戸が写っていますが、この井戸は清正の井戸なんか比較にならないくらい強力です。 井戸や庭園は結婚&開運へのパワースポットで、このパワースポットへしばらくいると開運&結婚へ大きく前進します。

    ただし、この井戸はほとんどの人が素通りする不思議な井戸で、「見つけられない=縁(運)がない」と言うことで、世間一般の人は見えているのに気が付かないなんて不思議です。 あれだけたくさんの人がすぐ横を通っているにも拘らず、いつ行っても誰一人いないから私が独占状態です。

    ここでは一つだけ注意点ですが、皇居周辺のパワースポット(東御苑内の天守台など)へ5月は毎日行っていたのですが、すると寝なくても身体が疲れなくなって夜寝られなくなったので、6月は行くのを控えていると再び寝られるようになったので行き過ぎはよくないです。

    あなたは皇居東御苑に、行ってみたいと思いますか?

    (= ̄▽ ̄=)V やったね!



    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は4日(月)より再開いたします。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m
    関連記事

    PageTop