徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    身の危険。

    おはようございます。 今日も安全で平和な一日になりますが、何も無いことはつまらないではなく素晴らしいこと、戦争が始まれば昨日までの平和がありがたく感じる筈、危険の無い日常は本当にありがたいことです。

    さて、危険を感じる能力は生きていると必須条件ですが、段々と鼻が利かなくなる&察知できなくなる、それは幸せだと危険を感じ取る能力は無くなるからです。 占い的に言うと信じない人もいますから、災害などで逃げられない状況に陥ってしまう謎を紐解いてみます。

    災害などえ逃げ遅れになる理由は、自分は大丈夫と思うからでなく危機感がないからで、土砂災害など天候が相手の場合は危機を感じる前にさっさと逃げるが正解です。

    倉敷も西日本豪雨で真備町が甚大な被害だったのは記憶に新しく、このような自然災害で毎回多くの人が亡くなっています。 自然災害が発生すると逃げ遅れが毎回のように話題になりますが、どうして危険が差し迫っていたにも関わらず避難しないのかは誰もが感じる謎です。

    その要因はギリギリまで危機感を感じられないからで、集中豪雨などで住民が逃げないのは自分は大丈夫だと思っているからもありますが、それだけではなく危機感が無いと人は動けないのです。

    世の中はカンの良い人が生き残りますが、危機感を感じても自分は大丈夫だと思うのではなく、危機感を感じたら逃げられない状況になっていたが本当の要因で、危険が差し迫っていることに気付けない理由もあります。

    日本で雨が降るのは誰もが理解できるし雨だけで危険を感じる人はおらず、たまに限度を超えた雨が降ったら危険が差し迫ることになりますが、それでも危機感が無い人は多いです。

    上流の降雨で下流に災害が発生する場合でも必ず下流で雨が降るとは限りませんから、危ないと感じたら濁流に囲まれて逃げられない状況もあり、その結果として逃げ遅れてしまうことになります。

    変わらぬ日常が続くと思い込んでいると危険も増しますが、気象庁の特別警報などがあっても逃げないのは必ず全ての人たちが被害を受けるわけでもないからで、被害を受けるかどうかで言うと確率的に低いと知っているからでもあります。

    心理的な面で言えば警報=自分自身の危機ではないと感じて、自分は被害に遭わないと決め付けているから動けない、だからこそ行政やマスコミは危ないと思えば早めに逃げて下さいと言います。

    なお、逃げないことを正常性バイアスで広まっていますが、厳密に言うと正常性バイアスは異常事態が起きても逃げないこととは少し違い、人が異常現象に遭遇する前の見方の癖みたいなもので、人は今の日常が続くと思っているのでかけ離れた異常事態が起こることを想定できません。

    正常性バイアスの元は英語のノーマルシー・バイアスを翻訳したもので、普段は日常が続くと思って生きるのが当たり前で、毎日戦場だと思い緊張していたら精神的に参ってしまいます。

    人は今も普通に生活を送って10年後も普通に生きている、現在の日常がずっと続くと思い込んでいるからこそ貯金や保険をしますが、日常が続くと思っていると自分に危険が迫るとは思えません。

    ここまでが危険を察知できない仕組みですが、人の脳は異常を感知しても気持ちが安全と思えば回避しない、そして危険に飲み込まれてしまうのです。 昨年2月から始めたお祓いも二年目に入りましたが、そこで分かるのは危険を察知しても回避できないようにする何かがいると言うことです。

    例えば、先日のことですが午前11時から予約している方が事務所へお越しになり、その時の私は何故か午後1時と勘違いしてしまい、「お間違えでは?」→「いえ、今日の予約です?」となり時間軸が狂った状態でした。

    しかし、「ちょっと待てよ?」とカンが働き私の勘違いでは?と予約を見直し、確認したら私の勘違いと分かり鑑定開始したら異様な雰囲気で、何かが鑑定させたくなかったとわかりましたが、憑依されている場合は何かが祓われたくないから私に近付けないようにします。

    例えば、鑑定当日に急に仕事が入る、渋滞で間に合わない、何らかの理由で行かせないようにしないと私の前に来たら祓われるから遠ざけようとする、遅刻やキャンセルにもこのような意味があります。

    皆様の周りの人でも憑依されているかどうかは、「獣臭がする&目付きが細くなる(悪くなる)」が分かりやすいです。 他で言うと人間関係が悪くなるで、憑依した何かは孤立や孤独に追い込みますが、憑依した何かの最終目的の多くは○○や魂で、外国では悪魔が魂を食べると言われます。

    お金と人間関係のどちらが大切かと言えば人間関係で、歳を取れば取るほど多くの知人友人がいることは必要で、その人間関係を失ってしまう生き方はお勧めできません。 一時の気の迷いで間違った方へ進むなら早く元へ戻る、そしてやり直せば皆も温かく迎えてくれる筈です。

    2019年までの私は祓う力が無かったので獣臭がしていた人を放置するしかなかった、それで人生を狂わせてしまったかもしれないし、そういう後悔があるから人に取り憑こうなんて輩は全て祓います。

    今は後悔しない様に獣臭など憑依している場合は憑依されていますと言いますが、それでもお祓いをするかどうかは自己判断となりますから無理強いはしません。

    あなたは身の危険を、感じたことがありますか?

    ( ゚ ω ゚ ) ! !

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop