徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    箱の使い方。

    おはようございます。 今日も素晴らしい朝の始まりですが、それは素敵なお客様方のおかげで、この世は皆様の笑顔が平和と愛を作り上げていると信じています。 皆様のおかげで地球は回る、それくらいに思っていてちょうどいいと思います。

    さて、最近になって人気急上昇なのが「不運をしまう箱」ですが、こちらは使い方のコツを掴んでしまえばいくらでも入れられますから、自分の不運を遠慮なくしまいまくっていけば、幸運しか残らないと言う考え方です。

    元々、どうして思い付いたかと言えば、陰陽師の中に女性に次々と取り憑く鬼の話がありました。

    その取り憑いた鬼を追い出したら次に他の女性へ憑りつくの繰り返しだったので、そこで安倍晴明が桜の木か何かへ乗り移らせると言う、代わりの箱みたいなものを用意したと言う逸話があります。

    そこで思い付いたのが仮想空間に箱を作れば、その箱へ皆様の不運を入れてしまえばいいのでは?と思いつきました。 そして今年の5月頃から常連様に試し始めて、7月下旬頃から本格的に始めました。

    初期の頃は箱を作るだけで、その箱へ不運をどんどんと入れていくと言う形で、その入れ方もコツみたいなものは確立されていませんでした。

    今は箱へ入れ損ねた返りが来ない様に皆様を守るバリアみたいなものを用意したり、箱へ入れる為のコツみたいなものもあったりするので、かなり初期の頃よりは整理されてきたと思います。

    また、私としては魔を封じ込める為に作りましたが、皆様の利用方法に病気を封じ込めるもありまして、本来の不運をしまう箱の目的とは違うけれど結果が出ていれば良いか?と思い直しました。

    今は私も肩凝りなどをバンバン入れているので身体が楽になって、常に元気でいられるから不運をしまう箱は本当に便利ですが、素敵なお客様から新しい使い方を教えられました。

    箱の使い方の流れとしては、箱を開ける文言を言ってから不運をしまい、そして箱へ閉じ込める為の文言を言う、それだけで不運をしまい込めるので簡単そのものです。

    そして自宅でも会社でもどこでも使えるので、困ったらすぐに自分でやれると言うのも魅力ですが、その場ですぐにと言うのは本当に助かると思います。

    お願い事と言うか不運をしまう文言も、うまくやるとスポッ!と箱へ入り込みます。

    ・肩の痛みがすっかりときれいに治る
    ・腰の痛みが一切でなくなりきれいに治る
    ・喉の痛みがきれいさっぱり治る
    ・夫の癌が完治して再発も一切しなくなる
    ・子どもの小児癌がきれいに治ってものすごく元気になる
    ・家からムカデが全くいなくなる
    ・主人が私の悪口を一切言わなくなる

    こうやって少し大げさに不運をしまって頂ければ、より願いごとが叶いやすくなると思います。

    病気以外にも使えるのですが、元々は身体のことではなくこちらが本来の目的でした。

    ・会社でみんなから愛されてもの凄く人間関係が良くなる
    ・彼が私をもの凄く好きになって愛してくれる
    ・上司が私を好きになって全くいじめなくなる

    本来の魔を閉じ込めるではなく人間関係や病気関係など、この二つへ使う人が多いので私も予想していなかった使われ方ですが、結果良ければ全て良しですから皆様の思うように使って頂ければと思います。

    不運をしまう箱へきちんと入れる方法ですが、これも皆様は自分なりの方法を確立されているようです。

    ある方は、自分と箱をストローでつないで、自分の不運がストローを通じて箱へ行くとイメージしてるようです。

    また、ある方は自分の頭上にUFOが来て不運を吸い上げてくれて、そのUFOが箱へ行って不運を照射すると言うイメージの人もいますから、イメージの作り方が大切だと思います。

    そして目標を間違えると効果も薄れる傾向があるので、グーグルマップに必ず目標を入れて目標物を必ず確認して下さいませ。

    西日本の箱(岡山県倉敷市連島町鶴新田)は、「JFE北門」が一番効果的で、必ずJFE北門を目標にして下さいませ。

    東日本の箱(東京都港区南青山)は、「外苑前郵便局」が一番効果的で、必ず外苑前郵便局を目標にして下さいませ。

    これは一日に何回入れてもOKですから多い人は30~40個は入れますから、遠慮なく何回でも入れて下さいませ。 家族の分も入れられますし、何回でも入れられますし、病気でも何でも入れてしまえるし、なんと言っても永久に使えるのでお得かと思います。

    ただ、人によりますが3~6か月ごとに1回、箱のメンテンナンスと言うか、自分を守る為にもお祓いに来て頂く必要がありますが、それだけで永久に自分の為に使えます。

    人にもよるから一概にこうとは言えませんから参考までに、期間で言うと3~6か月で回数で言うと900~1000回ほど、そこで一回お祓いをした方が良い感じです。

    毎日5回入れたら6か月で900回になりますし、毎日10個だと3か月と言う計算になります。

    あなたは不運をしまう箱、どう使いたいですか?

    (*´σー`)エヘヘ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop