徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    代償。

    おはようございます。 今日も素晴らしい朝から始まり何不自由ない生活が送れることにも感謝で、いつも贅沢な生活をできているのに当たり前と思うのが人の弱いところです。 それではいけないと思いつつもやってしまうから、私も常日頃から気を付けて行かないと当たり前に思う、そうではなく感謝の気持ちで徳を積み重ねていきたいと思います。

    さて、運が良いと悪いは交互に来るモノでどちらかに偏るのは少数派ですが、良いことが100あれば悪いことも100あると言う感じで、大抵は等価交換が多いと思います。

    それを代償と呼びますが、辞書で引くと目的を達する為に犠牲にしたり失ったりするものとありますから、大きな願いを叶えるには命を投げ出すと言うレベルまで行かないとダメなど、その代償の大きさは願う内容や起きた幸運によります。

    代償は目に見えないからいつ支払うかは不明、これが代償かと後で気付くこともありますし、その代償の大きさや痛みは運命が決めるから人間ではコントロールできません。

    その人間の運は見えない世界の徳の貯金の量で決まるとも言われ、普段から徳を積んでおくと代償を支払う代わりに徳の貯金を支払うことで災難を逃れる場合もあります。 徳の貯金は誰かを幸せにしたり何かの社会貢献をすると貯まっていきますし、寄付も大きな徳積みになりますから徳の貯金はどんどんと貯まります。

    その逆に人を苦しめたりいじめたり苦しませたりと酷いことをしたり、大きな幸せや成功を受け取ったり分不相応な贅沢をすると減っていきます。 場合によっては前世で多くの徳を積んでいることもありますし、逆に前世で悪いことばかりした負の貯金を背負い借金状態で生まれる人もいます。

    それがあるから世の中に違いが生まれて、とんとん拍子に何でもかんでもうまく行く人もいれば、何をやってもマンが悪くて苦しい状態が続く人もいる、それはある意味で公平とも言える現象が起きてきます。

    ただし、運の基本的な考え方としては大きな幸せや多大なる成功がある時は、徳の貯金と引き換えになりますから大きな幸せや多大なる成功を引き寄せたいなら、それだけ大きな徳の貯金が必要になります。

    しかし、そんな徳の貯金も無いのに無理やり自分の器以上の幸せを引き寄せてしまったなら、その幸せに対して足りない分の代償を何かで支払う、それが怖い部分でもあり努力で解決できる部分でもあります。

    代償を支払うと言う言葉があるように、身の丈以上の良いことがあったのに徳の貯金が無かった、そういう場合の代償は病気や事故など何らかの悪いことが不幸として襲い掛かったりします。

    自分だけで済めばいいけれど、それで足りない時は子どもや親など身内の病気や事故と言う不幸な形で代償を支払わせられることもあります。

    世間でよくあるのが家を建てたら旦那さんが亡くなった(病気や転勤)とか、伯父さんの遺産を貰ったら妻が交通事故に遭って下半身不随、スポーツ選手として成功したけど子どもができない、芸能人として成功したけど結婚ができない、仕事で成功したけど身内が病気ばかり、このように幸せの代償を何らかの形で支払う事態が否応なしに起こるのです。

    特に遺産を受け取ったや家を建てたや宝くじが当たったなどは大金が動くから要注意で、それだけの代償を払わないといけない可能性が高く徳も大きく消費しているので、その貯金を下ろした分だけ貯めるようにしなければなりません。

    遺産など家系に関することは先祖からの負の念の遺産も引き継ぐかもしれず、それを人は因縁と呼びますが危険を感じるならば少しでも寄付した方が良いです。

    芸能人や有名人などのストーリーを見ると大抵は身内が犠牲になっていることが多く、姉妹が難病など困ってしまっているケースがかなりあり、大きく成功している場合は身内の運を取ってしまうこともあります。

    社会で継続して成功を続けている人や企業は裏で必ず社会貢献をしていますが、分相応にと言う生き方をしていれば何も起こりませんが、今はインスタなどで他人の生活を覗き見ることができるので、いかに楽に儲けて得に生きるかの考え方が蔓延ります。

    運命の観点から見ると片方だけが得をするようなことはなく、棚からボタ餅に見えても実は見えない世界でのプラスマイナスのバランスが取れていて、自分が徳も無いのに大きな成功だけ願うのは厚かましいと言えます。

    ところが人は欲が出るもので、どれだけ得してももっともっとが出てきて、その厚かましやら強欲さの代償はどこかで必ず支払います。 その欲の代償を自分で払うとは限りませんが、家族や愛する人に払わせるケースも多く、他の誰かに代償を支払わせたツケは自分への不徳になり、今後の人生において大変なことになるであろうことは確実です。

    だからこそ本当の意味で幸せになりたいならば、目先の欲と言うか自分の欲に凝り固まらずに、まずは社会貢献など他者を大切にして施しをする側になる、そうやって徳積みを重ねて大きな幸せを受け取っても良い状態にしておくのがベストです。

    あなたは代償、払ったことがありますか?

    ∑(´□`;) ヤメテー!!

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop