徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    子ども。

    おはようございます。 今日も素晴らしい朝から一日が始まりますが、今日と言う日は二度と来ないから今日を精一杯生きることが人生の定め、今日と言う日は取り戻せないからこそ一生懸命に生きる、それも大切ではないかと思います。

    さて、今は鑑定の合間にペンジュラムの練習中ですが、その時に最初に分かり切ったことを聞いて確認する作業があります。 私は女ですとか占い師ですなどと聞きますが、素敵なお客様のお子さんの名前を出して、今のお母さんが大好き?と聞いたらYesに大きく振れて愛情の深さに安心しました。

    子どもは最後までお母さんを信じたい、大好きだからこそ信じたい、その子どもの心を傷付けてはならないし、それだけは子どもの為に守って頂ければと思います。

    子どもに取って頼れる母親はこの世に一人しかいない、その母親に裏切られたら本当に辛いから、子どもにだけは嘘を吐かないで下さいね。 子どもって正直だから笑顔が違うし、去年のお母さんは大嫌いだけど今年のお母さんは大好き、去年は冷たかったけれど今年は温かい、その違いを如実に肌でも敏感に感じています。

    お母さんの心が自分に無いことを子どもは敏感に感じていたけれど、今のお母さんは私を見ていてくれるから嬉しいが本音、子どもはお母さんの再婚がもの凄く嫌で、大好きなお母さんを取られる気がするのと、知らないおじさんと暮らすのが本当に嫌です。

    ただ、大好きなお母さんが喜ぶ顔が見たいから、知らないおじさんでも好きなふりしてうまくやっているだけで、子どもに大人の対応をさせるなんて酷い話です。

    仮に私がシングルマザーと付き合うなら、次のことくらいは自分に課して守る、結婚は子どもが成人してから→土日祝は極力会わない→電話は夜9時以降のみ→朝昼はほぼ連絡しない→子どもに極力会わない→子どもの前では知人のふり→子どもへのプレゼントは欠かさない、これができないならどんなに好きでも付き合いません。

    私はいんちき霊視と罵倒されても一応は霊視占い師、相手の気持ちが手に取るように分かるから、逆に踏み込めない部分が多々あります。 それは相手のお子さんを視た瞬間に嫌がっているのがわかるけれど、普通の男はお母さんの恋人ですよと平気な顔をします。

    鑑定の時ですら素敵なお客様のお子さんは知らない私への嫌悪感を感じるのに、付き合うとなれば細心の注意が必要で、その覚悟が大抵の男にはないからトラブルが起きるのだと思います。

    よく報道されるから珍しくもありませんが、シングルマザーが結婚して相手の男が子どもを虐待、そういうニュースを聞きたくないけれど絶対に無くならないから心が痛いです。 男は自分の子どもだけを大切にして相手の子どもは表面的、家族愛の証明でもあるから仕方がないと言う意見もあると思います。

    しかし、私は人類愛として自分の子どもも相手の子どもも可愛い、それが出来ずに何の為の男なのかなと思います。 ある男性は相手の子どもを某夢の国へ連れて行き○○をさせていますが、それも母親容認だから鑑定の時に注意したら逆切れされて、この母親は鬼かと思いましたが子どもより男の方が大事と言う母親もいるのです。

    お子さんはお母さんには幸せになって欲しいし笑顔でいてほしい、疲れた顔をしている母親に子どもは気付いています。 子どもは言わなくても分かっている、お母さんに対するアンテナはビンビン感じています。

    だから再婚することでお母さんが幸せになるなら我慢する、子どもに取って知らない男の人は怖いし、大人でも知らない男の人を信用はできないのと同じで、子どもが女の子の場合なら余計にそう感じるものです。

    そして子どもが嫌なのは母親にどうだった?や仲良くなれそう?と聞かれること、そして知らないおじさんが父親になると、どう接していいか分からないとストレスを感じている子どもの気持ちに母親は女になっているから気付けないのです。

    子どもが家でも落ち着かずにどうしていいかわからない、その感情をありのまま受け止めてあげることが大事なのに、自分が女になっていると気付けず生活を続けて行くのです。

    そんなお母さんの姿を見ていると、子どもはお母さんを取られたみたいで不安になるし、取り残されたくない気持ちもあります氏複雑です。

    再婚相手が自分より大事なのでは?と感じたり、自分のことを一番に考えてくれないかも?と感じたり、夕食も自分の好きな物より新しい父親の好きなものを作る、そんな些細な変化が子どもには大きな負担だったりします。

    子どもはお母さんが女になっているのを見ることになる、それも自分には見せたことが無い笑顔を見せるから嫌悪感を覚えてしまう、誰でも同じだと思いますが、親の女性的な部分を見ることって嫌だし辛いのです。

    再婚相手でなければ良いおじさんで見ていられるのに、それが父親になった瞬間にお母さんを取る嫌な相手になります。

    占い師をしているからこそわかるのですが、女性はいくつもの顔を持っていて当たり前ですし、子どもの前では母親の顔で、夫の前では妻の顔で、会社へ行くと社員の顔、本来は母である前に一人の女性ですから使い分けを自然にしているものです。

    ただ、大きくなれば分かることも子どもの間は理解できない、それを母親の方が理解してあげる、それができないなら恋をしてはならないのがシングルマザーなのです。

    あなたは子どもの気持ち、考えたことがありますか?

    (@゜Д゜@;)ナイ…?

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop