徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    相手の立場。

    おはようございます。素敵なお客様にお会いできるのは奇跡、色々な御縁が絡み合って一本の糸と巡り会える、その素晴らしい出会いを演出してくれた運命に感謝、今後も素晴らしい出会いが次々とあることを信じております。

    さて、私は昨年まで酷い占い師だったと気付かされましたが、今の私はできることは勿論ですが、鑑定における話し方と言うか説明も少し変えています。

    今までは励ましたり良いことを言うを基本にしておりましたが、励ませば励ますほど鑑定内容を外れたと取られることに矛盾を感じて、後で怒られるなら今本当のことを言おうに変わってきております。

    大袈裟に例えるなら、今までは子どもができる未来が無い人には諦めずに頑張りましょうでしたが、今は子どもができる未来は無いから他の道を探しましょうに変わりました。

    相手の立場を考えるのは大切なことですが、人間関係にはどうしても損得勘定が働いてしまいます。 相手の視点に立てない人は損得勘定で生きているからで、人間ですから損得勘定が働いてしまうのは当たり前ですが、それだけになると相手の立場になれず自分のことだけになります。

    この損得勘定とは自分が嫌われない為にはとか、好印象を持たれるにはどうすればとか、自分が悪く言われない為にはとか、どうすれば自分の評価が良くなるのかなど、根底にあるのは自分が有利になる為の考えです。

    だから相手の為にが自然と無くなり無意識のうちに見返りや期待を抱いたり、不安やプレッシャーを感じたり自分のことが優先となりますが、普通は相手の為だけを想う行動を取った経験は少ないです。

    損得勘定が常にあると自分が損得に動きがちで、相手と話していても嫌われないようにとなりますし雑念も入ります。 相手と話ながら自分のことを考えているのですから、相手の表情や声のトーンや雰囲気などを察することができず、そうなると相手の気持ちが分からなくなります。

    この雑念が多くなると対人関係だけでなく食事中でも寝る時でもLINEしていても、目の前のことに集中せずに頭は別のことを考えている、それなのに目の前の会話はどんどんと進んで行くから辻褄が合わなくなります。

    そして他人と深く関わろうとしたら、自分のエゴを治さないと付き合えなくなります。 長く付き合っていくなら自分の欲優先では無理、お互いの理解を深めていかないと喧嘩ばかり、そういったエゴを体験したり自覚したりすることで成長していき、他者からの視点を学んでいきます。

    表面的にしか人と関わったことがないなら、深く付き合った経験が無いから自分のエゴが抜けません。 相手の視点に立つ余裕がないから気に食わなかったら怒る、どうしても従わせたくなる、価値観が違うなら離れたらいいのに、嫌われるのが怖いから我慢して一緒に居ることを選択して辛い思いをします。

    人生は年齢と共に自分や相手と向き合う努力をしておかないと、自分の損得にしか考えられず相手の気持ちは一向に分からない、それでは人付き合いはできないままだから、相手と深く関わる経験がないと相手の立場に立って考えられません。

    私は昨年にいづなか何かわからないけれど憑依されるとか、占い師としては誠に恥ずべきことと言うか情けない状態でしたが、色々と運命から教えられたことによりウィザードや精霊さんを呼ぶができるようになりました。

    しかし、本当に大切なことはそこではありません。 真に得たものは怒りのコントロールやモノの見方が広がったことで相手の立場から視られること、それこそが本当に大切なことだと理解できていないならダメな占い師のままだし、一ミリも成長できないまま人生が終わっていたと思います。

    霊界側で生きていると人間界よりの見方は余りしない、そこに素敵なお客様方を不快にさせてしまう部分があった、それに気付かず占い師をしていたなんて情けないし恥ずかしいです。

    昨年に起きたことへの反省の弁として言い訳に取られても仕方がないけれど、霊視云々ではなく凹んでいた私の見識や能力が偏り過ぎていたと思いました。

    昨年、誤爆メールをしたことが一度あり、あれはいづなか何かに憑依されたのか、当時は分からなかったけれど今ならショックを受けた時に隙に入り込まれた、それを素直に感じ取れたり視たりできます。

    昨年、ある素敵なお客様が急に態度が変わったのもいづな(何か)が憑いた、それを見抜けなかったのも私が油断していたのと慢心していた、それに尽きると思います。

    昨年、相手のメールを勝手に他人に見せた母親の御相談の件も、今なら娘さんを守る為に必死だったから当たり前、説明も無しにいきなり変なメールが来たら親なら心配して当たり前、事情を知らないが故の親子愛だと心がほっとすると同時に温まります。

    昨年、毎日悪口を言われた件だって今なら違う視方です。 当時の私はおかしくなって冷静な判断ができず、そこへ話を盛る人が悪口を毎日と言えば100%信じる、今なら本当に?と霊視しますが当時は余裕がありません。

    最近、その当時のことを霊視したら毎日ではなく週に2回ほど、それも家族を守る為に悪口になっただけ、本当のことを伝えたらその人も分かる度量も優しさもお持ちの素敵な方です。

    昨年に起きたことに関しては私の未熟さと怠惰が全ての原因で私のせい、それにより誤解を生んで話が余計に拗れた、それを謝りたくても連絡できないから謝れない、この心の傷が私を毎日の努力へと向かわせています。

    今なら分かるけれど運命からのお仕置きは当時の私には必要だった、あれがなければウィザードも精霊さんも何もできないまま、未来を視るだけで何もできない占い師のままで終わりでした。

    あなたは相手の立場、理解していますか?

    (/□≦、)エーン!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop