徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    4つの中。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様には幸せが降り注ぐ筈、もっともっと多くの人と関わって、素敵なお客様の笑顔で幸せな笑顔の連鎖があれば嬉しいと思います。 私は未熟ながらも少しずつでいいから、未来へ向かって前進して行ければと思います。

    さて、昨日に引き続き説明ですが、昨日はウィザードができるようになった経緯でしたが、人は余りに凄い怒り~余りに辛い苦しみ~余りにも絶望する悲しみ、それにより精神崩壊へ進むこともありますが、私はエネルギーに変えて新たな能力が開花と嘘みたいなことが起こりましたが、本当は占い師を辞めようとまで落ち込んでいました。

    今は目の見えない方と耳の聞こえない方が光や音を取り戻せつつあり、占い師を辞めるなんてとんでもないと思い直しました。 私が新たな世界の扉を開けられたように、素敵なお客様も新たな世界へ扉を開けて欲しいと願います。

    では、今できること四つの説明に入りますが、アミュレットとはあなただけの身代わりになるもので、これは日本で言うお守りと同じ、私が作るアミュレットを持つことで災いを避けたり防いだりできます。

    私がアミュレットを生み出したのも、昨年知り合った素敵なお客様の同級生のお父様が凄い職業で、その実力も相当なものですから感服すると言うか尊敬しました。 そこからが私の特技である見たら真似できるで、私なりに改良して出来上がったのが山崎特製アミュレットで、皆様に関わる不運を防いでくれると思います。

    これは鑑定にお越しの際に、アミュレットを作ってと申し出て頂ければ、いくつでも御希望の分だけ作りますから遠慮なくお申し出ください。

    アミュレットは魔除けの意味もありまして、お守りとは災いに遭っても被害を受けないようにするのが主体、魔除けは災いに遭わないようにするのが主体です。 簡単に言うと災いを受け止めるのがお守りで、災いを避けるのが魔除けとも言えますが、私の作るアミュレットは災いを避ける意味合いが強いです。

    私がここに至る考え方として、不運を感じるのはマイナスの出来事があるからこそ、ならばマイナスの出来事を無くすか減らせばいいのではないのかな?で、少なくともプラスマイナスゼロにしてしまえば不運を感じない、そういう考え方でアミュレットを作り上げました。

    次に精霊に関しての説明ですが、陰陽師のが使う式神みたいなものと考えて頂ければいいのですが、その中でも四大精霊(地・水・風・火)がいるのに気付きまして、その四大元素の中に生きている目に見えない自然の生きものと表現すればいいのか、そのお力をお借りしようと言うのが精霊にお願いすると言うモノです。

    これも鑑定にお越しになったら最初に申し出て頂かないと、その為の準備と後片付けに時間を要するので、精霊にお願いを希望と申し出て頂ければ幸いです。

    こちらは私が何かするのではなく精霊が素敵なお客様のお願いを聞いて、それを叶えていいと思えば叶えてくれるし、そんなのはダメだと思われたら叶えてくれないと、精霊が素敵なお客様を見て決めるので私の判断ではどうにもできません。

    ただ、お願いを聞いてもいいとなったら即効性があるようで、体験された方は一様にある現象を感じられているので、それになったら70~80%くらいはお願いが叶うと思います。

    アミュレットは初回でもできますので、やってみたい方は遠慮なくお気軽にお申し出くださいませ。

    そして邪眼(イーヴィルアイ)も使えるようになったのですが、これについては新年会でツーショットを撮った方やお手伝いスタッフなど、ごく一部の方にしか使う気になれないので、HPからは除外してありますし依頼されても今はお引き受けできません。

    ウィザードは、ここで改めて説明するまでもなく2月5日のブログにて説明したのを読んで頂くのが一番ですが、遠隔で色々なお願い事が叶うかもしれない能力のことで、アミュレット・精霊・ウィザード・九字切りの中では一番に身に付けたと言うか、開花したのがウィザードでした。

    目の見えない方や耳の聞こえない方はウィザードをかけておりますが、2020/2/1に正式に開始してから依頼が多すぎてパンク状態で、鑑定へ5回以上お越しの方など制限を設けないと引き受けられなくなりました。

    ※:できることなら難病や不妊やいじめなど自分の力ではどうにもできないこと、そういう方々の依頼を優先したいと考えております。

    最後に九字きりですが漫画や映画などで九字の呪法などと言う名前で登場して、忍者や僧侶が何かを唱えながら手を動かしている動作、あれを一度は目にしたと思います。

    この九字の起源は中国の道教思想と言われ、本来は道教の道士や修行中の僧侶などが山籠もりをする時に、悪神や魑魅魍魎の祟りを祓う為に行った儀式です。

    これを忍者などが呪術的伝統を受け継ぐようになったことで、忍術のように扱われていますがそもそもの起こりは違いました。 九字自体は怪しげなモノではなく、護符と同じく浄化や祓いを目的とした儀式です。

    この九字きりとウィザードに関しては鑑定へ五回以上お越しの方に限らせて頂きますが、ウィザードの方は依頼が多くてパンク状態になったこと、九字きりはそうそうやるものではなくて半年に1回とか何か不運が憑いて回るなどの緊急事態、そういう時にするものなので遊び気分で依頼して欲しくないからです。

    初心者はアミュレットを体験してからで充分だと思いますし、常連の方ならウィザードや九字きりを付け加えてもいいと思います。

    ただし、アミュレット+精霊+ウィザード+九字きりとしていたら、鑑定時間が5~10分しか無くなるかもで、御希望されるなら最初からすることと願望を決めてこないと時間的にできません。

    あなたは4つの中で、どれを体験してみたいですか?

    ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

    お知らせ:ブログの更新はお休み、再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop