徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ウィザード。

    おはようございます。 素敵なお客様にお会いできることが極上の幸せ、昔なら想像もしていなかったことが今は現実化する、それも自分の欲ではなく相手の幸せを願えるなんて嘘みたいで今は本当に幸せです。

    さて、今日はTwitter上で色々と実験中のことを報告している魔法使いの部分、それについての説明をしようと思いますが、これは占いではない領域なのでやりたくない時は絶対にしない(依頼を断る)と決めております。

    自分でも信じられませんが一年前には想像もしていなかったことが現実化する、そういう運命の転機みたいなことが人生には多々あります。

    昨年11/17にある素敵なお客様から叱責されたことと、11/26に手紙が2通届いておりまして、それを読むと自分の至らないところや未熟なところが分かり、それをきっかけに勉強し始めたことがあります。 (←Twitterに出ている悩み改善です)

    そして1か月ほど勉強した12月23日辺りから実践に入りまして、まずはお手伝いスタッフや常連の皆様方に試してみました。 それは軽微な悩みごとの解消をしてみることで、肩こりや目の疲れや腰痛や体のだるさや疲れと言った、軽微な悩みごとを如何に解消できるかでした。

    ただし、これは日本全国どこにいても関係なくて、私が岡山に居て山口や兵庫や東京の人の悩みごとを解消する、そういうこともできますから占いとは全く違う世界です。

    元々はある素敵なお客様がおっしゃって下さった、「それって先生だから効果があるんじゃないですか?」との一言で、それをヒントにしてもしかしたらできるかも?と、練習と勉強の繰り返しで何十回とやっては失敗の繰り返しでした。

    正直、三週間ほど毎日やっても全く成果が出ないから、途中で諦めようと何十回思ったことか、それでもあきらめずにしつこくやり続けたからこそ今があります。

    それがようやく形になってきたのでお手伝いスタッフにLINEグループにて、これこれこういうことをするのでと説明して実験開始となりました。

    すると嘘みたいなことに肩こりや目の疲れに効き目があったから、今度は常連の方に試してみました。 すると、それも効き目があったので2020年からは本格的にやろうと思い立ち今に至るです。

    今は少しだけ次の段階へ進みまして目の見えない人に少し光が戻ってきたり、耳の聞こえない人が聞こえるようになったり、ほんの些細なことしかできておりませんが、今後も甘んじることなく修行を続けて行きたいと思います。

    皆様が接触することなくどこにいてもできる、これは名前は何ですかと聞かれても答えようがありません。 そこで、ふと思い付いたのがウィザード、魔法使いや魔術師と言う意味になります。 魔法使いの中でも特に賢明で思慮深くて、魔法を正義や善なることに使う者がウィザードです。

    魔法使いとは魔術や妖術などを使う人たちの総称で、一般的にはWizardが魔術師で、Witchが魔女になりますが、実はWitchは性別を分けないので男女ともに言うようです。

    ちなみに魔法も魔術もあまり変わりがないようですが、魔術師とは魔力を用いて人為的に神秘・奇跡を再現する術を使える人とも言えます。

    魔術の怖いところは万能ではなく基本的に等価交換で成り立つこと、何も無しに願いが叶う訳ではなく、あくまでも有から有を持ってくるので無から有を作るものではありません。

    元々あったモノを動かして横へやると、元あった場所にはないけれど別な場所にはある、出来る事を起こすのであり出来ない事は起こせないが基本です。

    自然を使う魔術も自然に満ちる大きな魔力があってこそで、個人の魔力ではできることに限界もあります。 他者の精神に干渉する魔術は物質的代償を必要としないが、術者の精神を別の方向へと引っ張ってしまうので昔から人を呪わば穴二つと言います。

    魔法使いの説明はこのくらいにして、今の私がやっていることをウィザードと名付けたのは自分に対する戒めもありまして、包丁は料理に使えば素晴らしい道具ですが人に対して振り回せば凶器、これはウィザードにも当てはまると思います。

    日本全国どこに居ようと距離も時間も関係なく色々とできる、これは絶対に悪用してはならない力で、自分を厳しく律することができる状態でないと使ってはならないと思います。

    このウィザードと名付けた真意は正式な意味が正義の魔法使い、正しい行いをする不思議な力を持った男性のこと、このウィザードを会得したのも当初の目的は悩み改善ではありませんでした。

    昨年末頃にお手伝いスタッフから「どうしてこんなことができるように?」と問われて、今までの辛い想いが一気に溢れだして泣いてしまい、詳細は省きますがお手伝いスタッフから「それだけはやってはならない!」と止められました。

    止めてくれたお手伝いスタッフやH社長に感謝で、それがあるから凶器にならずに済んでいます。

    もしも、私が魔に捉われて道を外れるようなら遠慮なく止めて欲しいし、鑑定に来る度に「悪いことに使ってはいけません!」と諫めてくれるだけで、心が引き戻されるので平にお願い申し上げます。 m(__)m

    これを信じる信じないはどちらでも良くて、信じる人には軽微な悩みごとを改善していきたいです。

    既に体験された方は効き目を実感しておられると思いますが、占い師のすることではないのであえてお勧めはしませんし、絶対に効く(100%の効果)とは言えないので過度な期待をするならやらない方が良いと思います。

    それに今できることのうちでウィザードに関しては依頼が多すぎてパンク状態、今は依頼の制限をしなくてはならない状態で、公平を期する為にも鑑定に5回以上来た方から依頼を受けるようにしています。

    明日のブログにて、もう少し今のできることを説明したいと思います。

    あなたはウィザード、体験してみたいですか?

    Σ(|||▽||| )

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop