徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    呪い。

    おはようございます。 今日も活き活きして朝から元気で健康、それは素晴らしい奇跡ですが、人は失ってから大切なものが分かるのも事実です。 それなのについやってしまうミス、それがどうしてなのかが誰にもわかりませんが運命の流れなのかもしれません。

    このミスが起きることについて最近勉強させられましたが、私自身にミスが起きるとはありえないと図に乗っていたこともあります。 でも、10月に入ってから私が暗示があったのに無視していたら大変な目に遭いました。

    月曜日の深夜にトイレに起きた時、鈴の音がチリンチリンと鳴って、それはどんどんと大きくなっていき、シャンシャンと鳴り始めてやばいと思い真言を唱えたら収まりました。 次に火曜日の早朝に右足を叩かれて目が覚めましたが、これも占い的意味としては誰かが敵意を向けている暗示です。

    そして水曜日のお昼休みにスマホのトイストーリードロップをしていて、途中でふと眠たくなったので椅子にもたれ掛かりスマホを抱えたまま目を閉じました。 そして記憶が飛んでしまって気が付いたらメールを送信していたようで、あれっ?と思いつつも送信したメールを見たら、もの凄い罵詈雑言を書き連ねたメールを相手に送信していました。

    慌てて謝罪のメールをしましたが当然ですが相手の方は怒ってまして、凄く性格の良い方なので説明したらわかってくれる筈と思いました。 しかし、今日現在も許されてないので縁が切れたのも自分のせいだから仕方がないと思いつつも、どういう事なのかと本当に悔やんでおりました。

    その謎が解けずに悩んでいたところ、ある男性の素敵なお客様と話していたらヒントが出現して、そのヒントにより念と言うか呪いのパワーと言うのがあると現実に思いました。 今まで呪いに関することを知識としては持っていたけれど、そういうことの御相談がほとんどないので忘れていました。

    しかし、こういう暗示があるのは学びなさいとか、これをやらなければならないと言う暗示ですから、それを無視したら余計に酷くなりますから放置です。

    結局、私の記憶が飛んだこと、その記憶が飛んでいる間に誤爆メールが相手に送られたこと、これって誰かからの念や呪いを受けたと言うことです。 今までの私は呪いや念は通用しないと自信過剰、最近は浄化も何もしなかったりしてストレスが溜まったりもありました。

    誰しも同じですが自分を憎む相手によって自分が呪われてしまったら、果たしてどうなるかと心配かと思いますが、呪いを掛けられたら~念を送られたらどのような現象や症状が起きるのかを説明します。

    呪いとは何かと言えばとどのつまりは相手の強い憎しみや怒りや嫉妬心、そういう負のエネルギーが念の塊となって、あなたの元へ届いたら色々な形で災難となってふりかかります。

    呪いの中には念を込めた人形を相手の身代わりとして傷つけ、相手に苦痛を与える方法がが存在します。 よく知られているのが呪いの藁人形や丑の刻参り、海外ですけれどブードゥー人形などが有名です。

    この呪いをかけられたら呪われた人は体調が悪くなり、やがて病気になってと呪いが強力な場合は死に至ることもあります。 何もしていないのに息苦しい、今まで健康だったのに急に不調を訴える、こういう場合だと注意が必要かもしれません。

    藁人形などを使って腕や足など体の一部分が呪いにかけられる場合もあり、急に腕がしびれる、足が重い、胸が痛いなどの症状が表れたら呪われていることがあるかもしれません。

    映画のインディ・ジョーンズにて人形を刺したらインディが痛がる、そういうシーンがありましたがまさにそれです。

    誰かの念(恨みなど)が飛んできた時は次のような症状で、頭痛や肩こりや腰痛など石が乗っいるように重い、それらが慢性的な痛みになって悩まされる、我慢できない頭痛が変則的に起こる、虫歯になっていないのに歯が痛む、不眠症になりめまいや立ちくらみが度々起こる、体力が極端に落ちるです。

    これらは疲労や風邪に思いがちですが、念や呪いによって起こる症状はいつまでたっても改善しない、病院で診察しても原因がわからない、通常なら効果のある治療法が全く効かない、このように通常の体調不良や病気とは違った特徴があります。

    呪われた人は精神にもダメージがあり、代表的な症状として挙げられるのが、何をしてもやる気が起きない、常にマイナス思考になり、神経が過敏、小さなことでも不安になるとかうつ病のようになります。

    他にも常にイライラ、攻撃的、暴力をふるう、感情のコントロールができない、精神が不安定、こうした呪いによる変化のせいで周りから孤立、それで精神が病んでしまう人もいるのです。

    最近、なんだか私は変と感じるなら呪いにかかっているせいかもで、呪いは悪夢で現れることもあります。 寝ている時に人は体だけでなく魂も無防備になり、憎しみなどの負の念を最も受けやすい状態になります。

    毎晩のように怖い夢を見る人は注意が必要で、呪いを掛けられると運気が下がります。

    恋人から別れを告げられる、縁談が破談、家族間で諍いが多くなった、離婚によって家庭が破綻、今までしなかったミスを連発、希望しない部署に飛ばされた、このように呪いで身の回りに起こる変化は自分自身に直接ふりかかります。

    最後に呪われているのか?のチェックで、よく金縛りにあう→背中や肩に重さを感じる→体調不良になりやすい→何かをやろうとすると邪魔が入る→途中まで上手くいっているのに最後で失敗→マイナス思考になりやすい→イライラしやすい→人間関係がうまくいかない→不吉な夢を見ることが多い→誰かの視線を感じる、この10個のうち半分当てはまるようだとやばいかもしれません。

    あなたは呪い、信じますか?

    ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週になってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop