徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    常識。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様方のおかげで幸せな一日になることは確定済み、もっと多くの人の助けになれるように精進して参りたいと思います。 その為にも自分の知識と教養を磨くとか、常識などを身に付けていかなければと思います。

    何故、常識を身に付けなければ?が入るのかと言えば、常識を分かっていないと非常識が分からなくなる、歩きスマホを常識だと思っていると周りに迷惑をかけているのが分からなくなる、そうなると自分では正しいと思っているから直せない、そして人への迷惑を続けることになります。

    こうなりたくないから自分とは正しいのか、自分が常識的に動けているのか、そうやってどうにかこうにか占い師を細々と続けていられるだけ、占い師は素敵なお客様方のおかげでやれるだけなので、私の実力など何も無いに等しいです。

    ただ、県北に比べると少しは常識が身に付いてきたのではないかと思いますが、それでもまだまだ多くの人に迷惑をかけているから今後も精進して参ります。

    さて、皆様は会社でもどこもで相手のことを非常識だなぁと思うことがある筈ですが、それとは逆に常識だよと言われて恥をかいたりもある筈です。 ネットの情報を鵜呑みにしているタイプに多いのですが、常識とは正解で非常識とは間違いがイメージされて、こんなの○○じゃないとか決め付けると危険なのも含めて解説していきたいと思います。

    今は日本だけではなく海外からの移住者も多いし、ネットなどで情報があふれているからどれが正解かは難しいです。

    しかし、常識かどうかは地域や集団が決めるのが現実で、そこでの常識との付き合い方を身に着けて自分を防御する、もしくは最初から幸せを感じられる場所に身を置くのが正解です。

    常識とは、あくまでも地域や集団によるもので多数決が決めます。 少数派が間違っているとされるものが常識で、あなたが所属している会社やサークルにおいて共通で認識されている、それこそが常識とされるものです。

    例えば、今までは会社へ男性はネクタイにスーツで出社が常識でした。 しかし、今ではポロシャツにGパンで出社もOKの会社が出てきています。 スーツが常識の会社にポロシャツで出社したら非常識と言われますが、逆にポロシャツなど私服で出社が常識の会社へスーツにネクタイで行ったら非常識と思われます。

    このように常識と非常識の成り立ちと言うか現実を理解している人は少ない筈で、こんなの常識だよと言う前に集団や一部の中での常識ではないのかと、思い返してみると平気でやれたことがおかしかったりに気付けます。

    県北ではマヨネーズを使った後に絞り出し口に残ったマヨネーズを舐めて蓋を閉めますが、私はこれが嫌で嫌で耐えられませんでしたが地域の人は平気ですから、県北へお嫁に行ったら調味料の注ぎ口を舐めるに慣れないといけません。 (苦笑)

    このように常識かどうかを判断するのは自分ではない、そして知識や教養でもない、あなたが存在している社会(家庭、会社、学校、サークルなど)で、多数派がしていることが常識になる、これこそが常識か非常識かの判断の決め手で知識や教養は一切関係ありません。

    最近の不登校問題でも同じで、学校に行くより家で自分が好きなことを学んだら成績が上がった、そういう人だっているので学校が絶対ではありません。 ところが世間では学校へ行っている人が大半だから行かない方が変、そうなるとあそこの親と子どもは非常識となります。

    ただし、小学校へ怠惰で行かないのは家庭の躾の問題、勉強できるのは贅沢だと教えていない、もしくは感謝の気持ちが無いから平気で休めたりするのも事実、行かないのが悪いわけではないけれど良いわけでもないことを親は教えるべきです。

    ここまでの解説で分かるように常識とは集団における多数決、そんな常識との距離感と言うか、どう判断するかは心が痛むかどうかで決めると良いかもしれません。

    人の物を盗る、人を殴る蹴る、窓ガラスを割る、人を罵倒する、こういう行為をして心が楽しいかどうか、前述したマヨネーズの口を舐める行為も人前でやれるのかどうか、心が痛んでやれないなら常識ではないと言うことです。

    そうなるとセミナーや自己啓発や宗教が諸手を挙げて待ち構えておりますが、「満員電車に乗って働きたくもない仕事を続けて幸せですか?」など、あなたは幸せじゃないと言う思考を植え付けようとします。

    日本では仕事が辛くても我慢して働いている、あの人も頑張るから自分も頑張る、こういう考え方がありました。 それが怪しい人たちからするとカモネギで、「なんで辛い仕事を我慢しながらしているの?」と、あなたは非常識の中で我慢しなくていいと心を揺さぶってきます。

    でも、よく考えたら分かるように自分が働くことは誰かを助ける為、電気水道ガスなどは誰かが縁の下の力持ちでやってくれているからこそです。 自分が社会の恩恵を受けるだけで社会へ何も恩恵を返さない、それで心が痛まないならそれはそれでいいけれど、そんな人が日本人の働き過ぎを馬鹿にすることはできません。

    幸せな環境に身を置こう~成功するにはリスクを取れなど、カッコいい言葉に酔う人が地獄を見ますが、働きもせずに好きなことだけやって10年後にどうなっているか、余程の夢見る人か、世間知らずでない限り地獄行きの片道切符だと分かります。

    自由とは責任が付く、それを教えずに楽しく生きろ、やりたいことをやれ、常識を破壊しろ、こんな言葉を無責任に履いている人も真に受ける人も、10年後に幸せなのかなと思います。

    あなたは常識、どう考えますか?

    ・・・(-_-)ジィー

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop