徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    ファン。

    おはようございます。 毎日がワクワクする奇跡から始まっている、それは何故かと言えば日頃の行いがモノを言うで、素敵なお客様方は毎日が誰かの役に立つ人生だから素晴らしい、私も常に学ばせて頂いております。

    しかし、世の中には人の幸せが自分の不幸の原因と思い込んで攻撃、そういう不幸の塊みたいな人がいて、相手の言うことが自分と違う答えならおかしい奴なので攻撃して考えを正す、そういう訳の分からない人がいるから困りものです。

    一つ例を出すとプロレス、このジャンルはマニアがいて成り立つけれど、そのマニアのおかげでジャンルが成長しないと言うジレンマに陥り、新日本プロレスは倒産寸前まで行きました。 (アントニオ猪木の放漫経営も要因)

    しかし、その新日本プロレスが一時の人気低迷から脱却して、今ではカップルのデートコースにプロレスへ行こう、そう言われる程に知られて人気も回復傾向です。

    どうして復活できたのかと言えばブシロードの木谷高明会長のおかげ、2012年に新日本プロレスを買収して世界一のプロレスカンパニーを目指すと宣言した木谷氏にプロレスファンは足を向けて寝られません。

    木谷会長の話を聞くと、「子会社化する前の新日本プロレスの売り上げは11億4000万円。 それが今期は25億円まではいくでしょう。 この2年間でお客さんも倍になりました。 1月4日の東京ドームは去年の倍以上のスピードでチケットが売れていますから。 実はね、流行らせるために流行ってる感を出したんですよ。」との話でした。

    木谷会長曰く、「人が物を欲しくなる条件、近い将来もっと盛り上がっているだろうと思ったら人はそれを買うんです。 欲しくならない状態はその逆。 これまでのプロレスは流行っていなかったから人気が低迷していった。」で、ここからTVや雑誌で広告を出しまくったそうです。

    木谷会長の話を要約すると、コアなユーザーがライトなユーザーを拒絶→プロレスが衰退、これこそ全てのジャンルはマニアが潰すで、排他的なコアユーザーが固定客としているけれど新規が来ないになります。

    趣味の世界は何であろうとジャンルを支えるのはマニア、これは絶対的な事実で大いに感謝はするべきです。 現実としてお金や労力を費やしてくれるのはマニア、それにより現状維持が出来ているけれどビジネスに関しては違い、中でもエンターテイメントビジネスならば現状維持は衰退を意味します。

    それは残念ながら趣味とは生活に必ず必要な訳ではなく、お客様の入れ替わりが発生するから続かない、お客様の側にも娯楽にお金をかけられなくなる事情が出てくるケースもあります。

    失業や結婚や出産など家庭や人生の事情もあるし、極端に言うなら別の趣味に心変わりしてしまうなど、新規で入ってくる人と離れてしまう人が常に行われていて、出て行く人よりも入ってくる人が多いとファンが増えていくとなります。

    ここで現状維持を続けるとどうなるか、それは間違いなく離れていく人が多くなるので、人が集まる部分を大きくする為には努力をして、そこで初めて現状維持になります。 エンターテイメントビジネス、俗に言う趣味の世界はどうしても新規を獲得し続ける、それを意識し続けなければ先細りでどうにもなりません。

    ここで困ってくるのがマニアと新規の摩擦、マニアは新規を必ず馬鹿にして排除しようとする、俺こそ一番詳しい~俺の方が昔から知っている、こういうマニアは頭の中の構造が自分以外はだめだから排除するとなります。

    これが今いるファン=古参のファンによって新規のファンが増えるのを妨害している、これに古参のファンはプライドが高くて気付けないのです。

    強烈なファン連合ができてしまうと新参者は入れない、その連合が少人数で固められたら無理、趣味の世界とはファンの数を増やさないと勝負できない世界なのに減らしてしまうのです。

    以上が木谷社長の言っていることをかみ砕いた内容になりますが、この話を読んで思ったのは趣味の世界に浸る人は狂信的、特にマニアレベルで詳しくなると間違いなく人を馬鹿にします。

    そして新規のファンが古参のファンよりも選手やアイドルと親しい、もしくは自分はお金を使って繋がっているのに、あいつはタダで知人友人なのは許せないと攻撃しますから、趣味に没頭は良いことに見えて実は人を攻撃する狂信的な世界とも言えます。

    私もツイッターで経験しましたが、サッカー・Boxing・F1は、あれだけ新規を排除するならジャンル自体が無くなるのも仕方が無い、それに比べて野球は新規ファンが参入しやすいから盛り上がるのも必然です。

    昔から知っているとか俺の方が詳しいと言う気持ちも分かりますが、ジャンルのパイを広げるには新規参入が不可避、古参が新規を邪魔していたら興味を持たれなくなっても仕方がないのです。

    今までの流れを見てきて思うのはサッカーファンとは粗暴で嫉妬心が強く、ネット上で掲示板などあらゆる場所へ悪口を書き込みまくる、そして絶対に許さない粘着質です。

    ボクシングファンは自分こそ一番解説がうまいと思い、自分の好きな選手について意見が違えば攻撃、しつこさはサッカーファンに次いで二番目です。

    F1ファンは言葉使いはまあまあ丁寧ですが皮肉や嫌味を入れるのが得意、上から目線で自分の意見に従わないのは許さないとなりますが、しつこくはありません。

    番外編としてF1のホンダファンは攻撃的で粘着質、オーストラリアGPで13年ぶりにホンダが優勝しましたが、これは天才フェルスタッペンのおかげとツイートしたら総攻撃を食らいました。

    レッドブルから4台の同じF1マシンで出走、そのうち3台が周回遅れで1台が優勝なのはドライバーの腕の差だと子どもでも分かりますが、それも理解できずホンダが世界一と叫びます。

    あなたはファン、どう思いますか?

    ???r(・x・。)アレ???

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop