徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    葬式。

    おはようございます。 人は生きているのが当たり前ではなくて、もっと感謝していないといつどうなるかわからない、何が起こるか分からない世の中で必ず生きているなんてありえないので日頃からの感謝が大切です。

    お亡くなりになった時のお別れと言えばお葬式、けれど葬式って何をするのかが余り知られていない、そんなに何度も体験することでもないから知らなくても当たり前ですが、歳を重ねるごとに出る機会も増えてくるのが葬式です。

    なお、告別式は昔の野辺送りの名残で、昔は葬儀の後に墓地のある寺や火葬場まで列を組んで遺体を送りました。 これを野辺送りと言いましたが今は代わりに行われるのが告別式で、元々は葬儀後に行われるのが告別式でした。

    ちなみに葬儀と告別式の違いですが、葬儀とは死者をあの世へと送り出す宗教的な儀式を言い故人の霊魂の為に行う時間で、お葬式の流れで言えば読経を行っている時間で遺族やごく親しい人が中心になって行います。

    次に告別式は故人の友人や知人が参加する社会的な儀式で、参列者は遺族に慰めの言葉を寄せて故人に最後の別れを告げます。 現代では参列者を長く待たせるのは失礼になるし、火葬の時刻が決まっている為に同時進行させることも多くなりました。

    本来なら遺族が故人への想いに集中すべき時間=葬儀と、参列者への感謝=告別式とは別物です。

    日本の古来の葬儀儀礼に殯(もがり)もありますが、家族が死ぬと一定期間は生前と同様に食事を出すなどの世話をする習慣で、通夜は殯の遺習からとも言われています。 確かに現代でも身近な者の死は受け入れがたいし、心のどこかで生きていると思いたい遺族の心情を大切にします。

    今は死の当日を仮通夜と称して家族だけで執り行い、、葬儀や告別式の前日を本通夜とするケースもあります。

    また、東京などの都市部では通夜の弔問客が告別式の参列者より多くなる傾向が強く、それならばと告別式並に営まれることも増えましたが、そのせいか昔の通夜の飾り付けは棺の前に枕飾りを置く程度で簡素でしたが、最近は告別式みたいに祭壇を飾ることが一般的になりました。

    僧侶の読経と弔問客の焼香が行われたら弔問客に対して通夜ぶるまいがあり、この通夜ぶるまいはご足労頂いてありがとうございますと、お世話になった方々への感謝と故人への供養を兼ねて行われます。 東京ではお料理やお酒をふるまいますが、大阪では茶菓子だけで済ませるなど地域により特色があり、ふるまいの形は行う地域により色々です。

    ただし、形としてはお通夜が夜間に行われる告別式のようになっているとしても、そこには遺族や身近な人間に取って神聖なる時間、お通夜は故人と過ごす最後の大切な時間であることを忘れないで下さい。

    また、遺族は看護で肉体的に疲れている場合もありますし、お亡くなりになったことによる精神的な動揺もあり、それらをちゃんと考えた上での行動をしないと、余計に相手を悲しませたり気遣わせたりします。

    そして会葬とはお葬式に列席することで、厳密に言うと弔問や参列とは異なりますが、今はそんなにうるさくは言わないと思います。

    さて、突然の訃報が届いた場合は会社帰りに弔問することもあるでしょうし、休日に出かける準備をする場合もあるでしょうから様々ですが、通夜の弔問に駆けつけるのは平服でも構いませんとの認識でいいと思います。

    ただし、男性の場合はネクタイと靴下くらいは黒地にした方がいいかも知れませんが、きちんとし過ぎは事前に準備の意味でもあるから痛し痒しです。

    葬儀や告別式に参列するなら基本的には喪服を着用ですが、男性なら黒服に黒のネクタイに黒の靴でワイシャツは白無地が定番、ネクタイピンはつけないけれどカフスボタンは良いらしいです。

    女性は黒か地味な色のスーツかワンピースと靴、ストッキングも黒か肌色でアクセサリーは光らないものがマナー、パールのアクセサリーはつけてもいいようです。 20~30代では余り葬式へ行くことは無いと思いますが、礼服や数珠などは用意しておかないといけない物でもあります。

    そう言っている本人である私は礼服を持っていないし数珠も無いので、いざと言う時はかなり慌てることになると思います。

    焼香の回数は宗教や宗派によって1~3回と違いがあるので前の人に見習う、そして順番がきたら親族や僧侶や正面に向かって一礼してゆっくりと丁寧に焼香、数珠は左手にかけて右手の親指や人差し指&中指で抹香をつまむ、そして合掌したら霊前に向かって深く一礼した後は親族や僧侶に再び黙礼して終了です。

    線香で焼香するなら1本ずつ立てるようにして必ず手で払って火を消す、息を吹きかけるのはマナー違反です。

    葬儀は人生を締めくくる儀式ですから出席するようにしたいけれど、無理なら弔電を打って後日お悔やみ状に香典を添えて現金書留で送る、電話でのお悔やみは忙しい時に迷惑になります。 (後にて弔問するなら49日前までに行きます。)

    あなたは葬式のやり方、ご存知でしたか?

    ( ´△`)アァ-

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新はお休みします。 再開は来週の予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop