徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    お金の貯め方。

    おはようございます。 素敵なお客様には今日も良いことがある、素晴らしい日常の始まりですからワクワクドキドキ、そう考えて前向きに行くと幸せがどんどんと増える、目が見えて手足が動いてとなるだけで本当は幸せ、全てにおいて感謝とは必要です。

    先程書いたように生きて行く上で一番大事なのは健康、怪我や病気も無く普通でいられるのは幸せです。 次に大切なのは知人友人と言う人間関係、誰かがいると言う安心感は本当に必要です。 そして三番目に必要なのがお金、お金のことを忌み嫌う人が言うのはお金が全てじゃないですが、全てにお金が必要なのも事実です。

    お金で苦労している人に共通するのがお金遣いが荒いこと、ですからお金で苦労しない為にも必要なのは出血を止めること、お金を使う=血液を失うと同じくらいに考えて貯める気合いと根性が大切です。

    車を買ったらお金が無い、海外旅行に行ったらお金が無い、家を建てたらお金が無い、ギャンブルで負けたらお金が無い、これらは当たり前の話で使ったらお金が無いを解決できる占い師さんはいません。

    あるお金持ちの人いわく、「皆、お金持ちだなぁ、スタバへ行くなんて~。」との話でしたが、その人が言うにはスタバのコーヒーは500円近くする、そしてコーヒーだけでは済まない、平均すると500円以上使っている、それを毎日したら凄い金額になる、この人は収入が無い訳でもなくせこい訳でもなく、寄付をしている年収2千万円の人です。

    つまり、垂れ流すように罪悪感も無くお金を使っている、その考え方に問題があります。

    月収50万円あったら生活が楽になると言うのは嘘、楽になる人もいるし楽にならない人もいる、生活が楽かどうかは使い方の問題なのに月収へすり替えています。

    まず、お金が貯まらない人の思考法を変えなければならないのですが、お金の貯まらない人の思考法は月収のうちで余った分を貯蓄へ回すで、収入から支出を引いたものが貯蓄の考え方だと一生お金は貯まりません。

    これを一般的だと思うなら危険ですが、入ってきた収入から出て行く支出を引いた残りが貯蓄になるので、これで貯蓄を増やすには収入を増やすか支出を減らすしかないありません。

    そこで収入を増やせばいいのかとなった時に、昨今では副業や兼業などで収入を増やす方向が主体とは思いますが、必ずしも正解とは言いにくいかもしれません。 政治学者シリル・ノースコート・パーキンソンの発見したパーキンソンの法則、これは簡単に説明すると収入が増えても支出は収入の額に達するまで膨張するとの考え方です。

    例を出すと、給料が増えたら高級マンションに引っ越す~車も外車に変えるなど、お金の使い方が荒くなるのも事実でして、自分が今より収入が上がっても生活は同じで貯蓄を増やす人は少ないと思います。

    なおかつ、生活水準を上げたなら余計に下げるのは難しい、それを維持する為に人は副業をしたり借金をしたりですが、例を見て考えるのは支出は収入と共に増えていく傾向がある、その事実を自分に当てはまることです。

    ここでお金が貯まる人の結論を言うと、お金を使った残りを貯金するのではなく、最初に貯蓄した残りで生活していく、貯蓄してから支出することを考えるようにしないといつまで経っても貯まりません。

    現在の収入がいくらであろうともまずは貯蓄する、何が何でも貯蓄してから使うことを考える、現在の収入から貯蓄を作れるかどうかを考えるならば、評論家的に言うなら「固定費40%、変動費40%、貯蓄20%」となります。

    つまり、収入の2割は貯金すると考えて死守する、独身や既婚や子供など不確定要素があるにせよ、収入の20%は貯金できる筈なのです。 (←貯める人は50%まで上げます)

    ダイエットでよくある方法の一つに毎日体重計に乗るがあり、大抵はこの話が出て来る筈です。 貯蓄も同じようなものですが、支出を全て書き出していくと恐ろしくなる筈で、毎日毎日こんなにお金を使っているのかと、怖くなることと思います。

    そして支出を確認できたら次にするのは大きな支出を考える、ようはでかい支出を抑えて貯める速度を上げるです。 水道代を節約する、電気代を節約する、スマホ代を節約する、こうやって少しの無駄を削るのは決して悪くありません。

    しかし、3万円のバッグを買うのをやめる、7千円の服を2枚=1万4千円をやめる、温泉旅行や海外旅行へ行くのをやめる、これらの方が遥かに貯金できるのに小さな支出を目を皿のようにしてやめても、それで大きく貯金できることはありません。

    そして肝心なのが借金をしないことで、これは住宅ローンも車のローンも生活費が足りない場合もそうです。

    借金するくらいならやめる、そうしないとダメなのですが、借金は麻薬のようなもので一度借りて返せたら平気になる、その恐ろしさを感じ取れなくなった気持ち(考え・感情)は危険です。

    月々の生活費にしても前述した固定費と変動費、その固定費とは家賃やローン返済~光熱費~通信費などの毎月必ず必要なお金、変動費とは食費や日用品~交際費~被服費~娯楽費など毎月変動する支出です。

    これを見て固定でも変動でもデカいのは全てやめる、スマホにお金が掛かるならスマホをやめる、正直言ってスマホが無いと仕事も何もできないなんてことは無く、普通の会社員なら困ることはありません。

    この貯蓄を無意識で続けられる考えになること、そうなれば貯蓄を無意識で行うから貯蓄を先にやる癖がつく筈です。

    あなたはお金の貯め方、出来ていますか?

    (*'-')b OK!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop