徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    2025問題。

    おはようございます。 素敵なお客様のおかげで無事な日々を過ごせておりますが、これも一重に素敵なお客様方のおかげです。 何も無いどん底から助け出してくれたのは素敵なお客様方のおかげ、恩返しをしなければと日夜努力を忘れられません。

    さて、そんな素敵なお客様方の未来を脅かすのではと言われるのが2025年問題、この頃には団塊の世代と呼ばれる世代が75歳以上の後期高齢者になります。 3人に1人が65歳以上の高齢者で、医療や社会保障の危機を迎えるのが2025年問題です。

    2025年には第一次ベビーブームの1947〜50年に生まれた団塊の世代、ここは最も人口の多い世代が75歳以上になります。 65〜74歳の前期高齢者を含めると高齢者の人口は約3677万人で、総人口の約30%が高齢者と世界でも類を見ない超高齢社会になります。

    75歳以上の高齢者は複数の疾病を同時に発症するリスクも増え、高齢者医療や社会福祉などの費用が嵩むので社会保障の財源を圧迫して、破綻が懸念されることを2025年問題と言います。

    特に医療や介護に掛かる費用は深刻な状況を迎えると予測され、要介護認定される割合は2015年でも75歳以上の32.7%と言われ約3人に1人が要介護です。

    GDPの増加により支える計画のようですが順調に経済成長した場合であり、2020年の東京オリンピックまでは順調な経済成長も予測できても、それ以後も同じとは考えられないから余計に先行き不透明です。

    将来は圧迫が予想される社会保障費について財源を確保するだけでなく、社会保障費自体を現状維持か、もしくは緩やかな増加に抑える動きも始まっていますが若い人たちが割を食うかも知れません。

    社会保障制度の中でも医療や介護について、超高齢化の影響が最も大きいと予測されていますが、75歳以上の高齢者が疾病リスクの高くなる点、3割以上が要介護状態になる点などは深刻な影響をもたらすと考えられます。

    医療費は2025年には57.8兆円になると予測され、2015年と比較すると実に67.7%も増加するとの予測もあるし、1人当たりに掛かる費用も増加率が26.5%など、後期高齢者が増加することによる負担しか見えなくなっています。

    この医療費が増えるとは公費や保険料の負担も増加することですから、徐々に増えていくとは言え2025年には公費で45.7%、保険料で33.6%負担が増加するので、若い人たちへの負担は増加する一方です。

    介護費も同じで2025年の予測値15.3兆円は2018年の10.7兆円に比べて、45%も増加すると予測されていますし、年金が2025年までに3兆円程度の増加見込みなのに医療や介護費は13兆円も増加する見通しで、この数字は医療や介護の現場に掛かる負担が2025年までに増加の一途を示しています。

    また、団塊の世代の子である1971〜1982年に生まれた世代は、バブル崩壊の煽りを受け就職氷河期を経験した世代ですから多くは非正規雇用者、団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年に彼らは40~50代です。

    本来なら正社員として企業でも中堅から上の立場で安定した収入の筈が、非正規雇用が多い世代では安定した収入どころか貧困に喘いでいて自らの生活すら危ういです。

    それなのに彼らが直面するのは団塊世代である親の介護、介護にはならなくても親の病気や怪我で手術や入院となれば、その費用を背負うことで経済的に苦しくなり逆に社会保障費が必要な立場になります。

    2018年度の一般会計で社会保障費は約33兆円、全ての歳入の内訳は所得税や消費税などの税収が59兆円、それ以外は国債などの公債で賄う為、社会保障以外にも国は多くの事業を抱えていますから、足りない部分を補うには国債が発行されて費用を捻出しています。

    既に2025年まで6年を切っていますが高齢者が増えることは避けられず、税収の大幅な増加が見込めないなら新たな国債の発行を余儀なくされますが、本来は国債などの公債は借金ですから発行しなくて済むに越したことはありませんが、税収が無いなら発行するしかない綱渡りも待っています。

    高齢者が自立した日常生活を送れるようにすることで、結果的に医療や介護に掛かる費用が軽減される効果を期待できる、そんな方法があれば一番ですがありません。

    せいぜいが医療や介護が協力してお互いの情報をやり取りして、その対象となる高齢者が住み慣れた地域でその人に適したケアをできるようにする、それくらいで根本的な解決方法はありません。

    従来と違って自宅で医療を受けられる在宅型の医療が中心となるでしょうし、在宅での介護のサポート体制の強化をして病院や施設の負担を減らさないと、人手不足も相まってどうにもならなくなります。

    今現在60歳以下の人は普通に考えて2025年より先の未来を生きるので、そうなると負担を受ける側でもあり負担を掛ける側にもなる、人間らしい健康的な老後の実現となれば健康で動けるようになるしかありません。

    今後は益々、在宅医療や介護をサポートする人材が不足してきますから、お金の問題と人材不足の問題は今後も高齢者の増加と共に大きくなるので、嫌でも取り組まなければならない切実な問題となります。

    できるだけ自分がサポートを受ける必要の無い生き方をする、健康や体力やお金の面でも孤立しないよう自分から対策を立てておき、人助けするつもり位でいるならいいけれど、そうでないなら問題ばかりに直面することになります。

    あなたは2025問題、ご存知でしたか?

    w( ̄△ ̄;)wおおっ!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop