徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    相手の気持ち。

    おはようございます。 素敵なお客様方には幸せな日々が待っている、それは何かと言えば何も起きない平和な日常、青い空などが見あげられて出歩けるなんて素晴らしいこと、目の前に幸せはあるのに不平不満を言うと罰が当たるかもです。

    青い鳥を探し回っても実は家にいたと言う落ちと同じく、気付かないだけで幸せとは今が幸せ、元気で健康で何不自由なく動けてご飯が食べられてスマホを弄れる、こんな幸せなことは地球上でも珍しいと言えますから気付くとは幸せの基本でもあります。

    さて、相手の為にと思いながらも実は相手に取って迷惑、そういう部分に気付けると夫婦関係もうまく行きますが、夫婦における喧嘩や諍いとは何を持って起きるのかと言えば思いやりの欠如、それだけではないけれどそうとしか言えない日常が垣間見えます。

    例えば、今住んでいるマンションを売れば儲かると言う不動産投資、この考え方が出来ているかどうかで夫婦間の諍いは起きやすい、今住んでいる場所を売って1千万円儲かるならローン完済して1千万の余剰金を持って、別な家を買うことでローンは同じでも1千万円が貯金できます。

    しかし、引っ越しが面倒とか通勤が手間になると言い出したら売る時期を逃す、そして売る気になった時には既に価値が無くなりローン完済すら出来ない、そうなるとあの時に売っていたらと夫婦喧嘩になる、これは相手に対する思いやりが無いからと思えてしまいます。

    また、旦那様が毎日残業で帰りが遅いから身体が心配になって、もっと早く帰ってきたらと旦那様に言う奥様は心配しているふりだけ、実は早く帰れないのかと文句を言っているだけ、会社と家の両方から旦那様を追い詰めていることになります。

    会社に勤めている以上は残業を一人だけ抜け出すなんて無理ですし、残業しているから残業代が入って収入確保もできている、だから残業を早く終えて帰るなんて不可能なのに、それを奥様から言われると旦那様は責められているようで辛いです。

    残業が多いなら残業を気持ちよく出来るお手伝いをする、通勤が楽にできるように工夫するとか、家の寝具を買い替えて寝やすくするとか、いくらでも旦那様の身体を気遣うことはできますから、こういう風に考えると夫婦喧嘩は最初から無くなります。

    毎日、遅くまでお疲れ様とするだけでいいのに早く帰れないのと文句を言う、それよりは応援することが大事、あくまでも自分中心で考えないことです。

    占い師として夫婦喧嘩を視ているときっかけはどれも同じ、どうしてこれをしてくれないの(どうしてわからないの)がほとんど、それを少し相手の立場になって考えるとどうしたらいいのかが見えてきますから、そこで初めて相手と話すと言うくらいでいいのにと思います。

    ただし、最初から話し合いができない夫婦は別れた方がいいレベルで、話し合いとは分かり合いでもあるので、話しても違う考えによる反発が深まるなら別れた方がいいのです。

    例えば、価値観が全然違うと思っていたとしても状況が変わると見直すなんてよくありますが、会社員をしていると社長は分からず屋に思えますが、自分が経営者になると社員は分からず屋となります。

    社員の時は社長が決めた通りにしろと言われるのに反発しますが、自分が経営者になると決めた通りができない社員にイラつく、社長とは自分でスケジュールやアイディアを管理して実行するのが仕事、社員は社長のプランに沿った中で色々な臨機応変さを出していくモノ、それが社員の時にはわからないけれど経営者になったら分かります。

    これを夫婦関係に置き換えると夫は妻に妻は夫にと両方がお互いのことを思いやる、それさえできたら夫婦喧嘩など起きる筈がないのです。

    相手(パートナー)に向かって、「ありがとう・助かった・すごいよね・上手だよね・あなたみたいになりたい」と言えば、それでも罵倒されるなら人間性がダメなので別れるしかありません。

    相手の悪い所ばかり見るのではなく良い所を見る、どうせ同じ時を過ごすのであれば、どうせ一緒に暮らすのであれば、良い所を見て相手に敬意を払えるようにしてほしいと願います。

    よく「猫の手の方がまし!」と言いますが、どんなにしない旦那様でもたまには洗濯物を取り入れてくれたり、たまにはトイレ掃除をしてくれたり、たまには何かをしている筈ですから猫の手よりはましな筈です。

    忙しくて相手を顔を合わさないから感謝ができない、それを言うなら今の時代はメールでもLINEでも何でもありだから繋がれる、やらないと言うのは手間を惜しんでいるか、もしくは敬意が無いからやらないだけです。

    相手に関心を持ってちゃんと接しようとすれば時間がないではなく、やる気がないに行きつくと思います。

    旦那様にあれこれ文句を言いたいかもしれませんが、旦那様が寝たきりではなく自分のことは自分でするだけまし、たまには相手に向かって「生きててくれてありがとう」と言ってみると違ってくるかもしれません。

    今更照れくさいと言うなかれ、超能力者じゃないのですから言わなきゃわからない、意思の疎通とは相手に伝わって初めてわかること、分からないなら伝わっていないのと同じです。

    小さい子どもを見た時になんで可愛いのかと言えば、笑う、はしゃぐ、悲しむ、それら全ての喜怒哀楽をちゃんを出しているからで、それは表情が豊かでもあるから人に好かれる最高の師匠になります。

    それに相手に対する感謝と言うのは自分が思っている5倍の感覚で丁度良い位、自分が1回ありがとうと言う気でいるなら5回はありがとうを言いましょうとなります。

    あなたは相手の気持ち、考えていますか?

    才才-!!w(゚o゚*)w

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop