徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    正義感。

    おはようございます。 今日も素晴らしい一日の始まりだとワクワクしておりますが、何事もなく平穏無事な毎日は幸せそのもの、事故も怪我も病気も何も無いのは幸せなことなのに、健康でいる時は健康に感謝できないのが人間です。

    普段は黙って何も言えないのに相手が逆らえない時は上から目線でネチネチやる、そういう卑怯な人がお店などで店員さんに土下座を要求したり、人としておかしいと思うことを平気でやりますが、このような人たちの根底にあるのは何かと言えば実は正義です。

    今日はネットを例に取って正義感の行きつく先はおかしな世界である、それを解説してみたいと思いますが、ネットでは何かと言えばすぐに相手を攻撃する炎上、これを根暗で陰険で卑怯な人と思っているなら間違いです。

    ネットで炎上するのは正義感の強い人が起こすもの、正義感の強い人が「こいつは許せない!」となったら起きるのが炎上、単なるクレーマーだと炎上しようと思っても炎上しない、それは人を揺り動かすものが無いからで、人の気持ちを揺り動かすには正義が一番動かしやすいのです。

    誰かが子どもを虐待したとして、その様子がネットに動画で上げられたとしたら多くの人の正義感が揺り動かされて、その子どもを虐待している人を攻撃するのが炎上の正体、その正義は間違っているかどうかの検証は必要なく自分が許せないと思った、それだけで有罪認定して攻撃開始が炎上です。

    正義感の強い人は自分の中のルールに逆らう人を許せないと言う特徴があって、こんなことをするなんて許せないと思った瞬間から攻撃開始、ネットは匿名で安全な場所から人を攻撃できるからどんなに無茶苦茶でも自分の論理が正義なのです。

    ネットで炎上しているのを見ても、あいつが嫌いだから悪口で炎上させてやろうと言っても無理、単なるクレーマーだと愚痴や悪口で正義が無いから炎上しにくく、ネットで多くの人が攻撃開始のスイッチが入るのは反省するべきや謝罪するべきと、自分が裁判官になって正義かどうかを判断して有罪と思ったからです。

    そして一定の所まで行くと、それが正義かどうかではなく皆が攻撃しているから攻撃される奴は悪い奴なんだと思い込み、その軽い気持ちが本当に信じるに昇格して更に炎上してしまうのです。

    例えば、サッカーファンからすると自分の好きな選手やチームの批判は勿論のこと、自分の思う通りの内容以外は全て攻撃すると言う特性がサッカー好きにはあります。

    いくつか例を出すと、サッカーファンには社会的な階級意識が潜在的にあって、自分よりも立場が上だと感じる人がいると頭に来ますが、その上と感じる時とは選手と知り合いだったりすると、自分は選手と知り合いじゃないのにこいつはなんでだと攻撃します。

    また、国別やチーム別やポジション別など、自分が知っていることに関して自分と違う考えの人がいると、俺こそ一番サッカー好きだとばかりにそれは違うと反発して攻撃します。

    そしてサッカーはサポーターがいるからこそ成り立つけれど良し悪しで、自分が所属する集団の人=同じチームのサポーターなら多少は許せるけれど、他のチームのサポーターはいくら攻撃してもいい心理があります。 広島に原爆を落として焼き尽くせと呟いたサッカーファンもいましたが、どんな酷いことでも平気で言える恐ろしい人たちです。

    それはサッカーの内部におけるチーム別だけではなく、広島カープファンがサッカーについて語ったら許せないけれど、仲の良い同じチームのサポーター同士なら許せるし冗談になると言う感じです。

    このように自分からすると正義であり、上から目線に感じられる言動は正義、他の人への誹謗中傷も正義、炎上の根底は正義から起きるものなのです。

    ネット上で起きる悪口や批判や誹謗中傷の書き込みをしている人は、逮捕されてから分かるのは大半が許せなかったとの正義感が動機なのは、ネットへの書き込みで逮捕された人の供述から分かります。

    このような書き込みをする人は自分こそ正しいと信じているけれど、もしもネットが実名制になったら一時的には影を潜めて、別な方法を生み出して書き込みをやめません。 何故なら、正義感で動いているから匿名で安全な場所から攻撃するのは正義、自分が卑怯でおかしい犯罪者とは気付けていません。

    ネット上における炎上は間違いなく正義感が起こすもの、正義感が発動する前に少し落ち着いて考えると、それは本当に真実なのかと言う感じで目が覚めたらネットを平和的に使いこなせるようになります。

    ただし、法で捌けない悪くて狡い奴がいるのも事実ですし、それを懲らしめるネットリンチも必要悪かもしれませんが、そこにある真実を見ずに好き嫌いだけでやるのが大半だからネットの正義は大半が間違いになります。

    悪い奴を許せない正義感は素晴らしいと称賛したいのですが、それが好き嫌いではなく中立公正に見ているならばの話で、本当に正義感があるならいつでもどこでも発揮するべきだと思います。

    自分の好きな子がミスしたら許すのに嫌いな奴がミスしたら責める、これを正義感と思い込んでいる人が多いので、これは正義感ではなく単なる好き嫌いと言う個人の好みです。

    私は正義感など信用していませんが、岡山空港での女子職員人質事件、倉敷駅前のコンビニで店員さんに絡む男、茅場町のコンビニで万引き男、羽田空港の保安検査場で暴れる男、岡山→東京便でCAさんを罵倒する男、これらの時に私以外に動いた男性をほぼ見たことがありません。

    あれだけネットでは正義を振りかざして相手を攻撃しているのに現実では誰も動かない、目の前で人が困っているのに誰も助けようとしない、ネットでは正義感があるのに現実ではない、これこそが正義感ではなく好き嫌いと言う証拠です。

    なお、仮に好き嫌いじゃないと声高に言うなら、ネットじゃ言えるけれど現実じゃ言えない卑怯者となります。

    あなたの正義感は、どこからですか?

    アレ_(・・?..)?アレェ 

    東京鑑定:現在は8月の予約を受付中で、5~7月は一杯になりました。 いつもご予約いただき、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop