徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    宮司の生活。

    おはようございます。 今回も素敵なお客様方のおかげで無事に帰ってこられて、今日もワクワクドキドキと素晴らしい一日が待っていることに感謝です。 毎日朝起きたらこれから起こるのは素晴らしいこと、そう思えないなら悪いことが起きても自分が引き寄せただけ、だから嘘でも良いことを思い浮かべることで人生は少しずつ変わります。

    さて、パワースポット言えば神社などを思い浮かべる人も多いと思いますが、神社と言えば宮司さんですが、その宮司さんにはどうやってなるとか日常生活はどうなのかなど、宮司さんについてのあれこれを解説してみたいと思います。

    なお、神主とは神社において神職を行う人や業務を行う人のことらしいのですが、それを言うと何でもかんでも神主になるので一概には言えないと思いますが、大まかな神主さんの名称と言うか階級と言うか、その辺を説明していきます。

    上から順に、宮司→権宮司→禰宜→権禰宜→宮掌→出仕と職階がありまして、一般社会と同じで上役に逆らうなどありえないのですが、神主さんの世界も人間関係は様々でゴマスリと後継ぎが出世するのは同じです。

    会社で例えるなら、宮司=会長、権宮司が社長、禰宜が支店長、権禰宜が主任、宮掌が慣れた社員、出仕が新入社員、こんな感じの説明になるかと思います。

    では、神主さんになる方法ですが、神職の免許を取れる大学(國學院大学と皇學館大学)へ通って神職の免許を取ります。 神道学科で学びますが、神道の思想・歴史・教養を学びますが、出仕として実際にどこかの神社に入って実務を経験しますが、医師で言う研修医時代に当たります。

    そして卒業したらどこかの神社へ修行へ行きますが、赤坂の日枝神社にて福岡の有名な神社の息子が修行中に、巫女さんを襲って逮捕された事件もありましたが、神社の息子だから優秀と言う訳ではなく世襲制はどこもバカ息子がいるものです。

    神社は大抵が世襲制なので修行と言っても親のコネ、箔を付ける為に有名な神社で修行したと言う実績作りで、筆記試験など無く面接のみで就職できます。

    そこで5年~10年ほど修業して、それから実家の神社を継ぐ人が多いようですが、小さな神社は創意工夫をしたり知恵を捻ったり接客態度を良くしたりと涙ぐましい努力をして、それで経営が成り立つ場合もあります。

    しかし、有名神社ともなればフェラーリやポルシェを乗り回して巫女さんを愛人にしてとやりたい放題、学生の時に私を二階の窓から投げ落としたのは岡山県北の神社の息子、タウン情報にもパワースポットとして掲載されていましたが、私はそれを見てタウン情報は一切信用しておりません。

    どこの神社も親が宮司をして息子が権禰宜と言うパターンが多いようですが、普通の家庭から神社へ就職したら宮掌が長くて宮司に辿り着けないことも多いのに、息子と言うだけですぐに権禰宜や権宮司になれます。

    ちなみに神主さんの仕事として一番大切なのは何か、答えは掃除と祈ることですから朝の神社へ行くと掃除や祈りをしていることが多い筈です。

    そして勤務時間は9時5時で昼休みと昼寝付きで、実働は5~6時間かもしれませんが、これは神社によるので一概には言えません。 実家が神社と言う場合は勤務時間は適当で、起きたら出勤とか気が向いたら出勤もあるので厳密な勤務時間は無いと思います。

    ただし、外からの通い(他人の場合)は会社と同じく勤務時間が決まっていて、一般の会社と変わらないと思います。

    ちなみに世襲制じゃない神社の後継ぎはどうするのかですが、そういう場合は氏子総代と言う代表者が決めます。 一応、建前上は話し合いで決めることになっていますが、氏子総代に気に入られると決定が現実です。

    そして気になる神主さんの収入ですが実家が神社と通いでも違うし、有名無名でも違うので一概には言えませんが、実家が有名神社で後継ぎ息子の場合は1000~2000万円くらい、そこそこ有名なら500~600万円、無名なら他に仕事を持って土日だけするなら100~150万円くらい、だから神社により相当な収入格差があります。

    これが他人で通いとなれば宮司のさじ加減で決まるので、200~400万円と開きもあるので詳しくは不明です。 そして社務所が普段から空いているところ(常駐)は専業の神主さんですが、土日だけと言う場合は他に仕事をしていることが多いようです。

    神主さんの仕事上の喜びとは何と言っても税金もかからず儲け放題、お守りでも祈祷でも御札でも元値はタダ同然でぼろい儲けですから、貯金通帳の金額が増えるのが楽しみと言う神主さんは多いです。

    また、神主と言う名前でナンパしやすい為、出会い系サイトに登録している神主さんも多く、神社の名前は出せませんが神主さんのナンパの話はゴロゴロとあり、その理由は9時5時で暇なのにお金がある上に神主となれば、それだけで女性にモテると言う現実もあります。

    だから私はパワースポット(神仏)は信用していても、宮司&僧侶(人間)は全く信用しておりません。 お祓いや祈祷など神主さんが贅沢する為の資金源になるだけですから、祈祷やお祓いはお金をドブに捨てるようなものです。

    もしも祈祷やお祓いが効果あると言うなら、何人中の何人が成就したかの分母を言わないのは卑怯ですし、神主さん自体がお守りを転売屋に横流しして見返りに合コンとか、出会い系サイトに登録してナンパし放題、妊娠した女性のお腹に膝蹴りなど酷い話は多いです。

    最後に神主さんになりたいなら皆様も簡単になれますが、神主の免状を取れる学校(通信含む)に入って合格すれば免状が貰えます。

    ただ、実家が神社ならいいけれど一般家庭なら、それで食って行けるかと言われたら難しく、ほとんどは神主と言う名称が手に入るだけとも言えます。

    免状があっても効果のあるお祓いができる訳でもないし、神主さんで霊視できる人を過去30年生きてきて一人も視たことは無いし、世襲制ならぼろ儲けできますけれど他から入り込むのは封建社会なので難しいと思います。

    あなたは宮司の日常、御存じですか?

    ・・・(゚_゚i)タラー・・・

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop