徒然草(岡山・東京・山崎かずみ)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    三浦知良。

    おはようございます。 素敵なお客様にお会いできることで幸せを感じますが、誰かに必要とされる人生を歩めたら幸せ、モノやお金ではなく誰かの役に立つ人生とは素晴らしい、本当にありがたいことだと感謝の毎日です。

    さて、Jリーグの横浜FCに三浦知良選手(愛称:キングカズ)がいまして、高校を中退してブラジルに単身で渡航してCAジュベントスに所属しましたが、当時のカズ選手は先生や指導者からプロは無理だと言われ続けていました。

    夢を諦めて日本に帰国も考えたそうですがブラジルで下積みを続けた理由とは、後に本人が語ったところによると公園で現地の貧しい少年達がサッカーをしている様子を見かけ、その少年達の中には裸足の子や片足がない子もいて、ボールも古くて汚いのに楽しそうにボールを追っていました。

    それで「自分には両足も、スパイクも、いいボールもある。 何を俺は贅沢なことを言っているんだ。」と帰国を思いとどまったとの話です。

    そしてサンパウロのサントスFCとプロ契約を結びましたが、サントスFCで出場できたのは1部リーグ2試合のみ、翌年にはマツバラと正式契約を結びレギュラーとして活躍、同年10月にクルーベ・ジ・レガタス・ブラジルに移籍、ここでもレギュラーとして活躍して日本人初のブラジル全国選手権へ出場しました。

    更にユース時代に所属したキンゼ・デ・ジャウーへ移籍、SCコリンチャンス・パウリスタ戦で日本人としてリーグ戦で初得点を記録、格上の人気チーム相手に3-2で勝利の番狂わせ、この試合はブラジル全土にTV中継の為、三浦知良の名前がブラジル全土に響き渡りました。

    そしてブラジルのサッカー専門誌プラカー、年間ポジション別ランキングで左ウイングの第3位に選ばれ、クラブでの活躍によりジャウー市から名誉市民賞を贈られ、そしてコリチーバFCに移籍してパラナ州選手権優勝に貢献しました。

    今の選手と比べて大したことはないと話す記者やファンがいますけれど、海外で活躍する今の選手と比べても見劣りするどころか逆、当時はヨーロッパよりブラジルが強い時代、そんなリーグにいるだけでも今の海外組とはモノが違う、その上でブラジル国内のポジションで左ウイングはトップが集う聖域、そこでポジション別部門3位は相当凄い話です。

    カズ選手がブラジルへ行った1980年代はJリーグも無く、自分で開拓していくしかないし人種差別も凄かった、今の海外組の優遇は過去に開拓してくれた先人のおかげで、今の地位は自分の実力だけではありません。 今の時代にカズは通用しないと知ったらしく言う記者とファンは、今の日本代表が1980年代のブラジルでは通用しないどころか、補欠にすらなれません。

    その三浦知良選手も50代になりましたが2017年には背番号11にちなみ、1月11日11時11分に横浜FCのクラブ公式サイトで契約延長を発表、この年の開幕は誕生日の2月26日で、開幕と同時に50歳だからJリーグ初の50代選手です。

    なお、リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手の、ギネス世界記録を持っているのも三浦知良選手です。

    以前にTBSの番組で引退しろと失礼なことを言われた時、「もっと活躍しろと言われているんだと受け取った。 引退しなくていいと言わせてみろと言う思いで言ってくれたと思ってやります。」と大人の返答です。

    記者からも客寄せパンダじゃないですかと質問をされても、「でも、パンダじゃなきゃ人は来ないですから。 僕は客寄せパンダで十分ですよ。 だって普通の熊じゃ客は来ないんだもの。 パンダだから見に来るんだもの。 熊はパンダになれないんだから。」と返しています。

    サッカーはさっぱりわからないので素人の意見ですが、ボールを扱うテクニックは50代でもかなり高いレベルで、日本代表とボールの奪い合いをしても時間限定(2~3分など)ならイーブンだと思います。

    日本国籍の選手でブラジルで成功した唯一の選手で、世界各国のクラブを渡り歩いた開拓者でもあります。 サッカーを日本でメジャーに押し上げた立役者で、若手からストイックなプロ意識はお手本と言われています。

    朝一番にグラウンド入りして若手とは親子ほども違うのに練習は一緒のメニュー、フィジカル&マッサージ&栄養士は個人で雇い徹底した自己管理です。

    サッカー選手としては単純にプレーが凄いと思いますが、日本にプロがなかった時代に高校中退して単身ブラジルに渡りプロとなり、Jリーグ開幕に合わせて帰国後は日本代表として長期間活躍、代表での55得点は歴代2位です。

    Jリーグの発足がないと今の日本サッカーはかなり立ち位置が違った筈で、カズ選手のスター性のおかげで救われた部分が大きく、サッカー人気のすそ野を広げることに貢献できたと思います。

    それに帰国当時からW杯出場を言っていたのに周りは白けた感じ、今ではW杯でも常連と言う日本ですからカズ選手は凄いです。

    それにどうこう言っても50代で現役は素晴らしい、誰よりも練習して体調管理を怠らないなどストイック、批判もありますが今の年齢だからこその高いプロ意識で多くの人から尊敬され、相手チームのサポーターから拍手される時もあります。

    戦力になってないから引退しろとネットで匿名の方々が声高に言いますが、文句があるなら直接キングカズ選手に言えばいいのに、実際に目の前に居たら握手して下さいとか何も言えないまま、そんなことでは日本男児の名が泣くと思います。

    いつの日にか三浦知良選手と普通に連絡したり食事へ行ったり新年会へ来て貰ったり、そういう関係になれたらいいなと思いますが夢のまた夢、人から笑われそうですけど笑われても平気、会いたい人がいる方が人生の張りが出るし楽しみです。

    あなたは三浦知良選手、ご存知でしたか?

    サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお願い申し上げます。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop