徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    足を引っ張る。

    おはようございます。 煌めく人生が誰しもあるのに、それを気付かないまま自分の人生は腐っている、ついてない、だめなまま、そうやって卑屈になって幸運を手に入れないのは勿体ない、この世に生まれて来たからには素晴らしい人生を送って頂きたいと願うばかりです。

    しかし、素晴らしい人生にする為には人の足を引っ張らないこと、人の足を引っ張るのは最低の行いの一つで人としては品格が低いとも言えます。

    素敵なお客様も会社や親戚や知人などにもいる筈ですが、どれだけ一生懸命にまじめにしても文句や批判ばかりで足を引っ張る人は出てくる、それも自分が上から教えてやっているかのように正当だと自信満々で見下します。

    一生懸命な人の邪魔をする、嫌がらせをする、そんな足を引っ張る人間が増えているのも困りものですが、実力が無いのに親の力などでそこそこの生活ができているから勘違いしてしまうのです。

    知人友人など周りの人の成功の邪魔をする、今だとネットで見ず知らずの相手のことを妬んでしまう、うまく行ってる人の邪魔をするのが足を引っ張るですが、足を引っ張る人は成功してる人の邪魔をする気持ちがあります。

    まずは自分が誰よりも上で成功できる人間であると自信満々で負けず嫌い、他人より優れているのは自分であり自分こそが選ばれた人間だと確信しているので、自分よりも上に人がいると邪魔になって目障りで仕方がありません。

    ところが実力で追い越せたら問題はないのですが、自分でも実力不足で敵わないことが分かっているから恨みつらみが出てきて、自分のせいではなくあいつが悪いとなるのです。

    そうなると何が起こるかは明白で、あいつを何とか邪魔してやろうが負けている方のやることの全て、どうにかして進めなくしてやらないとあいつが幸せになるのは許せない、あいつが不幸になればなるほど自分が勝てるから嬉しいとなってしまうのです。

    残念ながら足を引っ張るのは負けている方が勝っている方をで、ようは三流が一流の足を引っ張るのが起きていることで、悪いことをしているからではなく良いことをしているから足を引っ張られる、悪い人が良い人を邪魔するのが本質です。

    もし、足を引っ張られているなら喜んで欲しいのがあなたは一流だからと言う証明、あなたが勝っている証明、あなたが素晴らしいからこそ邪魔をされているだけ、それに気付いて欲しいのです。

    社会とは必ず足を引っ張られる、それも一流になると強烈に引っ張られる、あなたを嫌いなアンチが出てくることこそ人気の証明、だから足を引っ張られてもあなたが心を強く持って前に進むこと、大人になれば足の引っ張りは当たり前、だからこそ負けない心を持って突き進んで下さい。

    そもそも足を引っ張る人とは分かり合えない、ゴリラと日本人で話し合いはできないし、ミジンコと人間で話し合いもできない、こういう人ではないモノと話すくらい難しいのが妬む人の中身、嫉妬が負の方向に向くだけで嫉妬をマイナスのエネルギーとして蓄えて使う人生です。

    対処方法は一つしかなく相手にしない、頭には来るでしょうけれど、話しても分からないので関わらずに遠く離れるのが最適、電話でもメールでもSNSでも無視して相手にしないが相手にとって一番の苦痛で、遠慮なく遮断しておけばいいのです。

    なお、会社だと仕事上無視はできないのが辛い所ですが、それでも相手に嫌いだと意志表示しておくのは必要で、嫌な相手の御機嫌取りをすればするほど相手は図に乗るので注意して下さい。

    嫌だと言う意思表示をしておくことで関わる時間を短く出来ますから、話しても無駄な相手だと自分も認識しておくことですが、嫌だと言う意思表示と嫌がらせは違うのでやり返すと嫌がらせになります。

    会社内だと避けられはしないけれど遠ざけることは可能で、自分が部長で相手が平社員だと顔を合わせる機会も減る、これは例え話ですが相手と自分の差が大きく開いたら、邪魔とか嫌な相手と思うことはあっても関わる機会は減る、上り詰めてしまえば視界に入らなくなります。

    足を引っ張る人とは嫌がらせに関しては天才的で、悪口など誹謗中傷は勿論のこと、相手がどうすれば嫌がるかを熟知して相手が嫌がれば嫌がるほど喜ぶ、そういうド変態のS(サド)ですから、そんな変態を相手にしたらあなたも変態の仲間入りです。

    あなたの足を引っ張る人は地面以下の存在で足を引っ張られるのは一流の証明、相手の足を引っ張るには下にいないと引っ張れない、下からでないと上を引っ張れない、それに気付いて自分は一流であることを心の盾にして相手の攻撃を防いで下さい。

    妬みを買うようになったら一人前(優れている証拠)で、光があるから影ができるように明るくて才能のある人がいると眩しい、それはすなわち影になる人ができても仕方が無い、自分が一流の人間だったら人の足を引っ張ろうとか思わないから、人を許せるあなたは素晴らしい人です。

    人がうまくいっているのを見ると悔しいのは当たり前、その気持ちは誰しもが持っているけれど、一流の人間になりたいと言う心を持つことはできる、相手がうまくやっているのを妬ましく思ったりする気持ちも理解できますが、その妬みはプラスのエネルギーに変えるのが一流です。

    前に進む努力を足を引っ張る人間になる為に使うのは惜しい、あなたは足を引っ張らなくても成功できる人です。

    ドラマや映画や漫画や小説、色々な所にヒーローの邪魔をする悪役が出てきますが、そういう悪役は本当に嫌な顔付きをしていて思わずストーリーに引き込まれますが、それでもこんな人にはなりたくないと思う人が大半、それなら悪役から学ぶべきことは人の足を引っ張らないを学べる筈です。

    あなたは人の足を引っ張る、したことがありますか?

    (○ `人´ ○) タノンマスー!

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop