徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    奉仕。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せな毎日が降り注いでいますが、それは日頃の行いによるところが大きく、何も起こらない毎日は幸せそのもの、人は何かが起こると途端にどうしてとなってしまうので、平穏無事な毎日は幸せそのものです。

    私も反省しなければならないので人のことは言えませんが、日頃の行いとは何を指し示すかは単純明快、奉仕の精神があって同時に行いができているかではと思います。

    人の嫌がることをしない、悪口を言わない、相手を褒める、人助けをする、このような思いがあればそれだけでも違うのに人はなかなかそれができないもので、私もつい悪口を言ってみたり不平不満が口から流れ出たり、その辺が未熟者でなかなか修正できません。

    奉仕とは辞書で引くと他人の為に尽くす心のことを言いますが、人の為に尽くせるとは大袈裟ではなく人の嫌がることをしないだけでも違う、人はどんなに聖人君子であっても心に闇の部分はあるので、それを無くすことは不可能でも減らして行くのが成長の証とも言えます。

    ただ、何度も言いますが私自身ができていないので、今日は説明するのが恥ずかしい内容です。

    奉仕の心を持ち続けるのは難しいことですが、それを少しで維持するにはどうしたらいいかと言えば、昔から言うお天道様が見ているが参考です。 自分の生活していく日々の瞬間にお天道様から見られている、そういう心を持ち続けることが修行にもなり、それを問われた時にできていると答えられるかどうかです。

    誰しも漠然と頭では奉仕の精神を感じてはいますが、実際に行なわなければならないと言う大変な現実の前にできなければ、難しい&足りないと反省しなければなりません。

    常に自らが率先して奉仕の精神を忘れないでいると心が固まっていきますが、その奉仕の精神が自分の心に出来上がってくると徐々に慈悲が芽生えることによって、全てのことが他人事ではなく自分のことであると考えられるようになります。

    今の自分を振り返ってみて人が困っているのに見ない振りをして黙っている、そういう心が働いていると奉仕の精神が働いいない証拠です。 自分を振り返った時にお天道様が見ていると思えば目に見える誰かに監視されなくとも、目に見えない誰かに見られているからやるでもいいからできると、その後は奉仕の精神が楽したいとか見て見ぬふりの自分を許さなくなります。

    目に見える監視でも人は良いことをしようとしますが、それだと見ている時だけとも言えるので目に見えない監視が常にあると思えたら、その厳しさに自分をきちんとできる傾向が強いと思います。

    別に神様を信仰しろとか宗教を始めろではなく、自分の心の中にどれだけ厳格で厳正なモノを持ち続けるかどうかで、神様云々ではなく自分の心の中にある奉仕の精神を厳しく精査しているだけでいいのです。

    人の苦しみを自分が身代わりになれなんて言いませんが、奉仕の精神を持っていると何とか助けたいとは思う、人に楽をして貰う訳ではなく少しでも苦しみを減らすお手伝いが奉仕の心です。

    勘違いしてはならないのが、相手を楽にしていくだけだと相手が傲慢や怠惰になるだけで何の為にもならない、苦しみを自分が進んで受けていくのが奉仕なんて神様でも言いません。

    何かがあった時に見ない振りして通ろう、苦しいことは知らん顔しておこう、その心がだめなだけで思いやりがあれば助けたいとなる筈なので、その時点で奉仕の精神はあるとも言えるのです。

    人の苦しみを進んで引き受けるなんてのは無駄、あくまでも自分が幸せだから人を助けることができる、自分が苦しくてたまらないのに人を助けるなんて無理、自分が思い切り幸せになった後の余力でやるのが人助けが長続きする秘訣です。

    自分の魂を清めるなんてばかばかしい話、人間の魂の汚れを誰がどう判定するのか、悪人だって子どもが可愛いと思ったり、猫ちゃんやわんちゃんの頭を撫でてよしよしとしたり、それ自体は魂が汚れていてもできると言う話になります。

    それよりは見えないところでは知らん顔、この次元の低い行いの方が問題で、いじめられているのに見て見ぬふり、襲われているのに巣通り、そういうことの方が魂が汚れると思います。

    人の苦しみを自分が背負う必要はないけれど、目の前で困っている人がいるのに無視して巣通りの方が酷い、頭でいくら理解していても行動しない限り、机上の空論として何も無い状態です。

    いざと言う時に助けることができる、そんな自分になろうと思うなら元気で健康で心に余裕のある状態を保つ、全ての人に愛情を注ごうは無理でも目の前の困っている人を助けるのは、ほんの少しの勇気さえあれば誰でもできるものです。

    私が宗教をどうでもいいと思うのは神を信じないからではなく、宗教は人間がやっていることで神とは関係ない、だから宗教はお金を集めることはしてもお金を与えることはしない、全ての苦しみは自分が背負ってがんばれとは言うけれど、教祖様は贅沢な暮らしをしている現状に疑問を感じます。

    人には色々な考え方があるので、寄付・ボランティア・支援物資など、これらをしたのが偉い訳ではないし、したからと言ってすぐに何か良いことがあるわけでもないから、そこにはしない&やらない&興味ないと言う選択肢も当然あります。

    災害が起きた時など誰かが困っている時に、寄付・ボランティア・支援物資などをしなければならない訳ではなく、しないと言う選択肢も正解ですからしない人を責めるのはお門違い、しないと言う選択肢を選んだ人を責める時点で奉仕の精神はチャラになっているので、しないと言うならそれでいいと認めるのが人の生き方に強制をしないと言うことです。

    あなたは奉仕を、どう考えますか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop