徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    いじめ~後編。

    おはようございます。 昨日の続きですがいじめられていた私の何が悪かったのか、いじめられる原因ではないかと言う部分を自分なりに思い出しながらでしたが、今日もいじめられていた原因となる部分の行動についてです。

    私がいじめられていたのも仕方が無い部分もあったのは、何と言ってもコミュニケーション能力が圧倒的に低かった点で、このコミュニケーション能力が低い=空気が読めないですが、そうなると誤解を生みやすいし孤立しやすいから、人とスムーズに会話なんて到底無理となります。

    学生なら勉強、社会人なら仕事、それができたらいいのも事実ですが、社会人になると仕事よりコミュニケーション能力が大切で、いくら仕事ができても職場内や取引先とのコミュニケーションができない人は、間違いなくいじめられやすい人になります。

    これは職場だけではなく知人友人親せきなど社会生活では避けて通れない、どこであろうともコミュニケーション能力が低めの人は印象が良くないからいじめの対象です。 それは性格自体が悪くなくても誤解が誤解を生んでしまうので、それがいじめとなるのは確定に近いです。

    今から思うと私は聞き下手で自分が話すことばかり主張していましたが、コミュニケーション能力とは話すより聞くが大切だったと今なら分かります。 聞き上手になれば相手は自分を受け入れてくれた筈だと思いますが、自分の主張ばかりして相手の話をきちんと聞かなかったのは恥ずかしい、こうなると孤立しやすいのも当たり前でいじめに発展したのも仕方がありませんでした。

    なお、建設現場時代の後半からいじめられなくなったのですが、その要因の一つとして絶対に紹介しておきたいのが気が弱いことで、この気が弱いはいじめられる要因としてかなりの要素を占めていて、何を言っても大丈夫だろうと相手に思わせるのはアウトです。

    怖くないと思われると相手は調子に乗る、繊細で優しいは良いことなんですがいじめる相手には通用しない、いじめられやすいのは気の弱い人が多いのは事実です。 相手からやり返されないと思えば人はいくらでも残酷になれる、この人なら何をしても大丈夫と思わせたら最後、気弱な感じの人がターゲットになってしまいます。

    繊細で優しい性格は素晴らしいことですが、それだけでは世の中を渡っていけないと建設現場時代に気付きました。 繊細で優しい性格を変える必要はないけれど、いじめてくる人に対してはやり方を変えてみる、早い話がやり返すのは攻撃こそ最大の防御と同じ考え方です。

    更に私が反省するべきはネガティブな感じがありありだったことで、常にネガティブ思考で悪いことばかり考える、更に被害者意識が強くていじめは自分のせいでもあるのを理解できていませんでした。

    ネガティブにモノを考えるといじめられやすくなる、職場でもどこでもミスをするのは人なら当たり前、落ち込むまではいいけれど引きずって周りの空気を重くするのはアウト、どうせ無理とかどうせできないと否定発言ばかりでは楽しくありません。

    ネガティブで行くと周りに対してもいい影響はゼロ、悪いことなど無いのに悪いことが起こるとばかり考える、そんなありもしない心配ばかりしているといじめられやすい、明るく前向きなタイプになるだけでも受けが違ってきます。

    それから自分の責任ではないけれど確実にいじめられる対象となるのは、嫉妬されやすいがあります。 この嫉妬されやすいとはイケメンや可愛いなどが含まれたり、実家がお金持ちや才能が溢れているなど、人からするとできないことや手に入らないモノなど嫉妬を買いやすいことがあります。

    自分には落ち度がないのにいじめられる、イケメンだから仕事でいじめ、綺麗だからやり玉に挙げられる、家がお金持ちだから嫉妬されていじめに遭う、更にはパートナーが綺麗だから&カッコいいから、こうやって嫉妬の嵐になります。

    嫉妬とは自分ではわからないだけで知らない間に周りから買っている、生活の為に働いているのが普通なのに、給料は全部小遣いみたいに思われていると恨みを買いやすいです。

    当然ですが持ち物や車や家、高級腕時計や鞄、高級車や新築の一軒家と言ったモノは嫉妬される要因になります。 例えば、職場の上司の持っている物より良い物を職場に持っていくのはアウト、間違いなくいじめの対象になりますから避けた方が無難です。

    嫉妬の嵐はいつでもどこでもありますが、普通の会話でもハワイに行ったやレストランで食事をしたも自慢に聞こえ、それが元で嫉妬心が燃え上がりいじめに繋がります。

    また、外見に全くこだわらないのもアウトで、外見に全くこだわらないのも清潔感に欠ける要因だし、最低限の身だしなみが出来ないのは相手に失礼、それすら気付けなかったのが私の間抜けな所です。

    この外見にこだわらないとはお洒落をしないと言うだけではなく、清潔感に欠けているとかお風呂に入らず臭うとか、髪の毛もボサボサで如何にも不潔そうに見えるのもいじめの対象となります。

    これは自分を振り返ってみても当たり前でしたが、外見ではなく中身が大事とは最低限のマナーができているからこそ、身だしなみは周りに不快感を与えない為に必要です。

    清潔感に欠けていて外見に無頓着な私はいじめられるのも仕方がない、最低限の身だしなみは整えない人は損をする、外見を整える努力はしておいた方がいいと身を持って体験しました。

    昨日と今日の二日間で私の過去の経験から思い起こしてみましたが、性格と行動のどちらでもいいから、やらなくていいことはやらない方がいいとやめる、もしくは改善すると言うのが理想かと思います。

    あなたはいじめについて、どう思いますか?

    o( ̄ー ̄)○☆パンチ!

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop