徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    10年先の仕事。

    おはようございます。 素敵な朝の目覚めは何も無いこと、普通に起きて顔を洗って出勤できる、それが本当に素晴らしいことですが、幸せとは今が幸せで何も無いのは素晴らしいことです。

    多くの場合不平不満を言う対象が無くなると急に不安になったり困ったりしますが、会社の不満を言い続けている筈なのにリストラ候補になると急に辞めたくないと言い出す、いじめ続けている相手がいなくなり自分がいじめられる立場になるといじめる相手が恋しい、こんな感じで未来とは変わり続けるから今とは違うを認識しないと時代についていけません。

    その好例が仕事で、AI(人工知能)が出てきた以上は10年先には相当数の仕事が無くなるか、もしくは減ると考えても間違いではありません。

    AIに関する本が次々と出版されているから御存じの方もいると思いますが、Aにより無くなるか減る仕事に就いていると10年後に転職することになるし、もしかしたら仕事が無くなるかもしれません。

    鑑定で実感するのが銀行窓口係や受付係は無くなること、銀行が花形だったのは昔の話で今は機械に代替えが進行中、同じように経理など事務系の仕事は無くなるか減るかのどちらかです。 特にレジは日本でもセルフレジがあるし、アメリカではAmazonが無人でレジも無いスーパーを運営しています。

    そして今は自動運転が開発されているから、タクシーやバスの運転者さんも消えてしまう感じすらあります。 これは完全自動運転車の登場によるもので、タクシーもバスも全て自動でとなります。

    また、無くならないけれど減ることは確定なのが機械工作関係の職人さんで、モノ作りの機械工もAIに代替されて機械を機械が見る、そこで補えない部分だけ人間となるので工場に勤めている人の多くが職を失うことになります。

    後は何かをチェックすると言う職種自体が不要になりますが、何かをチェックや監視と成れば機械の方が上、カメラ等の画像認識技術とAIが合体すれば人間は不要です。 こうなると明らかに補助が必要と言う場合を除き、駐車場やマンションの入り口など通過するだけなどの場面では人は不要となります。

    他にも清掃系もある程度はロボットで代替可能ですが、これはビルや列車など大きなものになると人の手が入ります。 そしてホテルの部屋の正装もシーツ交換は機械では難しいから、ある程度までしか室内清掃は難しいと思いますが、それでも人手はいらなくなる系の職業です。

    では、AIが発展してもなくならない職業は何なのかですが、アートなど芸術に関する仕事はAIに代替される可能性は低く、無から有を生み出す芸術は得意ではないからです。 それに何かを組み合わせて思いもよらないことをするとなれば、過去のデータから弾き出すAIでは予定通りのことしかできないので、無から何かを生み出せるAIでも出てこない限り大丈夫です。

    作曲にしても元の何かを参考にしないとできないし、小説でも人間の心の変化を書くのも無理だし、今まで聞いたことがあるとか読んだことがあるなど、過去の模倣ならできるけれど新たなのは無理です。 創造ができるAIができた時は人類の破滅でもあるので、それは希望ではなく絶望でもあります。

    つぎに接客業系の中でもカウンセラーなど話を聞くタイプは無くなりませんが、バーに飲みに行ってマスターに愚痴を聞いて貰うのは機械には無理、観光旅行でガイドや世話役も代替えは不可能、人を楽しませることが必要な職業は、人の感情への理解を必要とするからAIには難しいです。

    そしてAIには絶対無理なのが医者と看護師と介護士など医療系で、医者は人の命を預かる職業で手術はAIには無理、看護師さんがする対人系の世話も無理、介護士さんのする介護もAIで補助はできるけれど、何をすればいいかの判断がアドリブなのでAIには無理なのです。 ここでも創造ができるならいいけれど、創造できるAIは必ず人類を害虫と判断して滅ぼします。

    意外と代替えが聞くのが教員で、日教組の反日教育やレベルの低い教え方を見ていると、優秀な先生さえいればTVとネットで各教室を繋ぎ、優秀な先生が学業を教えて現地の先生は補助と言う形になると、先生の数自体が減ることになります。 ただし、優秀な先生は受け持つクラスが増えるので、優秀な先生ほど引っ張りだこになると思います。

    ビジネスホテルの受け付けはAIに取って代わられるけれど、ペンションやレストランなどの支配人クラスになると必要不可欠、AIはツールであって人ではないから、機械にはわからない心の不満は表情を読み取るしかないので、何をどうすると言う最終判断を下せる責任者は人間しかいないのです。


    ここまで色々な職業から無くなるかどうかを見てきましたが、一つ勘違いして欲しくないのは手に職と言ってもパソコンを使う仕事は危険です。

    何故なら、人の手が入っていようともパソコンの中で完結する仕事は必ずAIの発達と共にAIは必ず学習して来るので、手に職とは逆に単純作業労働や昔ながらの仕事にだけ当てはまります。

    畳職人や板金作業など、その場その場で判断しないといけない職人技は、AIでは数値化できないので代替えは不可能です。 AIに仕事を奪われたくなければ未来を視て考える、人より抜きんでいたければ考えるのが、「人は嫌がるけれど私は楽しい」と思える分野を探すことです。

    掃除や片付けが大好きでどんな汚れも落としたいと思うなら清掃系で働く、死体が平気なら葬儀屋さんで働く、虫が平気なら害虫駆除で働く、そういう仕事の見つけ方が必要となってきます。

    今の小学生が大人になる頃には仕事が様変わりしているからNEETが増えることは確実で、それも学歴だけが凄くて頭はいいけれど何もできない、そういう大人が増えるであろうことは確実なので、手に職をつけることが生き残る術でもあります。

    あなたは10年先の仕事、どう思いますか?

    ヽ(^◇^*)/ ワーイ

    お知らせ:東京鑑定の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop