徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    クレーム。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様に取っては素晴らしい朝、あなたがいることで日本は輝かしく動き、そして多くの人たちが笑顔になる、そんな状態があなたの存在理由ですから生まれてきてくれて本当にありがとうございます。

    お互いがありがとうが言える間柄なら気持ちの良い人間関係を作れますが、クレームばかり付ける人といれば辛くなったり嫌になったりは当たり前、誰しも嫌な言葉を体内から発する人と付き合いたくないモノです。

    あなたが笑顔でいる、そして相手も笑顔でいる、そういう関係が一番とわかっているのに、どうしても相手にクレームを付けないと気が済まない人たちも増えています。

    洋品店での土下座事件などは最たるもの、服を買いに行って店員さんに土下座をさせるなんて非常識にも程がある、それを当然の権利と思う方が間違いなのに、それが当然であると思う人が多いから問題です。

    そうやってクレームばかり付けるから困ることが自分にも降りかかってきますが、その当事者になるまでは気付かないし、当事者になったら何で何でと更にクレームを言う羽目になります。

    クレームばかり付ける人の心理を理解したくはないけれど理解することで、その愚かな行動が見えてきて自分はしないようにと反省も出来ます。

    クレームを付ける人の根底にあるのは完璧主義でプライドが高いこと、ようは自分の考えや価値観以外は認めないですが、更に悪いこととして自分は優秀な人間で大切にされるべき存在だと考えて、自分が期待する対応を相手がしないならさあ大変、不満を持って文句を言い始めます。

    クレームを付ける人は自分が思い描く結果が得られなかった事実だけが大切で、そうなると家庭や相手のことなどお構いなしです。 自分が思い描く理想と現実のギャップを埋める努力はせずに、相手が悪くて自分は正しいの一点張りです。

    自分がうまくいかないことを受け入れられず誰かのせいにしてクレームを付けるしかない、自分の間違いや弱さを見つめるくらいなら相手を攻撃するので、自分と向き合うことで自分の弱さを認めることは無理なのです。

    クレームを付ける人と一緒にいると疲れますが、仕事など何らかのことで付き合わざるを得ないことがあり、そういう時にどうすればいいかで人は悩みますが、特に根が真面目な人ほど相手のことを考えて悩みます。

    一番は相手にしないことですが、クレームを付ける=怒っているとも言えるので、その負のパワーは強くてあなたも渦に飲み込まれるほどです。

    一度でも相手に同調すると相手は自分の理解者と勘違いして、いつであろうと顔を見る度に自分の考えや不満を吐き出します。 決して相手のペースに合わせず距離を持って付き合うのが限界で、下手すると怒りが自分に向いてしまうので、バカは相手にしないと言う諺通りで行って下さい。

    話す内容は否定しない代わりに同調もしない、その話を聞く余裕がないことを伝えても怒るだけなので、あなたから距離を置くように持っていかないと今度は自分が攻撃されます。

    とにかく相手と一緒に行動しないこと、ランチは別々で仕事もできるだけ離れる、プライベートに会うなどもっての外、メールもlineもやり取りしないなど距離を置くことがおすすめです。

    相手のペースに巻き込まれて距離を置くことができなくなったら地獄、忙しいことを理由にやり過ごすなど強硬手段も必要となります。

    結局、クレームを付ける人は怒りや不満を自分で解決できない人、同情したら面倒な人だと知っておかないと、メンタル的な部分で異常を感じることが多いから、中途半端に同情したら標的にして下さいと言う様なモノです。

    ただし、クレームを付ける人も相手を見てやっていることがあり、あなたが色々と言われるのであれば相手に弱さやスキを見せて舐められているとも言えます。

    その為にもクレームを付ける人の不満パワーに圧倒されないこと、相手の意見や考えに同情や同調を示してしまうのも自分の考えをしっかりと述べられないからで、自分の考えを言うことができるなら、自分とは考えが違うと相手に伝えられるので距離感が生まれます。

    また、あなたの中にも同じ不満があるなら相手に見透かされ、仲間だと思われている可能性があります。 つまり、相手にNOと言えないと付き纏われる、誰に対しても物が言えることができる強さを持つならば、クレームばかりの人に巻き込まれなくなります。

    人には色々な考え方があるので相手の言うことを認める代わりに、自分の考えはこうであると言うのも大切で、あなたの考えも理解できるけれど私はこう考え増すと言い切れる強さを持って下さい。

    クレームを付ける人ほど自分の意見を言える人には、否定されるのが怖いから近寄ってこなくなります。 自分の意見をきちんと言えるなら、怒りや不満をぶつけてくる相手を遠ざける武器にもなります。

    基本的にクレームを付ける人は占い的な部分で言うと負のオーラを纏っていて、近付いた人を不幸にしてしまうパワーは満点です。 その負のパワーを跳ね飛ばすことができないなら近寄らないが原則、ネガティブは伝染しやすく周囲を巻き込む力が強いです。

    負のオーラは輝くオーラには眩しくて近寄れないから、もしかしたらクレームを付ける人もあなたの輝くオーラで浄化されることもあるかもしれません。 あなたがきちんと生きていると周りにプラスの影響を与える、そうなると誰かを幸せにする未来は確定です。

    クレームを付ける人は大抵は気が弱い人が多いのですが、飲食店の店主がお客様の食べ方にクレームを付けるなどが今はあり、特にラーメン屋さんは店主が王様並みに偉そうにしているところもあります。

    そういうラーメン屋さんに、見るからに恐そうな本職が来店したら威勢がいいのはどこへやら、急に大人しくなる掌返しがクレームを付ける人の現実で、相手にするのもバカバカしい話です。

    あなたはクレーム、つけていますか?

    (*^-°)v オッケェー♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop