徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    靴。

    おはようございます。 素敵なお客様が輝いているのはあなたの日頃の行いがいいからで、素晴らしいあなたの生き方が自然と運を味方にする、そんな生き方が自分に跳ね返るので、日頃の行いは小さな積み重ねですけれど大切なモノ、日頃の行いは馬鹿にできません。

    そうは言っても堅苦しい話ばかりではなく、自分への御褒美と言う面でも買い物などで憂さ晴らしも良い物ですが、自分だけのオーダーメイドと言うのも一度は経験してもいいかもしれません。

    有名人などが履いているオーダーメイドの靴をみて、良いなぁと思った方もいるかもしれませんが、昔に比べてオーダーメイドの敷居が下がっているのも事実で、昔ならお金持ちしかできなかったのに今は普通にできると言うのもあり、オーダーも広い意味でとらえることもできます。

    特に靴と言うのは足元を見られると言う言葉通り、良い靴を履いているとレストランで扱いが違うと言うくらいですから、そのオーダーメイドの種類やメリットとデメリットを御紹介です。

    ただし、オーダーメイドの靴と言ってもいくつか種類があり、昔なら基本になる足の木型から彫り始めて削ってと、全くのゼロから個人の足に合わせて作り上げる、それで初めてオーダーメイドと言っていましたが、今はより広い意味でのオーダーメイドがあります。

    まずはオーダーメイドの種類からですが、一つ目は基本の木型やデザインは既製品のままですが、革の色や素材などを一定の品数の中から選んで注文する簡易的なモノから、既存の木型に微調整を施した上で革の色や素材などを一定の品数の中から選んで注文するパターンオーダーみたいなものがあります。

    そして足の木型の段階からゼロベースで全く独自の品物を作製して、デザインもゼロから生み出す上で、革の色や素材を選んで注文すると言う本格的なオーダーメイドもあります。

    昔とは違うので全部が全部フルオーダーでないとダメではなく、予算や使用目的に合わせて製作すると言う感じが現代風、凝り固まってこれしか認めないでは頭が堅すぎとなりますが、それも個人の好みや考え方なので自由かと思います。

    靴のオーダーメイドをする時は目的意識を持つことが大切で、こういうものが作りたいと想像できるなら楽しむことができます。 お洒落を楽しむのを重視と足の状態をサポートするのを重視する場合では、作ると言う意味合いが全然違いますし、満足度の方向性が大幅に違いますから、自分だけの靴を作ると言うのは何の為にと言うのが大切になってきます。

    女性用の靴と男性用では違いますが、建設現場時代に靴屋さんで働いていて転職してきた男性がいて、「山崎君、靴は堅いのが良い、値段も15万くらい出したらいいのが買える~etc」と靴のレクチャーを受けましたが当時は意味が分からず、革靴なんて履くことは永久に無いと思っていました。

    話は戻りますが、靴をオーダーメイドするには目的意識、どうしたいかが一番かと思います。

    そのオーダーメイドのメリットとデメリットですが、これは目的意識が違うとメリットがデメリットに、デメリットがメリットに、そういう変化も出てきます。

    では、お洒落が目的のオーダーメイドですが、一番の喜びは他人とは異なる自分だけの一足を履ける面白さや優越感、この場合はパターンオーダーでも割りと満足できる筈ですが、パターンオーダーの場合は木型が選べませんけれど、革や色を自分好みに選ぶことができるから、仕上がりも想像しやすく製作日数も短くて済む傾向にあります。

    店頭に並んでいる靴より時間をかけて作るからこそ愛着が湧いて来るとも言えますが、木型は選べないので足にピッタリと言う訳にはいかないのがタマにキズですが、お洒落が目的なら価格などから見ても充分かと思います。

    そして外反母趾や偏平足など足の健康を目的としてオーダーするならば、木型を一からの本格的なフルオーダーが良いかと思いますが、既製品の木型のままでは使えないから完成までにお金と時間がかかるし、仕上がりも出来上がるまで想像できないがデメリットです。

    このようにお洒落か足の健康面か、どちらを選ぶのかによってオーダーメイドの種類を見極めないと、結局は既製品が良かったになります。

    特に自分の足に合わせて作る健康面タイプのオーダーは、デザイン的に美しくない状態で完成するばあいもよくありますが、足に引き起こされる痛みには耐えがたいし、既製品では足に合わない(細すぎる・太すぎる)と言う問題が起きますが、フルオーダーなら柔軟に対応できます。

    やはり、足にトラブルを抱えている方にはフルオーダーの靴は、救世主とも言えるので専門家に相談しながら自分の状態を把握して、それに合う靴をオーダーしていくのがベストです。

    それから靴のオーダーと言う場合に技として、今履いている靴が良いと言う場合は靴本体ではなく足の状態に合わせた中敷をオーダー、そういう方法もあり靴擦れが解消したり、重心を整えることで疲れにくくなるなど、中敷きのオーダーだけでも相当違います。

    また、左右で足のサイズが違う場合もオーダーメイドで相談するのもありで、左右で異なるサイズの靴をオーダーできることも多いです。 既製品でも0.5刻みではなく0.25刻みなど細かい調整ができるお店ならベスト、フィッターさんのいる大きな百貨店や靴の専門店も上手に使えれば快適です。

    普通はオーダーメイドと聞入たら高額で手が出せないイメージもありますが、世界に1つだけ=自分だけの靴の気持ち良さや快適さは言葉にならないかもしれません。

    ただし、靴やお洒落に興味が無いのであれば今日の内容は無意味、そして本格的な人には初歩の初歩で参考にならないから無意味、あくまでもちょっと気分転換してみたい方への提言です。

    あなたは靴について、どうお考えですか?

    (゚ー゚*?)オヨ?

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7 
    関連記事

    PageTop