徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    あげまん。

    おはようございます。 素敵なお客様方は今日も幸せですし昨日も幸せ、そして明日も幸せなんですが、それに気付かず幸せじゃないと言うなら勿体ない、今の幸せな毎日に気付かないなら不平不満を言って幸せを壊す未来でしかありません。

    人には素晴らしい能力があり、それは自ら何かを伝染させることです。 幸せは伝染するので幸せな人や機嫌の良い人の周りには、当然ですが幸せな人や機嫌の良い人が集まる、それを考えると悪口や不平不満を言うなら同様なレベルが集まるので、必然的に会話が悪口や不平不満になってしまいます。

    あくまでも昔と今の比較としての話ですが、昔の県北での私は人の悪口を言うのは当たり前、虐められていたから虐める奴の悪口は言ってもいいと思いましたし、助けてくれない同級生たちも酷いと思っていました。

    悪口を言う→虐めっ子の逆鱗に触れて更に虐められる→またまた悪口を言う、このように悪口を言って更に不幸になるの繰り返しでしたが、今から思うと本当に馬鹿なことばかりしていましたし、あれでは虐められても仕方がないのかなと思う部分も少しはあります。

    ただ、私の最大の善なる意地っ張りは犯罪に加担しないことで、犯罪のお手伝いを拒否して虐められたのは仕方がない、これに加担して虐められなかったとしても共犯ですから、そんなことをしていたら今頃占い師はしておりませんと言うか、犯罪をしておきながらできる筈が無いと思います。

    話は戻りますが、悪口を言うばかりで不平不満ばかり、その私が県南へ出てきて占い師になってからは極力言わないようにしよう、そういう考えにしたら今までの半分くらいになったので、やればできると思いましたがストレスの溜まることでもありました。

    悪口や不平不満になれていると自分でも言わない方が難しく、悪口を言う方が自然な生き方になっているのですから、それを止めるだけでどれだけストレスか、それでもやらなければ変われないと思いましたし、人間の脳は意識しないと自然に人を悪く言うシステムだと本で読んだのもあり、それから悪いことは言わない占い師を目指しました。

    そう宣言しても人の脳は自然と悪口を言うモノですから、悪いことを半分は言ってしまうと自分でも反省しながらの開始で、悪口配達人はやめて幸せ配達人になろうと思いました。

    この悪口配達人が側にいると開運なんて夢のまた夢ですが、自分が悪口配達人になってしまうと余計に始末が悪い、自分が悪口配達人だと除けることもできないし、自分がしたことが自分へ返ってくるので諸にダメージを受けます。

    この悪口配達人が周りにいると開運は難しくなりますが、仮に奥様や旦那様~彼女や彼氏が悪口配達人の場合も開運など夢のまた夢で、側にいる人が悪口ばかり言うのですから自分の運が良くなる筈もなく、それがダメなことなど子どもでもわかります。

    しかし、奥様や旦那様~彼女や彼氏が悪口配達人のケースは多く、それなのに気付かないから一緒になって悪口を言うか、もしくは悪口を言っていることすら気付かず聞いて耳に入れて脳へ刻み込む、それで運が悪いのは何故と言うサイクルになると不幸です。

    例えば、社内恋愛している人に多いのですが、上司が彼の悪口を言ったら彼に告げ口する、これは意外とやってしまう筈です。 上司は彼の仕事ができない部分や至らない点を注意しているだけかもしれないのに、それを悪口として伝えてしまうと彼も上司の悪口を言い始める、このきっかけを作る彼女はあげまんどころかさげまんです。

    他にも占い師をしているよくあるのが、奥様や彼女が鑑定へ来て旦那様や彼氏のことを聞き、それを悪口として旦那様や彼氏に伝える、それにより旦那様や彼氏は私のことを恨み、その思いを抱えたまま永久に生きていくことになります。

    そのような旦那様や彼氏だと相当根に持つから一生忘れない、夫婦や恋人同士でいつまでも私の悪口を言い続けます。 ところが悪口を言い続ける旦那様や彼氏の悪口は、やがて次の標的となる奥様や彼女へ向くから、今度は奥様や彼女が悪口を言われる側に100%なり、やがては喧嘩別れするのが関の山です。

    私も県北時代があるので人のことは言えませんが、悪口を言ってはならないとわかっていながら、ついつい口から出てしまうのもわかります。

    ただ、5年10年のスパンで見ると明らかになるのは、悪口を言っている方は落ちぶれていくか不幸になるか病気になるか、どれかはわかりませんが今より悪くなっている可能性が高いです。

    不思議なことに悪口は言う方より言われる方が出世するので、言われて辛いのは一時的なモノで開運の前の試練とも言え、それを通り抜けたら嘘みたいに視界が晴れていつの間にか差が付いていて、それは先へ行けば行くほど埋めようがなくなって自分が惨めになっていきます。


    占いを嫌いな人でもあげまんと言う言葉を知っていると思いますが、これは男性の運を上げる女性と言う意味で広く用いられていて、このあげまんとは身体の関係を結ぶだけではなく日常的に発生しています。

    しかも、今までは女性だけのように言われてきましたが、実は男の方だって女性の運を上げる場合があるので、あげまんとは男女両方に存在するから怖いのです。

    色々な人を鑑定してきた結果として言うなら、あげまんとはお茶しただけでも伝染していくし、同じ空間に30分いただけでも伝染していくから、運の悪い人と同じ空間にいるだけで自分の運が悪くなるのは仕方が無いとも言えます。

    運の良し悪しは付き合う人で決まる、これは恐ろしいほどの確定事項なので、良い人と付き合えば付き合う程運は良くなる、それは変えようのない事実です。

    あなたはあげまん、そう言えますか?

    ♪(o^-^)ゞ ハイ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop