徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    二次会。

    おはようございます。 素敵なお客様方は今日も元気で健康で、素晴らしい一日が存在していると思いますが、特別なことではなく何も無い日常があること自体が幸せ、人は何も無いことをつまらないと思いがちですが、何かがあれば急にどうしようとなるものです。

    運と言うのもそれと同じ、何事も無ければ不平不満を言うモノですが、幸運があってもお礼を言わないのが人の欲の部分、私も人のことを言っている場合ではなく反省の毎日ですが、良いことがあっても何も言わないのに悪いことがあるとすぐに何でと思う、これが私の悪い所で直さないといけない部分です。

    生きていると仕事でも恋愛でもトラブルなどは色々とあるモノですが、そういう時は過去に何かしたからではないかと反省、私も何かあれば自分がしてきたことが返ってきていると思うようにしています。

    人は人と出会ってそこで何かが起こる、それにより違う何かが起こるからこそ人との出会いは面白い、自分はAと考えるけれど相手はBと考える、そのすれ違いがいざこざになるのか、それとも学びになるのかの違いはありますが、人と人との出会いは相当な学びになるチャンスです。

    ただし、人と人が出会う時に注意するのはさげまん、ようは運を悪くしてしまう人のことですが、これは避けようがないとも言えるし、注意していれば避けられるとも言えるので、避けようがないのは会社が同じなどの場合、避けられるのはプライベートで関わらない様にできる場合、そういう両面があります。

    私は占い師ですから運が悪いよりは良いと言う方へ話を進めるのが当たり前ですが、さげまんとは気づかないうちにでも運の悪い方へ話を持っていくので、プライベートで運の悪い人と付き合ったりすると自ら運を壊す人になります。

    そんな人いるのと思うでしょうが、自ら運を壊す人は割と多くいて、明らかにダメなことを注意されると怒る、もしくは不機嫌になって運の良い人と距離を置くなど、真逆のことをしている場合が多いです。

    例えば、結婚式や食事会などで二次会は付き物ですが、この二次会で運を下げている人の多いこと、もしくは二次会の関係を引きずって運を悪くしている人が多い、そういう説明になります。

    この二次会とは宴会が終わった後に場所を変えて再び開く酒宴のことで、一次会だけだと物足りない場合は二次会へ突入ですが、この二次会は曲者だと言うことに気付いていない人が多いです。

    こういう話をすると、「お前だって新年会の後に二次会をしているじゃないか!」と反論されるかもしれませんが、私が開催する二次会とは場所が場所ですから、運が悪くなるどころか良くなる一方、それに私の開催する新年会に参加する人は天女の如く素晴らしい人ばかり、悪口を言って憂さ晴らしする人たちと比べる方がどうかしています。

    通常の二次会とは一次会が終わってからなので、午後9~10時頃に二件目となりますが、その頃には同じように出来上がった人たちが多い筈で、そうなると良い気分でマナーも悪くなった人たちが多い、そんな場所で運気が上がるとは思えません。

    私は新年会以外に開催する誕生日会や慰労会や10万カウンターごとの食事会、こういう時は絶対に一次会のみで二次会はしない、運の良い人たちは二次会はしないモノなのです。

    それをわかりやすく大袈裟に解説すると、どこかのセレブなお家に招かれてホームパーティーへ参加したとします。

    そういう状況だと、そのお家には良い雰囲気が流れていて、そして集まる人たちも良い人がほとんど、そんな中に居られて触れ合えて運気をどんどんと浴びたり吸収したり、自然と良い運気を身に纏うことができるようになります。

    やがてホームパーティーも終わり、そのまま自宅へ帰ればセレブなお家の雰囲気を身に纏い、そこへいた良い人たちの運気を浴びているのを部屋へ持ち込めます。 ところが二次会好きな人たちはそういうことが頭にはなく、余計なことをここからやってしまい、場合によっては人から恨まれたりします。

    どういうことかと言えば二次会好きな人たちは、セレブなお家から外へ出て駅へ向かう道すがら、「楽しかったよね~、このまま帰るの勿体ないから、どこかでお茶しない?」と、そこへ居る人に声を掛けて「じゃあ、どこか寄ろう!」となり、すぐさま仲間を作り上げます。

    そこで勇気を出して帰ろうとしても、「あれ、Aさんがいない? Bさんもどこ?」と、見当たらない人を電話で呼び戻して二次会に連れて行きます。 AさんもBさんも嫌だから姿を消しているのに、電話までされると戻るしかありません。

    そしてお店に行くと既に遅い時間帯で働いている人も疲れてきて愛想が悪く、周りのテーブルは出来上がった人が騒いでいたり、先程とは打って変わった雰囲気で運を悪くする要素があり、せっかく良い雰囲気と良い運を身に纏っているのに勿体ないです。

    これは占い師として視た二次会なので、そこまで固いこと言わなくてもは正論で、和気藹々と楽しく二次会を過ごすのを否定している訳ではないので、その辺を誤解されないようにお願い申し上げます。

    5月13日の男子会も二次会はないけれど、終了後は自宅やホテルへ戻り残っている仕事を片付けたり翌日の段取りをしたり、そういう粋な男性たちが合間を縫って集まってくれます。

    あなたは二次会、どうお考えですか?

    d(⌒ー⌒) グッ!!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop