徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    子どもの時。

    おはようございます。 今日は何の日と聞かれたら、幸せに過ごせる日と答えていいくらい、そんな素晴らしい一日の始まりとなります。 自由に動けるのは素晴らしいこと、けがや病気で不自由したら気付くのではなく、今と言う時間そのものが幸せだと気付いて下さいね。

    大袈裟に言うなら日本にいるだけで平和そのもの、女性が夜中に独り歩きしても平気なのは日本だけです。

    さて、世の中には酷い人がたくさんいて警察が無ければ犯罪は増える一方ですから、どんどんと人間は堕落して言っていると未来に不安を持つ人が増えています。 そんな質問がある度に悲しくなりますが、昔よりも人情が薄れてきて自分だけ得すればと言う人が増えているのは事実です。

    何故なら、人口の増加と共に無礼な人が増えるのは当たり前、分母が大きければ文句も同様に増えて行きますが、ここで数学的なことを言うなら100人に1人マナーの悪い人がいるのと、1000人に10人マナーの悪い人がいるのでは、どちらも1%だから同じとなります。

    これは数学的なことを言うならその通りですが、実際の人間のマナーの良し悪しに当てはめると大違いです。

    公共の場所で100人のうち一人がマナー違反をしても真似する人はいない、逆に顰蹙を買うだけですが、1000人のうち10人のマナーが悪いと話は別で、10人がマナーの悪いことをしていると、自分もしても平気かなと言う気持ちになります。

    これが世間で言う「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」で、悪いことだとしても他の人がしているのを目にすれば、それも一人ではなく複数がしているのを見れば自分もしても平気、そういう心理になってくるので、同じ1%がマナー違反をしたと言う話になっても1000人に10人だと悪影響は広がるのです。

    素敵なお客様からの質問で、「人はいつから悪いことができるようになるのか?」は凄い質問で、宗教やDNAなどを全て吹っ飛ばす一言で、どこから悪くなるのかは誰にもわからないとも言えますし、それがわかって説明できる人はノーベル賞が余裕で取れると思います。

    子どもは生まれた時は純真無垢なのに、いつから悪くなっていくのか、占い師として答えるならいつの間にかとしか言えません。 風邪を引いた時にかかった瞬間と治った瞬間が誰にもわからない、いつの間にかなっていつの間にか治ったのと同じです。

    保育園や幼稚園にいる子どもを見るとほとんどの子どもが純真無垢ですが、5~6歳くらいになると既に悪い考えの片鱗が出ていたり、狡いことが平気で出来る基礎ができていたりします。 これが小学4~5年生になると万引きや暴行や窃盗なども平気でするし、変な言い方になりますが中学生ともなれば立派な犯罪者常習者もいます。

    またまた、占い師からの視線で言うなら子どもが悪くなるのは親の教育が全て、どうしてもそう視えてしまうのですが、子どもの時から愛情豊かで甘えさせてあげることと教えることを両方きちんとしていたら、悪くなることは無いように視えてしまいます。

    ただし、それには親自体の人間性や強要や人格なども影響するので、子どもが悪くなるのは全て親(系譜)のせいとも言えると思います。 難しいご質問なので結論は出ないと思いますが、それを考えて行くだけでも違うと思います。

    昔が良かったなんて言いませんし、時代が違うのも重々承知した上で言うなら、昔と今で特に違うのは公共の場における子どもの扱い方です。

    東京で鑑定していると帰国子女やインターナショナルスクール、そういう教育を受けた人々の話を聞くと日本の教育は本当にあかんと思えますが、学校の先生自体が君が代反対など反日教育をしているのですから呆れます。

    例えば、海外の人が公共の場での親や周りの大人の反応に違和感を感じていますが、それは子どもなら何をしても許されると言う考え方に納得いかない、そう質問されて返答に困ります。

    公共の場で子どもが騒いでいるのを親が止めないのに違和感、その子に注意したら親が怒るのに違和感、子どもがしたことは何をしても優先に違和感、外国の人を鑑定する時に聞かれて困る質問の一つです。

    日本だと公共の場で子どもが騒ごうと放置しないと心が狭いと思われる、そう答えているのですが、子どもだから仕方が無いなんて言おうものなら海外の方より、「公共の場では静かにすることを教えるのが教育ではありませんか?」と更に聞かれます。

    アメリカなどの高級レストランは子どもがお断りですが、それはマナーと教養を身につけて、その場にふさわしい行いができる大人になってからお越し下さいと言う意味です。

    しかし、日本でこのようなことをしたらクレームの嵐、差別じゃないかとか、こっちは客だぞと騒ぐ親が出てきて大変なことになりますから、子どもの教育は大人がすると言う当たり前が無くなっているのが今の日本です。

    親が無理を通したら子どもや奥様に良い顔ができる、そういう無理を通すことが自慢と言うレベルの話が巷に溢れている以上は、子どものマナーの低下は延々と続きます。 その子が大きくなって子どもを持つようになったら、同じようにマナーの悪いことしか教えないのですから、マナーの悪い大人がマナーの悪いこどもを育てるとしか言えません。

    その脈々と続く系譜をどこで断ち切るか、それは自分であると断言するなら断ち切れますが、親がしていたから悪いことでも正しいと言う考えでは断ち切れない、私は自分の親がしていたことはだめだと言い切れるし、県北の教師は子どもへ教える資格が無いと言い切れます。

    親や教師に注意できるか、上司や社長に注意できるか、昔の私はできないで今の私はできるです。

    あなたは子どもの時、純真無垢でしたか?

    キョロ (゚ρ゚≡゚ρ゚) キョロ

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop