徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    断る勇気。

    おはようございます。 今日も朝から良いお天気で素晴らしい一日を予感させますが、仮に雨だったとしても水が増えることで草木が潤うから良いこと、何をどうしても良いことを言う癖をつけておけば、悪口や陰口を言うのも憚られるので運が悪くなる訳がありません。

    悪口や愚痴を言ってはならないと思いつつも、つい口から出てしまうのが人間で、大変な時にたまには言うのもストレス発散ですが、それを常に口から出していると良いことにはなりませんから、どこかで歯止めをかけないとダメかと思います。

    人は上を目指していけば上に行きますし、下を目指しても下へ行ける、どちらを選ぶにしても自分次第で変われますが、悪口を言えば言うほど悪口仲間ができてしまうモノです。

    最初は心地好く感じるかもしれませんが、自然とうまく行かなくなって運命の歯車が狂い始めます。 うまく行く時と行かない時の差は自分の考え方で変えることができますが、嫌なことは嫌と言う~悪口は言いたくないと断るのも大切です。

    日本人は良い人が多いので遠慮すると言うのが、実は遠慮しすぎて騒ぎを広げてしまうことも多々ありますが、遠慮して犯罪に加担するなどになるとシャレになりません。 もしも、私が県北時代にNOと言わず犯罪に加担していたら、今頃は棺桶か刑務所しかありません。

    断る勇気さえあれば誰にでもできることですが、私はやらないと言って殴る蹴るの虐めを受けましたが、その時は嫌で嫌で仕方がなかったけれど今は良かったと思えるので、本当に犯罪に加担しなくて良かったと思えます。

    これは素敵なお客様方の会社でもよくあるケースかもしれませんが、行きたくも無い飲み会に誘われて行き、そこで悪口大会になって自己嫌悪に苛まれるくらいなら、行かずに欠席裁判になって悪口を言われる方がましかもしれません。

    この断る勇気があれば揉めないのに、断らないばかりに揉めることがよくあります。

    相手の為を思ってしていた筈なのに実は相手が嫌がることだったり、相手の機嫌を損ねないように相手の要求を受け入れることで自分が苦痛になったり、根底には相手の為と言う思いからすることなのに、それがどんどんと自分を苦しめる状態になったりします。

    これは相手に対して正直に言わないと後で自分が苦しくなるの典型で、先程の会社の飲み会にしても行かないと言えば1回で済むのに嫌々でも参加し続けると、今度は1回休んだだけで「あいつは付き合が悪くなった」と欠席裁判になります。

    ところが断る勇気を持って最初から飲み会には参加しないと決めておき、年末の忘年会など1年に1~2回だけ参加するようにすると、今度は参加する行為自体が「参加してくれるの? ありがとう!」とお礼まで言わます。

    このように自分がしたくないことを一生懸命にして悪く言われる、自分がしたいようにして極稀に相手の言うことを1回だけ聞いたら感謝される、どちらのが良いかは自分の選択次第です。

    遠慮や気遣いから自分が苦労する、本当は良いことをしている筈なのに相手も自分も苦しくなる、そうならない為にも良いことばかりではなくたまには逆のこと、その断る勇気を持つことで一時的に悪く言われるけれど後から楽になります。

    基本的に妬みで渦巻く人たちはすぐに悪口仲間を作りたがりますが、本来の人間社会とは個々が才能を活かせる場所で輝き、そしてお互いを認め合い尊敬しあう、そうやって慣れ合いはしないけれど切磋琢磨できて、次に会う時はもっと輝いた姿で会おうが理想です。

    日本人は優しいから相手の要求を呑むことが美徳と思いがちですが、相手の要求を呑むと言うのは自分が損すること、自分が損するとは言い方も変ですが、相手の要求が通るとは自分の要求を引っ込めることです。

    自分の中にある会社の飲み会に行きたくないとの要求を引っ込めて、会社のお飲み会に参加するのは相手の要求を通すこと、無理ばかり通していたら身体に異変をきたしても仕方が無く、やりたくないことはやりたくない、そう決めてしまわないならズルズルと相手の要求に従って身体を壊すことになりかねません。

    断るのも最初は勇気が必要ですが、断らずに嫌な思いをするのか、断った後で爽快な気分になるのか、どちらも自分で選ぶことができます。

    嫌々しているのに相手は良いことだと押し付ける、そうなると自分も恩着せがましく物言いをして相手もカチンとくる、それの繰り替えしの人生でいいと思うなら迎合するしかありません。

    しかし、それが嫌なら勇気を出して断る、それも相手に分かるように断って絶対に折れないし曲げない、そうしないと元の木阿弥です。

    私も年末に一つ大失敗をしましたが、既に終わっているから答えないと決めていたのに、つい情に絆されて善意のつもりで答えたら悪意に取られるばかり、やっぱり私はアホやなと自分の愚かさと信念の無さを痛感しました。

    何があろうとも答えたくないことには答えない、その強い意志を持たないとろくなことになりません。 いくら思いやりとか優しさとか人情と言った所で、傍観者は行動する人を非難して楽しむもの、自分の思う通りにならないと怒るオコチャマレベルです。

    私も未熟だからダメなことやできないことや失敗することだらけで、そういう自分のダメダメなところをネタにして、それを見た人が笑いと共に生き方の参考にして頂けたなら、私の失敗談も役に立つので嬉しいです。

    最後に3月25日の誕生日会ですが3時間があっと言う間の楽しさ、11名の素晴らしい方々にお集まり頂き本当に感謝です。 県北時代からは考えられない世界で、素敵なお客様方のおかげで本当に素晴らしい時間をありがとうございます。

    来年もやるので参加してみたい方は募集開始したら、遠慮なくお気軽にお申し付け下さいませ。 抽選なので全員と言う訳には行きませんが、誕生日会と言う名の懇親会を楽しんで頂ければと思います。

    あなたは断る勇気、身に付けていますか?

    ヾ(・・ )ォィォィ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop