徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    都市伝説。

    おはようございます。 素敵な恋愛から幸せな結婚へと願うのであれば、それは叶わぬ夢ではなく叶う現実だと信じてください。 願いが叶うと言うのは自分を信じることがスタートで、そこから先は願いが叶う道と叶わない道の選択肢の中を歩き続け、叶う道を選択し続けた人だけが満願成就のゴールへ辿り着けるのです。

    恋愛をしたい気持ちは男女に関係なくありますが、それは出会いから始まるのであり出会いも無くスタートなんてあり得ません。

    人は人と出会うことから何かが始まり、その何かが恋になる時もあれば仕事や人生に関わることもあります。 人は人と出会わなければ何も始まらないので、人と出会った時には良いとか悪いとかの感情も含めて、話をするしないなどのキャッチボールも大切なのです。

    一番ダメなのは無視することで、せっかく人と出会ったのに意思表示もしなければ目も合わせない~返事もしないとなれば、出会いではなく居合わせたと言うだけになってしまいます。

    都市伝説的になってしまうかもしれませんが、人との出会いは偶然が偶然を呼んで思いがけないことへ繋がる、それこそが運命の面白いことだと楽しめる人は素敵な恋の予感が始まるはずです。

    私は色々な方の御相談を受けておりますが、凄いなぁと言う出会いだけが恋の始まりではなく、普通の生活の中で些細なことから始まる恋こそが結婚へと繋がることが多いです。 特別な出会い方が良いのではなく、普通の出会い方が普通の生活へとなるのも決して悪くはありません。

    出会いと言うのは本人が意識すれば全てが出会いなのに、出会いだと認識しないから出会いでは無くなってしまう、これは一つのチャンスを減らしてしまうから勿体無い話です。

    以前もブログへ書いたことがあるのですが、「仕事で遅いから出会いがない」と言うのは少し違います。 長くなるので前回と違い省略バージョンで書きますが、あるAさんと言う女性の話は参考になると思います。

    そのAさんは都営浅草線利用の銀座で毎日遅くまで働いている方で、家と仕事場の往復で出会いが無いと同じように考えていたのですが、月末の追い込みで終電ぎりぎりまで働き終電へ飛び乗ったAさんに運命の女神は微笑みました。

    銀座駅から西馬込駅に向かう電車の中で疲れていたせいか、Aさんは立ったままドアに寄りかかりウトウトしていました。 泉岳寺駅で電車が止まりドアが開く時にAさんはバランスを崩して倒れそうになりました。 その時に「危ない!」と支えてくれた男性がBさんで、取り敢えず電車を降りて駅のホームへ立ちました。

    Aさんは恥ずかしいやら~慌てるやらでしたが、Bさんにお礼を言って「あっ!」と気が付いたのは終電だったことです。

    Bさんはニコニコしながら「今の終電ですよ、これ良かったらお使いください。」と言って1万円札を出しました。 Aさんは月末で忙しかったこともあり現金が無かったので、ありがたいけれど知らない人からお金は行け取れないと迷っていました。

    Bさんは「じゃあ、これ僕の名刺です。 怪しいモノじゃないので、機会があれば返して下さい。」とお金と名刺を渡して、さっさと行ってしまいました。 タクシーの中で名刺をよく見るとBさんは某銀行に勤める男性で、翌日電話を掛けてお礼とお金を返すことを話すと、日比谷公園で待ち合わせと言うことになりました。

    AさんはBさんにお金を渡してお礼を言いましたが、Bさんは受け取らずに「元々なかったお金だから、これで食事でも行きませんか?」とBさんに誘われました。

    Aさんが「女性に慣れてらっしゃるんですね?」と聞いたら、Bさんは「清水の舞台から飛び降りるつもりで誘っているんですが、そう見えませんか?」と真剣に言うので、Aさんは笑いながら「Bさん、面白い人」と食事をOKしました。

    それからお付き合いが始まり紆余曲折ありましたが、今は御結婚されて幸せな生活を送られています。 この話は私が東京出張を始めて半年ほどしてあった実話ですが、恋と言うのは突然に始まるからこそ恋と言うのです。

    私は出会いなんて作りやすいと考えていますが、出会いは偶然でも出会った後に恋のきっかけ作りは女性からする方が容易いのです。 男性が女性に声を掛けても無視されてスルー率99%ですが、逆に女性が男性に声を掛けた場合は99%の男性は何らかの反応を示してスル―はしません。

    今は肉食系女子と言う言葉があるけれど、男性よりも女性の方が強い時代に突入しているから都市伝説のような話だとしても、それを都市伝説のままとするか~実話とするかは腕次第なのです。

    出会いが無いと言う御相談に対して私は逆ナンの方法を伝授しているのですが、出会いと言うのは女性が作るのは割と簡単です。 ホンの少しの勇気があれば意外と簡単で、逆ナンだけれど男性の方から誘ったように仕向ける、そういう作戦と言うか方法はあります。

    ただし、方法はあるけれど「実際に行う勇気」と言うのは、自分自身が奮い立たせなければならないのです。 最近でお勧めする方法は「スタバで逆ナン作戦」ですが、これは別にドトールでもタリーズでもいいので、論より証拠でやってみるべきかもしれません。

    あなたは都市伝説を、実話にしてみたいですか?

    (≧ω≦)b OK!!
    関連記事

    PageTop