徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    寂しい生き方。

    おはようございます。 一日の始まりは朝の目覚めからですが、その目覚めが当たり前と思うこと自体が贅沢で、目覚めることができるのは奇跡で幸せなこと、本当にありがたいことなのに当たり前と思ってしまう、そんな贅沢を言っていると運命が味方をしてくれなくなります。

    今日も変わらない朝と思っているなら間違いで、今日は人生の中で二度と来ない大切な日、変わらないように見えても今日は今日だけのこと、大切な一日をだらだらと過ごしていると、明日もだらだらと過ごすだけの時間潰しになるのは勿体ないです。

    だらだら過ごすから毎日をつまらないと思うだけで、つまらないのではなく自分が面白くできないだけと考えてみる、それをせずに世間が悪いと内に籠るから余計に楽しくない、つまらなく見えても自分には思いもよらない楽しさがある、そういうことを発見出来たら嬉しいと思います。

    人生は短いから、その短さの中で前半と後半のどちらが幸せを選ぶかと問われたら、多くの人は後半を選びます。 それは人生が30代後半から勝負できる証、人生の前半は生まれた環境で形作られますが、後半は自分のしてきた結果で作られるから、人生は後半からでも勝負できます。

    褒められない=注意されない、褒められる=注意を受ける、この法則を理解していると注意を素直に聞けるようになり、目の前で注意してくれるなんてありがたいと思います。 そうなれば良い方向へ進みますが、誰でも嫌いな人には注意しないしミスしていても教えません。

    ただし、注意する時に優しく丁寧に注意しないと誰でも人に図星を言われると痛い、だから褒めながら注意の流れにすると相手を怒らせる確率が減るので、今の時代は注意する側の人間性も問われ、正しくても非難される場合を考えながら注意が正解です。

    誰かに注意されたら直すだけで更に良くなる暗示、今は許容範囲が狭い人が増えて注意されたら全てを否定されたと逆恨みする人も多く、素直さを心掛ければ教えてくれてありがとうとなる筈なのに、誰からも注意されない生き方だと裸の王様は確定です。

    その良い例が、教師や親が子どもへ注意する時の態度で、子どもなら何を言っても良い訳ではありません。 ダメな大人が大人と言うだけで子どもに注意するのは嫌な思いが増えて大人に失望します。 その捌け口がネットに匿名で誹謗中傷など卑怯な弱い者虐めで、子どもたちには素晴らしい才能や未来があるのに、誰か師匠に会えれば人生は好転できるのに勿体ないと思います。

    大人になって行く過程や歳を重ねる過程で恩師と呼べる素晴らしい人物に出会えたり、二度と会いたくない最低の人に出会うことで人はどちらも学ぶ、生きて行く時間の中で良い人や悪い人に出会う、それなら良い人(素晴らしい人)と出会う人生の方が素敵です。

    周りにいる大人たちの都合に振り回されないことを悟るのは早い方が良く、感情次第で態度を変える大人はどこにでもいるから、そんなくだらない大人に自分は振り回されないと決めれば、余計な被害に遭わないことを意味します。

    相手の知性や教養を見抜くのは簡単なこと、その良い例が相手を貶すことは誰でもできるけれど、相手の長所など色々なことを褒める(認める)のは難しい、目の前にいる人を褒めて褒めて喜ばせる、相手の悪口なんて嫌な思いをさせた上に自分の運まで悪くします。

    人生には限りがあるので時間とは自分の命そのもの、その大切な時間を嫌いな人の為に使うより好きな人の為に使う方が幸せです。 自分の未来を夢や希望で埋め尽くすのは良いけれど、わざわざ妬みや嫉みや僻みで一杯にしなくていいと思うのです。

    基本的に鑑定で悪いことを言わないように努めているのは、悪い未来を回避する方法が無い場合が多く、悪い未来が回避できないなら言うべきではない、手からパワーが出て癌を治せるなんて淡い期待を持たせる方が酷な話で、できないなら言わないのも思いやりです。

    目の前の人(親・兄弟・友人・恋人)が明日も生きている、その保証は誰にも無いのに「また、今度でいいか?」と思う人が多いけれど、映画やドラマなら時間を巻き戻してくれますが、実際の時間とは通り過ぎていくだけ、目の前にいる大切な人を今大切にして欲しいです。

    人には色々な考えもありますが、病気の子供たちや辛い状況の子どもたちに芸能人のサインを貰いプレゼント、それで元気が出るなら良いことだと思いますが、それを批判する人たちが必ず一定数以上いて、それを見る度に自分が貰えないから妬んでいるとしか思えませんが、そんな狭い考えにならない様にと自分への戒めとして良い学びです。

    人は未来を知りたがりますが、自分の好きな人に振られることがわかる、自分の好きな人が亡くなるのがわかる、自分が貧乏になって苦労の連続になるのがわかる、未来を視るとは必ずしも良いことばかりではなく、そういう不幸になる未来を視ることにより、それを回避できないことを受け止める覚悟も必要です。

    好きな人が亡くなっていく未来に対して何ができるのかと言えば、それは思い出を一緒に作って行くこと、それも良い思い出だけではなく苦労も試練も含めた素晴らしい思い出作りを一緒にする、お金や物では埋められない思い出を一緒に築き上げていく、それが悔いの無い生き方のお手伝いでもあります。

    思いやりは貯金できるもので、おまけに運を良くすると言う利子まで付くもの、そして引き出す時には誰かを喜ばせる為に使えますから、心に思いやりが無い人とは関わる必要が無く思いやりが溢れる人と縁を繋ぐと吉です。

    寂しい生き方をしている人には陰がある、それも人を不幸にする為の怨念がおんねんで、その陰険で卑劣な精神を持つ人と関われば自分も返り血を浴びることになるので、人の悪口を言う人が寂しい生き方になるのは自業自得です。

    あなたは寂しい生き方、どう思いますか?

    ☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    東日本の方は東京事務所へ、
    西日本の方は倉敷事務所へ、
    予約をお入れ下さいませ。

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop