徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    働く。

    おはようございます。 今日も素敵な目覚めから一日が始まり、出勤して働いて多くの方々との縁ができて、そこから先へ更に繋がる何かがあるかもしれない、そういう縁は働いているからこそ、成人になったら働くのは当たり前で国民の義務でもあり、「働いたら負け」と言う言葉を目標にする男はダメです。

    働くとは国民の義務として、日本国憲法において日本国憲法第27条第1項に勤労の権利と並んで置かれた義務規定で、教育・納税と並ぶ日本国民の三大義務です。

    つまり、働いていない人は国民の義務を果たしていない非国民で、生活保護の人が「金額が少ない!」と国を訴えるなど言語道断、ただ貰うだけの人が権利だけ主張するなど大人として恥ずかしいと思わないのが間違いです。

    生きているとは色々な意味があるとか、人には存在する為の使命があるとか、生きる為の理由を探したくなるのが人間ですが、生きている理由なんて誰にも分からない、強いて言うなら誰かの役に立つくらいです。

    誰かの役に立つことで相手が喜ぶ顔を見る、それが人の生きる原動力になるもので、人を騙したり、人を不快にさせたり、人を損させたり、相手に嫌がらせをして生きていると、いつかは自分にお釣りが返ってきて困ることになります。

    私自身が自堕落的な生き方をしてきたから反省しても反省しきれないくらいですが、恥ずかしい生き方をしていると自分が歳を取れば取るほどツケを支払う、仮に今世でツケを支払わなくて済んだとしても、来世で必ずツケを支払わされます。

    働くとはお金を稼いで自分で生きること、自立すると言う大人の階段を一歩昇った証、そうして社会の仕組みを学んで大人の良い面も悪い面も見て成長していく、そうして人格形成などができたら恋をして家庭を持ち、その次の世代へと社会を繋いでいくのが生きることになります。

    働く意味とはあると言えばあるし、ないと言えばないのが答え、人は誰しも必ずやりたい仕事ができるわけでもないし、やりたくない仕事の方が多いかもしれないし、やりたくないことをやってお金を稼いでいる方が多いかもしれない、そういう中でも働いている人は本当に立派で尊敬に値します。

    世の中には多くの職業がありますが、職業に貴賤はありません。

    一流企業だと偉い、国家公務員だと偉い、政治家だと偉い、社長だと偉い、ところが事務員だとダメ、掃除夫だとダメ、建設現場作業員だとダメ、そんな感じで職業により見下すのは人としてどうかと思いますし、どんな職業でも必要とされているから存在するだけで、そうでないなら消えてしまいます。

    例えば、昔は船頭さんが川を渡していましたが、あちこちへ橋が掛かると船頭さんはいらなくなって減少、今では海にすら橋が掛かってフェリーですら死活問題になってきています。

    他にも伝統的な仕事はどんどんと失われていきますが、必要とされなくなったら居場所がなくなり淘汰される、それは仕方が無いことですが、懐かしさが失われると言いつつ自分も利用しない、そうなるとやっていけないから他の仕事をするしかない、仕事は栄枯盛衰です。

    今ならネットビジネスも花盛りの職業で、ネット通販ができたおかげで店舗が無くても営業できたり、人通りの無い死んだ商店街のお店もやって行けたり、更には元手も何も必要のないアフィリエイトなどクリックさせて儲ける商売もあり、昔と今では職業の多様化と同時に考えられなかったことが仕事になる時代です。

    ただし、どの仕事もそうですが栄枯盛衰の流れはいつの世もあり、今は良いけれど未来ではどうなるかわからない、そういう過去に起きたことが未来では形を変えて起こる、それは人知を超えた部分なので誰にも予測はできないことです。

    しかし、働くとは必要とされること、楽してお金を稼ぎたい思いでいるなら、それは誰かの役に立つ部分での喜びが無い仕事です。 誰にも喜ばれないし相手にされないけれど、お金だけは稼ぐと言う状況になった場合、それは本当に人として充実していることなのか、それを考えるとそうではないと思います。

    料理人が美味しい料理を作って、それで食べに来た方が「おいしい!」と喜んでくれる、介護士がリハビリのお手伝いをして利用者さんの身体が動くようになって退院する、アパレルが服を販売してお客様が喜んでくれる、そういうお金以外の部分での喜びが無ければ、仕事をしても心がどんどんと荒んできます。

    心が荒んだ人は助けようがない、何故なら、謝罪しようが、取り繕おうが、御機嫌を取ろうが何をしても拒否する、しかも、そういう場合の多くは拗ねている方が間違い、もしくは御機嫌を取っている人の方が格上や人格者の場合がほとんど、心が荒んだ人は相手にしても仕方が無い、間違った方が偉そうにして正しい方が腰が低い、そういう矛盾で生きるのは時間の無駄です。

    もし、結婚したいと思うなら男女関係なく心が荒んだ相手を選ばない、心が荒んでいる人の攻撃は「今は違う相手だけれど、そのうち、あなたになります。」と言う現実、そこを忘れてはなりません。

    楽して金儲けをしたい、そういう人に共通するのは自分を否定されたり、少しでも自分の意にそぐわないことを言われると一生根に持つ、そして執拗に粘着して相手を攻撃しまくる、それも自分に被害が及ばないように匿名で陰からこっそりとする、それがあなたの彼や旦那だったら誇らしいと尊敬できるかどうかです。

    働くとはお金の為だけではないし、生産性の無いことや喜びの無いことでは稼げても一時的、メンタルが弱い人は批判に弱いからしつこく他人を攻撃するしかない、そうなると働くどころか引き籠りになる未来しかありません。

    最後に、鑑定に来た方で千社札シールをご希望の方は、鑑定の時か、倉敷事務所まで返信用封筒をお送り下さいね。 (無くなり次第終了です)

    そして秋のパワースポット巡りは「10月15日(日)の午前8:45集合」で、集合場所は木~土のブログかTwitterにて発表します。 所要時間は20分前後、集合写真を撮るので写真不可の方は御遠慮下さいね。

    なお、雨天中止で少しでも雨が降ったらお茶会に変更、せっかく遠征組の方もいるので、雨でも現地へ来た方々でカフェなども検討しています。

    終了後は旧交を温めるなり、知り合いを作るなり自由行動ですが、異性の連絡先交換は私の目の前でお互いの同意がある場合のみ、嫌がる相手に強要するのはおやめ下さいね。

    あなたは働くと言うこと、どう考えますか?

    (o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop