徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    嫌いな人の幸せ。

    おはようございます。 いつも素敵なお客様方には、きっと良いことがてんこ盛り、悪いことなど一つも無いとは言いませんが、総じて良いことが多いと思います。 そう言い切れる、その理由は素敵なお客様方が、人の悪口を言わないからです。

    「お前が言うな」なのは重々承知の上の話となりますし、人のことは言えないと言うことが前提でのお話ですが、昔の私(県北時代)は人の悪口ばかり言っていましたし、もしもネット環境が整っていたなら、匿名で人の悪口を書きまくっていた筈です。

    県北時代はアルバイトなど無職も同然で暇でしたから、当然ですがアカウントを作って掲示板やブログなどに人の誹謗中傷を書き込み、そして自分の方が遥か下のくせに上から目線で、「あなたは馬鹿です~なんたらかんたら~」と、誹謗中傷をして悦に入っていたと思います。

    悪口を言うなと言われても悪口を言うのは楽しい、悪口を言うことでストレス発散、そういう側面があるのも否定はしません。

    しかし、私自身が悪口を言い続けてきたからこそ分かりますが、悪口を言うことで良いことなど一つもありません。 寧ろ、逆に自分へ悪いことが起こるのを気付けたなら、それで一つ成長できたとも言えます。

    私は占い師なので自分を運が悪いとは言いませんが、県南へ出てきてからは「私と縁がある人は強運の証拠」などと言ってきて、実際に私と縁がある人は運が良くなるとも信じています。

    さて、ここからが本題ですが、「では、どうして運がいいのか?」で、運の総量は決まっているから使えば減るし、どこかで補充しない限りは減る一方となってしまいますが、減る運を補充するならどこかからか運を持ってこないといけない、「じゃあ、どこから持ってくるの?」と、堂々巡りで分かっていませんでした。

    私は占い師として未熟者ですから常に勉強の日々ですが、この悪口に関することは2017年4月下旬くらいから気が付いたことで、「今頃気付いたの?」と言われるかもしれませんが、気付いてからと言うもの悪口は怖いと思うようになりました。

    運と言うのはキャパシティを上げない限り、100の人が50使うと残りは50、だったら50はどこから持ってくるのか、それについて私自身を例に取ると・・・?

    まず、「山崎は当たらない」とか「山崎は馬鹿」など誰かが悪口を言えば、その悪口一つに付き10の運が私へ貯まる、そして悪口を言われることに反論しなければ10貯まるから合計20、更に悪口を言われることで過去に犯した罪が一つ消えて、今現在の私に纏わり付くものを一つ浄化、これが運の貯まる仕組みの一つです。

    私は県北時代に虐められたので、小中学校で虐められた分の運、工場時代に虐められた分の運、建設現場時代に虐められた分の運、そして占い師になってからも事務所を借りる時に商店街や駅ビルや○○屋などから受けた嫌がらせの分の運、占い師としてリアルでもネットでも誹謗中傷された分の運、これらを足すと膨大な量の運が味方に付いていてくれます。

    それに冷静に考えると占い師になってからと言うモノ、一度も事故や病気や怪我に遭ったことが無い、もう10年以上も占い師をしているのに一度も休んだことが無い、これは自分の力ではなく目に見えない部分の助けがあったからこそ、私の誹謗中傷をしている人たちが身代わりになっているから、病気も事故もケガも何も起こらないと言う幸運が常にあります。

    そして微力ではありますが、素敵なお客様方を鑑定させて頂いた時、もしかして「良かった!」と思われた方がいるなら、その喜ばれた分だけの運が補充されます。 後は微力ながら寄付やボランティアなども、ひょっとして加算されているかもしれません。

    これらを全て足して(プラスで)考えてみると、私が運の良い占い師でいられるのも皆様のおかげで、これらを減らさないように使った分だけ補充する、そして幸運を素敵なお客様方にお裾分けして喜んで頂けるなら、もっともっと相乗効果でお互いが良くなれると思います。

    私は悪口を言われて辛いかと言われれば、正直、県北に比べたら天国みたいなもの、あの県北時代の地獄のような体験があるから悪口程度は人畜無害、鉄パイプで襲撃されたり周りを囲まれて殴る蹴るの方が余程嫌で、悪口を匿名で吠えているかまってちゃんなど幼稚園児がニコニコしている程度です。

    ここで悪口対処法と言うか馬鹿なことは止めましょうと言うお話ですが、あなたに取って悪意のある悪口を言う人がいたとして、それをわざわざ見に行く行為自体が愚かなことです。

    あなたの悪口を言う人は間違いなくあなたの悪口や誹謗中傷を言う人、その人に近付くと100%あなたの悪口を聞く(見る)ことになります。

    ここまで読んで分からないなら、もう一度、「あなたの悪口を言う人をあなたが見に行くと、その人は必ずあなたの悪口を言います。」と、これでも分からない人はいないと思いますが、あなたが自分で自分の悪口を見に行って(聞きに行って)気にしているだけです。

    基本的に悪口は人畜無害の理由ですが、あなたの悪口を信じる人は言う人たちと同じレベルだから元々仲良くできる人ではなく、逆に信じない人はあなたの味方なんだから今後もあなたの味方として仲良くできます。

    つまり、あなたの悪口を言う人たちは、そして悪口を信じる人たちは、あなたが一生関わらなくていい人ですよと教えてくれています。 そんな人たちと関わる時間が省けて助かった、そういう人たちが来なくて良かったが運命から見る真実です。

    私の運が良いのは素敵なお客様方と出会えたからで、その素敵なお客様方が幸せになることに全力投球で、私のことを嫌いな人は来ないから余計な力を余計な方へ使わなくて済むのは天国です。

    ここまで読んだら悪口を言われる方が幸せになる仕組みが分かったと思うので、今日から「悪口を言ってくれてありがとう、未来で起こる事故・病気・怪我などあらゆる不運を引き受けてくれて、ありがとう!」と、一日に好きなだけ言って感謝すると、ますます悪口を言われるだけで良いことが起こります。

    ホント、悪口は怖いと言うのを、4月下旬から視てしまったので怖いです。

    あなたは嫌いな人の幸せ、祈ることができますか?

    ハイ(^-^")/

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop