徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    マナーの良し悪し。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様は人に必要とされる人生の始まり、朝起きてからのあなたは必要とされている人、人から必要とされずお金を使う時だけありがとうと言われる人生の人も多い昨今、素敵なお客様方は本当に素晴らしい人々です。

    さて、生きていると色々な人と触れ合うケースは避けられない、会社は勿論のこと電車やデパートや道を歩くなどもそうですが、そういう人と関わらざるを得ないところではマナーと言うのが気持ちいいかどうかを分けます。

    マナーの悪い人と遭遇して、自分が被害に会えば気持ち良くは無いし、更にはそのマナーの悪さを目にするだけでも気持ち良くない、マナーの悪い人は二重三重に嫌な思いをさせる人でもあります。

    そして残念なことにマナーが悪いのは今時の若者に多いのではなく、今時の大人(オジサンやお爺さんたち)」の方がマナーが悪い、昔なら年配の人が若い人にモノを教えるでしたが、今は若い人に年配の人が注意されて逆切れすることが増えています。

    2017年の時点で40歳以上の人は自分の行いに注意しないと寂しい人生になりますが、40歳以上で人が離れて行ったら復活は無理、見栄を張る人や嘘吐きは別として、マナーの悪い人が友人知人が増え続けるなんて見たことも聞いたこともありません。

    以前なら団塊の世代のマナーが悪いと言えましたが、今は40歳以上とアバウトにしか言えませんが、それはマナーの悪い人が満遍なく増えているので世代別や年代別では分けられない、40歳以上でマナーが悪い人は変われないから、その辺りをしかたなく基準にしているだけです。

    自分より若い人間の言うことは馬鹿にする、自分が一番で自分の意見が全て正しい、そんな自分に意見をしてくる無礼者は許さない、その割には自分から見て地位や権威のある人には平身低頭、その変わり身の早さはコントです。

    そして自分が見たことがないことや知らないことは、全て愚かな人間がやっている馬鹿なことで見下す、わしが中心で人の話を聞かずに自分が一番思いこみ、自分が追い詰められると不機嫌になり怒鳴りまくる、それで気まずい空気になると逃げる卑怯者、そのくせ上から目線で他人を馬鹿にするし、自分の意見が通らないとすぐに怒ります。

    何かと言えば「お前の為を思って~」と余計な親切の押し売りをするし、お金を払えば何をしてもいいと言う姑息な考えを持ち、こっちはお客だとの特権意識で罵倒します。

    会社での立場が世間でも通用すると思い込み、家でも妻や子どもを部下扱いするし、近所の寄り合いや同窓会に出ても自慢は会社内でも働き、もしくはとっくの昔に卒業した学歴のみ、人間的に成長できていないから自分でご飯が作れなかったり、奥さん任せでようやく生活できるレベルです。

    世の中は自分の力で生き抜いてきた実力者程、腰が低くてマナーが良いけれど、会社にぶら下がってきた人程、口だけ動かして人を使おうとする卑怯者になる、自分が恥をかくのは嫌なくせに人には恥をかけと言うようなものです。

    40歳以上の人でも、マナーが良くて尊敬できる人はたくさんいますから一概には言えませんが、団塊の世代や団塊の世代ジュニアなどを始めとして、歳を取った人が尊敬されない行為をしている現実に若い人たちは呆れています。

    私は歳を取った気に軽蔑されるような生き方はしたくないし、若い人々のお手本になる生き方をしたい、そうなる為にも人に迷惑を掛けないマナーの良さは日頃から心掛けていないと無理、勿論ですが人の悪口を言うような人間は最初から論外です。

    先日も飛行機で東京から岡山へ帰ってきましたが、実は飛行機の最前列は上級会員がほとんど、一般の人が抑えられない座席も自由に取れますが、そうなると特権階級意識が出てマナーの悪い人が増えるのも当たり前です。

    一つ例を出しますと、最近、同じ便でよく会うおじさんがいて、そのスタイルは後ろで括ったちょんまげヘアー(団子にしている)に髭、ジーンズにスニーカーにTシャツと言う出で立ちで、いつも最前列(通路側が多い)に座っています。

    このおじさんは搭乗口でも行列に横入りして文句でも言おうものなら睨み付け、昨日も搭乗口で自分の前を歩いているお爺さんがスムーズにゲートを通れなかったら、そのお爺さんのキャリーバッグを蹴ったので注意したら睨み付けてきましたが、睨み付けるだけで何も言えないヘタレだなと思います。

    飛行機内でも毎回、足を前の壁に付けて座っていましたが、靴のまま前の壁に足を付けると共用の雑誌やヘッドホンに土などゴミが落ちる、そして座席に着く時も必ず手に持っている雑誌を椅子に叩きつけるので感じ悪いです。

    問題なのは岡山便に、こういうおじさんは一人や二人じゃなく星の数ほどいる点、私は時間的に素早く移動しないといけない為、しかたなく最前列に座っていますが、飛行機の上級会員とは上から目線で非常識な男が多いです。

    このちょんまげ髭おじさんも50代くらいですが、この年齢でこんなことしかできないのは寂しい人生を送っている証拠、誰にも相手にされないから変わった格好をする、怒って周りの注意を引く、モノを叩きつけて注意を引く、そしてお金を使うことで自分の存在意義を示す、これらは誰にも相手にされない情けない自分を自慢している人生です。

    なお、ちょんまげに髭、こういうこけおどしをする男は自信が無い、あなたの目の前の人が何か特徴のある格好をしていたら、それは自信の無さの裏返しで気が小さいのですから、気の毒な人と温かく見守ってあげて下さいませ。

    このちょんまげ髭おじさんは女子職員人質事件の時、小さくなって知らん顔していたような気もしますが、逆らえない人には強い男は卑怯な上にタチが悪いです。

    今週も東京鑑定なので同じ便になるかもしれませんが、、このちょんまげ髭おじさん以外にも靴脱ぎ&素足おじさんやナンパおじさんや上半身裸おじさんなど、岡山⇔東京便はマナーの悪い人の展覧会なので学びの場、これらは誰かの彼や旦那と言う現実は、もしかして未来の彼や旦那かもしれない怖さに気付いて下さいませ。

    あなたはマナーの良さ、どう見ていますか?

    m(。・ε・。)mスイマソ-ン

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop