徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    皇居の中。

    おはようございます。 素敵なお客様にはお世話になりっぱなしで、私なんかが鑑定させて頂けるなんて本当に嬉しい限りで、本来ならばお会いできる筈もなかった人生が、一変して素敵なお客様方にお会いできる人生は不思議です。

    さて、東京のパワースポット言えば「皇居」が最高、ここは天皇陛下の住居でもありますが、風水的には富士山と秩父山系の霊力が流れ込んでいる龍穴とも言われていて、日本で最も強いパワーを発する龍穴の上にあり、天の気と大地の気を結んだモノが大地から吹き出ている場所に当たるようです。

    風水師たちも推薦する霊的磁力の強い場所と言え、どんな悪霊が憑いていても皇居に入った途端に全てが弾かれると言われています。 皇居は江戸城でもあり風水で守られた聖地、築城の際に風水術を徹底して施されていた為、良質な気が満ちている場所です。

    江戸は風水的に恵まれた土地ではなかったけれども、徳川家康のブレーンである天海僧正が土地に様々な細工をして、富士山や秩父山系からの生気を江戸に集めて、生気の終着点が江戸城に集まるように設計したと言われます。

    鬼門(東北)の方角にある上野寛永寺は鬼門封じの意味があり、裏鬼門(南西)の方角にある増上寺は裏鬼門封じの意味があり、五色不動を配置して守りとして現在では東京スカイツリーが鬼門、東京タワーが裏鬼門のライン上にあります。

    更に大きな輪で見ると、北の守りは日光東照宮(日光三山)で、鬼門(北東)の守りは筑波山~鬼怒川~利根川で、裏鬼門(南西)の守りは大山、東の守りは房総半島の山並み、西の守りは秩父山系~高尾山系~丹沢山系、南の三浦半島が朝山で気が漏れるのを防ぐと言われています。

    江戸城が建てられた場所は仙掌格という吉相の地で、江戸城周辺が渦巻き型になっているのは富士山からの地龍を穴に向かわせる為です。

    ご利益としては、「万能のパワー、全体運アップ、自分の能力アップ、気力回復、頭スッキリ、邪気を浄化、驕り高ぶりを静める、感謝を深める、生命力アップ、日本や世界の為に貢献したい気持ちが湧いてくる。」など、色々なパワーに溢れていると言われています。

    東京駅からも歩いてすぐの皇居は日本人だけでなく海外の旅行者も含め、多くの人が訪れる観光名所ですが基本的に皇居の中は立ち入り禁止、ところが事前に予約をすると皇居の内部に入ることが出来たりします。

    予約をすれば通常は入れない宮殿や宮内庁庁舎の建物など、皇居内の一部を見学できるので、一度は応募して許可を得て散策してみて下さいませ、色々な意味で天皇陛下のご苦労が少しはわかると思います。

    当日は「桔梗門」前に集合場所して受付、受付は参観開始時間の30前からで、受付の桔梗門前で皇宮警察係官に名前と住所を言い、この時に免許やパスポートなど本人確認が必要、身分証明を忘れずに持参して下さい。

    そして集合の後は窓明館と言う場所でビデオや説明を聞きますが、この奥宮内庁生協があり、この生協ではお土産を購入することができます。 このタイミングでしか窓明館に入るのは無理、宮内庁生活協同組合と言う内緒のお店の、そこでしか購入できない皇居土産を買うと、ちょっと優雅な気分になれます。

    私も2回応募して入ったことがありますが、その当時の私は行けば行くほど運気が悪くなったような気がしていました。 今から考えれば当たり前ですが、皇居の中のパワーが凄くて受け止めきれない、それが当時の私の現実だったと思いますが、今は入って試したいけれど行く時間が全く取れません。

    平日の日中の午前と午後の2回しかチャンスが無いので、その時間帯に参加すると鑑定時間が半日潰れてしまいますが、その当時は暇で暇でいくらでも時間がありましたから、今から思うと嘘みたいです。

    以前にもブログに書きましたが、私が小学生の頃に聞いた話ですが、県北で皇居の掃除ツアーがありましたが、皇居内へ掃除の名目で入り皇居内を見学できる内容でした。 ただし、一応は掃除と言う名目なので門から建物内(御所など)へ行く道などを、草取りや落ち葉拾いなど少しは掃除することになりますが、天皇家の方々が通る時に間近で見れるのが特典でした。

    そして県北の人たちが掃除をしていると運が良いのか悪いのか分かりませんが、ちょうど浩宮様(皇太子徳仁親王)が御戻りになられました。 車から降りた後はSPが浩宮様の周りを警護しながら、県北の人たちが掃除をしている道を門から建物の方へ歩いてきます。

    係の人は「みなさ~ん、これから浩宮様が御通りになるので、道の両側へ整列してくださ~い!」と声を張り上げ、参加者たちは作業を止めて道の両側へ並びました。 初夏で暑い日差しを避ける為に帽子を被っている人も多かったのですが、さすがに整列した後は帽子を脱いで御通りになるのを待っていました。

    そして浩宮様が徐々に近づいてくると参加者たちは、「おぉ~、本物だぁ~。」と思ったかどうかは分かりませんが、取り敢えず道の両側へ整列して御通りになられるのを見ていました。

    その時、係の人がタオルを頭に掛けている男性を発見したのですが、その男性はタオルを頭に掛けて顎の下で結んでいました。 浩宮様が近づいてくるのにタオルを頭に掛けたままですが、それに気付いた係の人も道の反対側だから浩宮様の前を横断することもできません。

    焦った係の人は「被り物を取れ~!」と叫んだのですが、それに驚いた男性は慌ててタオルの結び目を掴んで、「えいっ!」と引っ張り、勢いよくタオルを頭から外しました。

    すると引っ張った反動でタオルが頭から外れると同時に、カツラも一緒に外れて空中を「ポ~ン!」と飛んで浩宮様の前に「ぽとん…。」と落ちました。 係の人も飛ばした本人も真っ青になったのですが、浩宮様は落ち着いてカツラを拾い上げて男性の元へ近寄り、「どうぞ。」と静かに手渡ししたそうです。

    これ、政治家・官僚・世間一般の男性サラリーマンなどは、笑って馬鹿にするとか~罵詈雑言を浴びせるなど、人として気品溢れる行動は取りませんが、浩宮様は気品溢れる行いで男性に恥をかかせないよう、静かに手渡しして何事も無かったように建物内へお入りになられました。

    皇居と言うのは、まさに品格ある人がいる場所なのだなと、つくづく思いました。

    あなたは皇居の中へ、入ってみたいですか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop