徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    孤独な時間。

    おはようございまず。 今日も生きていることに感謝、朝、目が覚めるのは奇跡であり、それを当たり前と思っているなら病気になると慌てることになる、何かトラブルがあると不平不満を言うようになる、それは自分を戒めると同時に褒めてあげることで防げるようになります。

    さて、急がば回れと言う諺通り、占いの予約は早く取れることがイイ訳ではなく、その人に取って最適な時に取れるものです。 実は予約を入れてある日時に向かって、運命が屋物事が動いたりするので、少しでも早くと欲を出して卑怯なことをしていると、逆に痛い目に遭ったりします。

    たまに東京の方が倉敷へ予約を入れますが、大抵は遅刻か無断キャンセルで、仮に来れても鑑定内容に納得が行かず怒りだしたり、鑑定後に何らかの事象を発生させたり、他の方が守られているルールを破るのは自分の損です。

    人は想像力があるから素晴らしい、それをマイナスに使うのは勿体ない、想像力はプラスに使ってなんぼ、誰かを疑う為ではなく誰かを信じる為に使うなど、想像力を良い方向へ向けると人生は嬉しいことや楽しいことで溢れますから、犯罪者よりも一般の人を優遇する世の中になって欲しいです。

    犯罪者を擁護する人たちがよく言う、「セカンドチャンスが与えられるべきだ」と御高説を講釈されますが、犯罪も犯さず真面目に働いて、きちんとした生活を送りながら勉強など努力もしている、そういうちゃんとした人にこそ、「ファーストチャンス」を与えて欲しいと思います。

    また、会社や学校で人間関係に悩む人は多いけれど、好きでもない仲間たちと偽の笑いで我慢するよりも自分一人でいる方が心の平穏で勉強になる時間、人に気にいられる為に我慢してレベルを下げるより高い位置へ早く到達して上の人たちの仲間になる、偽りの仲間内で精神的孤独の方が苦痛で惨めです。

    残念ながら孤独は人生の本質ですが、孤独を知っていると自殺は無理、孤独でいた人程、家族や恋人~新しく出会う人々、そういう誰かと出会った時の喜びを知っているから、自ら人生に絶望なんて無理、本当に孤独を知っている人は自殺なんかできません。

    自己啓発本やセミナーなどでは、孤独を楽しめるようにならないと人は不平不満を抱えて生きるようになる、孤独は怖いモノでもないし嫌なモノでもないと言いますが、私は孤独も孤立もごめんなさいで、トイレ~通勤~買い出しなど一人のシーンはあったとしても、孤独も孤立も御免被るです。

    自分で動かない限り孤独の総量は常に平等、人は自分だけが特別に孤独だと感じがち、その考えに固執すると人は自棄になる、人生は孤独との戦いと言うけれど戦うから辛いだけ、仲間にして付き合えば戦わずに済む、忘れるのも良し、しれっと生きるも良し、それが大人です。

    ただし、一人の時間と誰かと一緒の時間は両方必要、一人の時間が長すぎると寂しくて嫌になる、誰かと群れてばかりだとうざくなる、意識的に切り替えないと心に影や不満が出てくる、両方を切り替えながら生きていると心にも生活にもメリハリができてきます。

    人を喜ばせるって楽しいこと、何も考えなくても自動的に気持ちがワクワクする時間、病気の子どもへ芸能人のサインを貰って渡してあげたら喜ぶだろうな、そう考えるだけでも幸せな気持ちになれる、それを邪推して誹謗中傷する人は、誰にも相手にされない寂しい人生なのは容易に想像できてしまうので、可哀想な人生だなと気の毒に思います。

    人は生まれてきた以上は誰かの役に立つ人生の方が楽しい、寄付もボランティアも理屈をつけてやらない人は多いけれど、相手を喜ばせる楽しみの分からない人は喜ばせて貰ったことが無いのか、もしくは喜ばせて貰ったことを忘れているか、どちらにしても寂しい生き方のままです。

    たった一人の人間が、たった一人だけで良いから笑顔にして行けば、笑顔の連鎖がある内は戦争など争いが起こらない、戦争が起きる根っこの部分は主義主張、自分の考えを認めない奴は皆殺し、譲り合う社会(国)には戦争は起こらない、だから世界中の戦争はほぼ宗教が発端です。

    結局、宗教とは相手を認めない考えの集合体、相手を認めることができる人は器が大きい、相手の凄さがわからない人は自分が相手と同じレベルに達していないから、相手の凄さが理解できない、相手のレベルを理解できるのは自分も到達できる、もしくは既に到達している、相手を認めることのできる大人はカッコいいです。

    どうにもならないことの連続が人生、そのどうにもならないことに悩んでも意味が無いから、できることを積み上げていくのが人生、できないことは考えるだけでできないまま、できることを続けるとできる範囲が増えてくるから、そうなるとできなかったのが嘘みたいに解消です。

    自分が注意されないのは道を間違える元、親~上司~友人~色々な人に注意されるのは素晴らしい、出世や成功により力を持つと人は変わる、それを変わらぬまま過ごせる人が、俗に言う「温厚・腰が低い・変わらない」と言う評価、ふんぞり返っても偉くは見られません。

    それに他の人の言うことは気にしない、「Aさんがね、あなたのこと、○○って言ってたよ。」と言う場合の「Aさん」=言ってきた本人です。 「おまえなんか、世間が許さんわ!」と言う場合の「世間」=自分、卑怯な人は匿名性を好み、「自分はいいけれど周りの人がね~」と言いたがります。

    努力を表す言葉に「流した汗は嘘を吐かない」とありますが、それはドラマや映画で言う現実を知らない人の空虚な言葉、努力は頭を使って方向性を見い出して、その上で動かないと努力ではなく徒労に終わるだけ、俳優志望の人が声優の事務所へ入っても仕事はありません。

    そして最悪なのは時間を守らないこと、これは人間の信用を無くす行為で時間にルーズな人は心も生き方もルーズ、人を待たせて相手の時間を奪ってもいいと言う驕りが定着、時間を守らない人とは深く関わらない、それがあなたの時間を守る唯一の手立て、時間=命の重みのわからない人は心が粗悪なままです。

    今日は時間と人間関係に関する内容でしたが、人は時間と人間関係を大切にしていれば、大抵の危機は乗り切れます。

    あなたは孤独な時間、扱えていますか?

    (゚∇^)]モシモシ?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop