徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    年功序列。

    おはようございます。 何もしなくても毎日が天国なんてのは少ないけれど、日々を楽しく生きようとするのは本人の心掛け次第なので、毎日が暗くて辛くて悲しいなんてことは無い、一寸先は闇と言うことは一審先は光かもしれないと考えられます。

    さて、日本特有の年功序列を破壊して実力主義を採用した結果が、今の停滞を招いていることに企業は気付き、さっさと年功序列に戻すのが企業の発展と生き残る道ですが、この年功序列とは勤続年数や年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度(慣習)のことで、日本型雇用の典型的なシステムでした。

    年功序列制度は加齢と共に労働者の技術や能力が蓄積されて、最終的には企業の成績に反映される考え方に基づいて、長く働けば働くほど、歳を取れば歳を取るほど、役職も賃金も上がっていく制度です。

    これは長く働き歳を取れば経験が積み重なり、その人の能力はアップして企業に貢献できる考えが基礎となっていて、終身雇用制度と一対のケースが多いです。

    年功序列制度のメリットは将来への安心が一番で、いずれは出世、いずれは給料がUP、こうやって未来予測ができると安心感に繋がります。 更に家庭を持ち子供が成長してお金が掛かるようになっても成長と共に給料はUP、出費の増加に対応できて将来設計もやりやすいです。

    それに何と言っても自分より後から入る&若い人に先に出世されて、年下に使われる辛いことも起きにくく精神的な負担は軽いし、周囲との競争関係が無いとは言いませんが摩擦も少なく人間関係がこじれにくいです。

    しかし、自分が働き始めたばかりだと年功序列制度に不満を持つ人も多く、勤続年数が短かったり年齢の若い人にすれば、実力があっても成果をあげても給料があがらないと感じてしまいます。

    また、成果をあげていない先輩や上司が高い給料を貰う、これではモチベーションは下がってしまう一方で、それに不満を感じる優秀な人材が他の企業に行ってしまいますし、年長者は頑張らなくてもお金が貰える為、必死に成果をあげることも無くなり、会社の利益にならないケースもあります。

    それにより今では企業も成果のみで評価、それまでの過程は無視して報酬や人事を決定することが多くなり、給料や昇進を勤務年数や年齢で決めず仕事の成果によって決定する考え方です。

    この成果主義のメリットは、やればやるほど、成果をだせばだすほど、自分自身に報酬を与えられる点で、年齢に関係なく頑張って成果をあげれば給料があがる、出世できるとなれば成果をだす為に頑張りますし、この考え方を持てれば会社側としても会社全体の成果が上がって利益に繋がります。

    また、成果で決まるならば他の会社からも優秀な人材は集まる筈ですが、仕事は営業成績など成果が目に見えるものばかりではなく、明確に見えない裏方の仕事が重要な場合も多いから、そうなると間違った評価も増えて、個人プレーが増えて、人間関係が殺伐としてきます。

    そうなると目立ちやすい成果を得られる仕事だけ頑張り、影に隠れた大事な仕事をやらない人が増えますから、成果主義の会社ほど長続きしない、100年など長く続く会社は年功序列制度を崩さないのです。

    思い返して頂きたいのですが、以前、冷凍食品に農薬が混入された事件は労働における、同一労働は同一賃金と言う当たり前を守らないから起きました。

    海外の会社で契約社員として働く場合、職務が明確に決められ権限も無いのが普通で、その代わりに責任も無いのが普通、日本の会社は職務の範囲が不明確で、賃金は安いのに責任は多いのが問題です。

    海外の会社は労働を対価と引換えに提供している考え、日本の会社はメンバーシップ制と言う考え方、このメンバーシップ制とは江戸時代の奉公の考え方を適用したものです。

    ようは、会社に就職するとは、労働の代わりに給料ではなく会社の一員になり、滅私奉公の代わりに社会的地位を含めて生活を安定させる考え方で、これこそが年功序列と終身雇用の基本です。

    一部上場大企業=大名で、そこの社員=藩士になれば楽な生活が保障され、銀行が住宅ローンを簡単に通す、クレジットカード会社もカードを作ってくれとお願いしてくる、ところが自営業者や中小企業の経営者は、どれだけ多くの収入があっても住宅ローンは組めないし、クレジットカードも作れません。

    前述の毒物混入事件の犯人は49歳ですから、正社員なら手取りも35万円を超えている筈、ところが契約社員だから昇給無しの20万以下と言う現実、これを社長以下役員と消費者は知るべきで、消費者が安いモノばかり求めるから削られるのは弱い者と言う悪循環を作り出しています。

    誰だって同じ仕事をしているの給料が違うのはおかしいし、薄給なのに正社員と同じように働居て責任も取れではおかしいし、権限は無いのに責任だけは正社員のように取れもおかしい、こういうことを無くすのが格差社会を無くすと言うことです。

    この問題を根本的に解決するには、工場の従業員を年功序列で終身雇用の正社員だけにすればOKです。

    こんな事件を起こせば損をするのは自分と思える会社にすれば解決、警備を強化するより社員を大切にするだけで解決、辞めたくない会社、働きたい会社、それさえ作り上げれば会社にダメージを与えようとする人は出る筈がありません。

    今のままでは今後も同じような事件は起きる、その被害額は社員の給料をカットした利益より大きいことに、いつになったら社長や役員や株に巣たちは気付くのかと思います。

    日本の不景気の原因は年功序列と終身雇用を廃止したこと、労働者=消費者なのに、企業が正社員を減らして契約社員や派遣社員にして給料をカットすれば、誰があなたの会社の商品を購入するのか、そこを社長も官僚も政治家も分かっていないのです。

    私だったら年功序列と終身雇用を復活させて安心感を持つ企業にする、それにより多くの人が幸せになるサイクル作りをして、実力主義を唱える人材は雇わない、実力主義を言う人は思いやりも助け合いも無く、自分の実力を過信しているケースがほとんどだからです。

    実力主義云々を言う人は遠慮なく他社へ行って貰えばOK、そんなに心配しなくても老舗企業を見れば、徒弟制度のあるお店を見れば、一部上場企業よりもやり手の素晴らしい人材が多いことに気付ける筈です。

    あなたは日本の年功序列、そんなにダメだと思いますか?

    ((o(^∇^)o))わくわく

    お知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop