徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~26。

    おはようございます。 今日も素敵な一日の始まりですが、人には色々と思うことがあるので、起こること全てが全て幸せなこととは思えないかもしれませんが、それでも元気で健康でありがとうと思うのは大切です。

    さて、男心の活用法も復縁が終了して、「プロポーズされるには?」と言う部分に突入していますが、長い春と言う言葉があるように付き合うだけで結婚する方向へ進まないのは問題で、お付き合いするなら結婚へ進むのが自然な流れではあります。

    ただし、お互いの事情と言うのが誰しもありまして、お互いが好きでも結婚できない事情と言うのがあるなら、それはそれで仕方が無いのかもしれません。

    占い師として視た場合、好きでも結婚できないケースで多いのがシングルマザーで、お子様がいる場合は再婚は余りお勧めできない、その理由は「どんなに良い子であろうとも新しいお父さんはいらない」が本音で、その男性が「どんなに素晴らしいお父さんでもいらない」が結論、お母さんと二人の生活に異分子(バイキンマン?)はいらないのです。

    そのいらない率は99%くらいで、子どもが再婚を祝福するとか、新しいお父さんを気にいっているなどはシングルマザーの幻想、私が過去に2万人を鑑定した経験から言うと、お母さんを悲しませたくないから、お母さんが好きな人に反対はしないと言うだけ、子どもの本音は「絶対イヤ!」です。

    お母さんの立場であっても一人の時間には女に戻ると言われますが、その女に戻った時に「相談できる人がいればなぁ~」と感じてしまう、それは彼が欲しいと言う気持ちに他ならないけれど、それを「子どもには父親が必要なの」なんてごまかしに使わないことです。

    唯一の可能性がある1%は何なのかと言えば、嵐の櫻井翔さんがお父さんとか、斎藤工さんが家に帰るといたなど、子どもが好き嫌いを超越した相手ならば別、そうでない限りは「新しいお父さんはいらない」が、2万人を視てきた中で不変の法則です。

    しかし、普通は好きでお付き合いを始めて、そして結婚へと進むものでも、子どもの意思を無視してしまうと母親失格、母親の前に女なんて言う言葉は独りよがりの勝手な言い分、子どもは母親しか頼れないのですから、それを無視してしまうのは人の道に外れる行いです。

    辛いかもしれないけれど、シングルマザーの恋は子どもの気持ちを優先、それしか答えはありません。

    では、プロポーズされるまでの恋のプロセスについてですが、今までは1人の男性とお付き合いして、その男性からプロポーズされるのを待つ、それが一般的でしたが、今は時代がそれを許さなくなってきています。

    昔なら男が2~3人の女性と付き合って、その中から一番自分と合う人と結婚すると言う、男が複数と交際しているパターンが多かったのですが、今の時代は女性も複数の人と縁だけは結んでおく必要のある時代、友人のような恋人のような、そういう微妙な関係を複数持つことが必要です。

    そして複数とお付き合い未満を維持しながら進めていき、その中で自分に最も合う人と結婚すると言うのも大事です。

    例えば、お付き合いを始めて連絡が途絶えたり減ったりがくると、女性は「どうして?」と怒りを思えたり、不安になったりしますが、今の時代の女性は慌てる必要はないと言うか、男が連絡してこない時と言うのは「本当に好きじゃない」と言う結論をわかっている、それも今の時代の女性の身を守る方法の一つです。

    連絡もしてこない男は女を舐めていると言う原理原則を知り、そしてBさんへ乗り換えてお付き合い未満を続ける、そしてBさんが連絡してこなくなるころにはAさんが再び連絡をしてくる、そういうシーソーゲームみたいなことで、自分に保険を掛けておくのが今の時代の恋愛→結婚へ結び付く一つでもあります。

    今の時代は女性だってどちらと結婚しようかなで良い時代、男だけがどっちにしようかではありません。

    友人からの紹介を受けてお友達から始めた男性がはっきりしないなら、親からのお見合いを受けて何度かデートをする、更に会社の上司から男性を紹介されたら会ってみる、その中から自分と合う人を探す為に並行してお付き合い、そういう時代の変化に気付けないなら言葉は悪いけれど負け組です。

    この複数交際は絞り込む為にするものであり、全員と関係を持てと言う訳ではありせん。

    あくまでも何度もデートを重ねて相手の真意と言うか心を見つける旅路、これを面倒くさいとか、そんなに器用じゃないと言うなら、その考えで良いと思います。 これをしなさいと言う訳ではなく、こういう方法もありますよと、時代に即したやり方を参考意見としてお話しているだけ、誰もやりなさいと命令している訳ではありません。

    運命と言うのは自分で切り開くものであり、誰かが何とかしてくれる訳ではありませんから、その方法を提示された時にする人としない人では未来が違う、したら結婚できるけれどしなかったら独身のまま、その単純明快な道は自分で選ぶしかありません。

    分かりやすく言うなら複数の交際とは双子を育てるのと同じ、双子でも性格が違うから合うように育てるのと同じ、そして育てていく内に要領が分かり、自分と合うのはこちらだと気付く、それでいい時代でもあるのです。

    女性を大切にしない一人の男性に振り回されて悩むくらいなら、複数の中から大切にしてくれる男性を選ぶと言うのも、自分の未来を大切にすると言うことからも重傷なポイントです。

    身体の関係を片っ端から結ぶと言うのは問題ですが、何度かデートするくらいなら複数交際は時代に即したやり方で、実は男と言うのは複数交際の中から一人の女性に絞り込むと言うのを、無意識にやってしまうモノなので、これは男性的な方法とも言えるのです。

    最後に補足ですが、新しいお父さんはいらないけれど、新しいお母さんは必要、これも深いところでは意味があります。

    あなたは男心の活用法~26、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。
    関連記事

    PageTop