徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~24。

    おはようございます。 結婚はするべき時にはしておく、そうしないとしなかったことの後悔はあるけれど、したことの後悔は少ない場合が多いから、結婚は一度はしておくのが良いかと思いますが、それも人により幸せの形は様々なので、必ずした方がいいとまでは言えません。

    では、今日も男心の活用法ですが、当たり前すぎるほど当たり前のことから始めると男と女は違う生き物、それが判り合うなんてことは無く永久に分かり合えない、それをわかり合うのではなく許し合うことはできるので、分かり合うではなく許し合うが正解です。

    恋人でも夫婦でも好き同士で付き合ったり、結婚したりする筈なのに、それが喧嘩すると言う時点でおかしな話、好きだから、愛しているから、それなのに喧嘩と言う意思の疎通ができていない状態では、好きも愛も存在しないことになります。

    愛していると言うだけなら言えますが、愛とは与えるものであり見返りは求めない、見返りを求めた時点で愛とは言えなくなりますが、喧嘩と言うのは自分が思う通りにしてくれない、それはすなわち見返りを求めるからこそです。

    見返りを求めるから、恋人でも夫婦でも「あれしてくれない・こうしてくれない」と、相手が自分のもう通りにしていないことに目が向きますが、それはお互い様であることに気付いていない、もっと相手が自分の為にではなく自分が相手の為にと思いを変えてみるのもありです。

    好き同士手で結婚すると言うのは好きじゃなくなったらこんなもの、好きでは無く尊敬で結婚したら相手に対して一呼吸おいてモノ言うこともできますが、好きなんて1~2年もしたら消え去るから好きで結婚したら痛い目に遭う、好きよりも経緯がある相手と結婚するのが正解です。

    さて、好きな彼と別れてあきらめきれずに恋を取り戻したいと頑張っている女性へ向けて、復縁のことを書いて参りましたが復縁したいなら早く新しい恋をすること、その恋をすることで複縁が早まるのですからどんどんと恋をして下さい。

    これは運命的な部分での意味と現実的な部分と両方からで、復縁の流れと言うのは運命的に言うとAを押すとBが押されてCになり、それが元へ戻ってAが押されると言う感じで目には見えない不思議な巡り合わせがあります。

    次に現実的な面で言うと、別れて次の恋へ進んだ女性を男から見ると、彼ができていないと「別れて良かった」と思い、彼ができると「あれっ? 別れたの、マズかった?」と思うモノなのです。

    別れた彼に執着することなく新しい彼に向って進まないと、別れた彼と新しい彼を比べたら間違いなく元カレと言う思い出が勝つ、思い出に勝てる人など誰もいないのですが、それを比べると次へ進むのが困難になります。

    時は待ってくれないから10年後に独身でいたくなければ、今から前を向いて進むしかない、そして前に進んで行けば行くほど壁にぶち当たる時もありますが、それでも元彼より素敵な人は必ずいて、そして必ずあなたと付き合って結婚と言うことも可能です。

    年齢で割り切れる訳ではないので一つの考え方ですが、30歳を過ぎてお付き合いしていた彼と別れるようなことがあれば、次に付き合う相手とは結婚する相手であり、そこから再び結婚するかどうかわからないような相手と付き合っても意味がありません。

    30歳を過ぎて彼と別れた場合、復縁とか恋愛とか生温いことを言わず、成就する恋愛=結婚する恋愛へ進むべき、別れたら終わりの恋愛に終止符を打つべきです。

    相手を見つけるまでは苦しい道のりが続くかもしれませんが、それであきらめていると元彼が幸せなのを横目で見て悲しくなるだけ、新しい人でがっかりや苦しいでもあきらめない、それこそが復縁する為にはしなければならないことです。

    あなたの次の彼がどうでもいいような男ならばダメですが、本物と付き合っていると元彼も「くそ、あんな奴と…。」とあなたに意識を向けますが、それはあくまでもあなたが本物と付き合っているからです。

    そして本物と言うキーワードはがもう一つ、あなたが素敵な彼と付き合っていて、元彼がクソッと思って、それで復縁できるかと言えば違い、復縁する為には二人の愛が本物だったと言うのが重要です。

    すんなりと気持ち良く別れて、新しい彼を見つけて、楽しそうに輝いていても、あなたと元彼の愛が本物でないなら復縁は無理、元彼だけではなくあなたの方も愛がニセモノなら、いくら復縁のチャンスが来ても新しい彼の方が良くなって復縁を考えなくなる筈です。

    男って言うのはライバルがいると自分の物にしたくなる、逆に言うとライバルがいてこそ彼の本当の気持ちがわかるとも言えるのですが、最初に付き合うまでの彼からのアプローチは大抵が凄くて情熱的、付き合う前や付き合い始めの頃の情熱や勢いを取り戻すくらいであるなら、元彼の思いと言うか愛情は本物です。

    そして新しい彼が「今更、そんなの許さない。」と、元彼と新しい彼との間であなたを取り合うバトルが始まれば、後はあなたが選択権を持ってどちらを選ぶかになります。

    ここまで読んで復縁したければ早く次の彼を作る、その意味が分かれば元彼なんか忘れて次の相手を見つけることに全力投球です。

    復縁する場合に絶対的な条件として、「彼の方から言いだす」と言うのは譲れない、復縁と言うのは男の方からでないとアウト、あなたから復縁を持ち掛けなくても、今のあなたには新しい彼がいるから、無理に元カレと復縁する必要が無いと言うことにも気付いて下さいね。

    男を本気にさせないと、どう転んでもうまく行く筈が無く、恋愛でも結婚でも男を本気にさせる、それができないと遊ばれる恋で終わるのです。

    あなたは男心の活用法~24、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop