徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    おかげさま。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様のおかげで過ごせていますが、今日と言う日を無事に迎えることができるのは、それは自分の力ではなく全ては周りの人のおかげであり、自分自身の力と言うのは100%の内で1~5%くらいしかありえません。

    世間的には何かあればすぐに「俺の力だ」と言う人が多いのですが、実力主義と言う名の幻想に捉われているから誹謗中傷など人の足を引っ張るとか、自分が一番で否定する奴は絶対に許せないと言う歪んだ考えになって悪口を言いまくるのです。

    なお、愚痴と悪口の違いを聞かれることも多いのですが、愚痴と言うのは「今日も残業だ~、たまには早く帰りたいな。」が愚痴で、悪口と言うのは「あいつはハゲのくせに美人の奥さんを貰いやがって」が悪口です。

    話は戻りますが、人は自分の実力を誇示したがりますが、実力主義や成果主義などを採用していけば行くほど企業は廃れていく、終身雇用と年功序列は素晴らしい制度だったのに、目先の欲で不況と格差社会を作ってしまった、それは金~金~金と言い続けてきた人たちにとっては自業自得です。

    占い師をしていてお恥ずかしい限りですが、2017年4月は未熟な私に取って転機で、視えなかったことやわかっていなかったことなど、舌足らずや言葉足らずも含まれますが説明がダメだった、そして考え方が間違いではないかもしれないけれど言うべきではないことなど、私の馬鹿さ加減が浮き彫りの月とも言えました。

    だから、4月下旬頃から鑑定へ来た常連の方は説明の仕方が、少し変わっていると感じたかもしれませんが、それは意図的に説明の仕方を変えているからで、同じことを言うのでも違う言い方を考えて説明しているからです。

    今までは時間の関係もあり説明を省いたり直球で説明したりを、遠回しに説明したり違う表現にしたり、それにより不快な表現が減ったかと思います。

    不快な表現は細かく説明しなくても分かりやすいけれど、理解する代わりに嫌な気持ちが残るようでは占い師失格、その辺がわかっていなかったからお恥ずかしい限りで、今さらながら私の未熟さに自分で呆れかえっています。

    恋愛でも結婚でも仕事でも、お互いが諍いになるのは自分の実力で何とかしてきたと思う気持ちがあるからで、夫は「俺の稼ぎで生活できている」で、妻は「私の家事育児で家の中が回っている」と、お互いがお互いに敬意が無くて当たり前になっています。

    その良い分はどちらも正しい、どっちかが悪いや間違いではなく正しい、その正しいがぶつかるから譲れなくなる、そして譲れないことが増えれば増えるほど、辛い結婚生活や離婚への序章となるだけです。

    自分が全部してきたと言いたくなる気持ちはわからないでもありませんが、それは驕りで自分中心の考え方です。

    人生と言うのは自分の実力と呼べるのは1~5%くらいでほぼ無し、自分の人生と言うのは周りの人に支えられているのが95~99%くらいで、自分の実力と言うのは無いに等しい、それを自分の実力で生きてきたと言うのは神様に唾吐く行為です。

    御飯を食べる時でも、「お金を出して買ったんだから俺の力だ!」と言うのが驕りで、いくらお金を出したと言ったところで、お米など食材を農家の人が作ってくれたおかげ、その農家だって地球と言う大地のおかげで農産物が作れる、それを輸送したり調理したりの人もいます。

    そして調理する為のガスや電気を作る人もいる、そうやって考えるとお金を出した俺の力は間違いで、色々な人のおかげで調理された料理を食べることができているだけ、それがわからないのは感謝の気持ちが無いからです。

    この話をすると感謝していると言う人が多いのですが、本当に感謝していると運が悪くなることは無いから、運が悪いと感じる時点で感謝できていないことになります。

    これは禅問答みたいになっていますが、感謝の気持ちがあれば不平不満が口から出てこなくなりますが、それは天気一つ取っても晴れだと「傘もささず太陽が見れて嬉しい!」となり、雨だと「草木が潤い大地に恵みがあり、レインファッションを楽しめる!」と受け取ることができます。

    つまり、本当に感謝の気持ちがあれば目の前の現象に対して感謝できるから、その現象に対して一々文句を言うこと自体が無くなる、感謝していると言う反論をする時点で感謝の気持ちが無いことに気付けたら、それは感謝できているとなります。

    仮に私が感謝の気持ちが無いと言われたら、「あぁ、教えて頂き、感謝します。」と答えますが、この考えに成れたのが4月頃だったと言うのが占い師としてダメだった、人は生涯勉強と言うのは本当だと心底気付けたのです。

    私は素敵なお客様方がいるから占い師ができる、占い師としての実力なんてゼロに等しいけれど、素敵なお客様のおかげで補えて、そして成り立っていることが現実で、占い師としては皆様のおかげで成り立っているだけです。

    数式で表すなら「100%=素敵なお客様の力が99%+私の実力1%」で、100%の占い師として活動できているのは素敵なお客様方の99%があるからこそ、私の実力不足を補って頂いているからこそ成り立つのが私の占い師としての人生です。

    自分の人生は、親、兄弟、教師、知人友人、上司、同僚、先輩後輩、お店の人や通りすがりの人なども含めて、そういう関わる人たち全てのおかげで、そのおかげさまと言う気持ちがあれば運が急降下することもありません。

    取りあえずは嘘でもいいから「おかげさま」と言う言葉を使うようにして、心を籠めなくてもいいから「おかげさまで~」と言う、それにより人間関係が円滑に行けばいいことですし、少なくとも嫌われることは無くなります。

    ただし、私は人のことを言えた義理でもなく自分自身が勉強中の身であり、素敵なお客様方が鑑定に来て頂けるからこそ、自分の未熟を恥じて反省できるだけで、、本当にありがとうございます。 m(__)m

    あなたはおかげさま、その気持ちがありますか?

    (゚∇^)]モシモシ?

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop