徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    傾向。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様のおかげで無事にGW明けを迎えましたが、毎日が良いことがあると気付く、その良いことを発見できる能力を身に付けると日々が楽しくなりますが、人は自然と暗いことを考えがちなので、その方向転換をきちんとすれば、毎日が楽しくなると思います。

    さて、年間で二千人を鑑定していると占いや霊視と言うことではなく、不思議な共通点と言う説明はできないけれど起きてしまうと言うことがあり、雨が降ったら傘をさすと言うくらい自然な出来事に繋がります。

    これは受験じゃないけれど傾向と対策のようなもので、その傾向とは辞書で引くと物事の大勢や態度が特定の方向に傾くこと、もしくは傾きがちであることと書いてあります。

    そういう大部分の人がしてしまう同じこと(共通点)を探してみて、気付いた点をいくつか挙げてみたいのですが、恋愛ができない人~彼ができない人~結婚へ結び付く恋ができない人、こういう恋愛関係の傾向を書いてみます。

    まず、鑑定時間に遅刻して来た人についてですが、「遅刻したのは、遅刻する未来を霊視せず予約を受けたお前が悪い。」や、「遅刻したかどうかを決めるのはお前じゃなく私、予約した時間内のいつ来ようと私の勝手。」など、こういう女性には間違いなく彼がいるか、もしくは近未来で確実に彼ができます。

    「えっ? いないじゃなくている?(もしくはできる?)」と不思議でしょうが、遅刻して暴言を吐く女性には彼がいる(できる)傾向が強く、過去の経験上で言うと彼がいる(できる)確率は90%を超えています。

    ただし、彼がいる(できる)確率は90%以上でも、それが「良い彼・素敵な彼」とは限らず、大半は彼がいる現状&彼ができた未来を視ると、「ニート・借金・暴力・ギャンブル・酒乱・浮気」など、何かしらの問題を起こす彼がほとんどで、結局は日頃のお釣りを支払うことになっています。

    次に鑑定に来て試すようなことや嘘を言う場合、これは恋愛以前に人間関係の構築が難しく、恋愛や結婚の相談をする以前の問題ですが、これも不思議なことに彼がいる(できる)確率は高く70~80%くらいです。

    これも先ほどと同じく彼がいる(できる)けれど、意思の疎通も難しいし波長が合わないのを無理やり繋ぎ止める感じで、大半は彼とうまく行く未来はありません。

    そしてショートヘア(ベリー含む)+パンツルックの場合、不思議なことに彼ができない確率が跳ね上がり、ファッションとしては問題も無いし似合っていて素敵な場合も多いのに、男装に近い状態では不思議と運気低下が多く、彼ができる確率が下がる傾向もあります。

    この男装に近いファッションをして欲しくないもう一つの理由もあるのですが、これは鑑定の時に説明しているので根拠も無いのに不安を増徴させることは出来ないので、この件についてはブログに書くのは差し控えます。

    他にも些細なことですが、まさに鑑定する直前に「トイレを貸して下さい」と言う場合、「彼・彼女(旦那・奥様)」ができないか~もしくは「彼・彼女(旦那・奥様)」に苦労させられているか、このどちらかになっている方々が多いです。

    これは男女共通で、いざ鑑定開始直前に「トイレを貸して下さい」と言う場合、恋愛も仕事も運気低下か躓く場合が多いです。 この件に関しては理由もちゃんとあるのですが、この行動を取る方は説明しても納得できないか、納得できても同じことを繰り返すか、どちらかになります。

    また、周りから止められるにも関わらず犯罪者と恋愛(結婚)する場合、殺人でも強盗でもシャブでも、間違いなく不幸な恋愛(結婚)になる傾向があり、よりによって犯罪者と付き合うのはどうしようもありません。 (TVや映画は架空の世界です)

    他には予約した鑑定時間よ余りにも早く事務所へ来ると不運な傾向が強く、遅刻していないにも拘らず不運のオーラが無くならない傾向があります。

    例えば、倉敷での最高記録は16時から予約した方が午前10時にお越しになり、6時間お待ちになられました。 お気持ちは充分に理解できるのですが、これは逆に他の方の迷惑になる行為なので不運になってしまいます。

    そして最後に鑑定でもブログでも説明もしているのに、何故か繰り返してしまう傾向は「県北へお嫁に行く」で、どうして岡山や倉敷で生まれ育った女性が県北へお嫁に行くのか理解に苦しみます。

    訳を伺うと、「彼だけは違うから大丈夫だと思った」や「そこまで酷いと思わなかった」など、人の話を余り聞いていない~世間のことを知らないなど、結婚して後戻りできない状態での相談はどうにもできません。

    県南で出会い→結婚後に県北の実家へ帰ったとか、県北へ就職したから付いて行ったなど、色々な理由はあると思いますが、何度も「県北での生活は皆様には無理」だと作り話で解説しています。

    年に1~2名ほど県北へ挑戦する人がいるので勇気は素晴らしいけれど、結婚してから相談に来られても解決方法は二つだけ、「旦那様と一緒に県南へ引っ越す」か「離婚する」かのどちらかです。

    県北へチャレンジする勇気は認めますが無謀そのもの、これほどはっきりした傾向は存在しないに等しいので、くれぐれも無理なことはお止め下さいね。

    恋愛や結婚は自分に応じた相手とする、余りにもかけ離れた世界の住民とするのは、覚悟を決めて人生を棒に振っても後悔しない、それでこそ浮かぶ瀬もありますが、そこまでは辿り着けないと思います。

    傾向とは確実にそうなるとは限らないけれど、そうなることが多いと言うことなので、意地を張っても無理なモノは無理とも言えます。

    あなたは傾向をみて、参考になりましたか?

    (´゚ω゚):;*.:;ブッッたまげ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop