徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    英会話。

    おはようございます。 今日も明るい一日の始まりで、何が無くとも元気があれば何でも出来る、元気がなければ無理やりにでも声を出したり小走りで身体を動かしたり、自分で自分に気合を入れる為の何かを癖付けておくと、次からペースを取り戻しやすいと思います。

    そういう時に知らない人と会話して緊張感と共に新鮮さを脳に与えると良い刺激になり、自分でも思わぬことが見えてきたりと言う良いきっかけには、英会話も一つのツールになるかもしれません。

    ただし、日本語がきちんと話せないのに英会話と言うのも変で、日本人なら日本語がきちんと話せること、英語が話せなくても通訳に頼めば良いだけ、楽天が「英語の話せないやつは馬鹿」と言うのは傲慢で失礼な話です。

    なお、心配しなくても社内公用語が英語と言う会社ほど、海外事業に失敗して国内強化に走る企業が大半、英語ができるかどうかよりも企画力や実行力のある人間を揃えた企業の方が、明らかに海外事業に成功している現実があります。 (貝印や小森機械など)

    では、ここから英語の本当の実力が分かる小話で寄付の神様とのやり取りから抜粋、この内容を笑えないならばTOEICのように勉強する為の英語であり、実際に外国人と会話する時に苦労するかもしれません。

    「英語のできないやつは馬鹿」と公言するのは人間性の問題で、私は英語なんてさっぱり分からない馬鹿ですが、日本語だけで生きるのに不自由はなく、英語を使うことなどありません。

    寄付の神様と食事へ行った時に英語の発音は難しいとの話になり、日本人の耳では発音が同じに聞こえたり、違う発音をしているつもりでも相手には同じに聞こえたり、読み書きだけではなく会話するのは難しいと言う話になりました。

    私は英語がさっぱりできないバカタレですから、開き直ってデタラメ英語を適当に喋っているだけですが、会社などの交渉や会議などではきちんとしないと通用しないから、英会話とはセンスも関係してくるのかと言う気もします。

    そこで私と寄付の神様が交わした内容ですが、以後は私=Yで寄付の神様=Kでやります。

    Y:「しかし、英会話って言うのは難しいなぁ、読み書きは修正できるけれど、一度話したことは消したり修正は聞かないから。」
    K:「慣れもあるし、気にすることは無い。」

    Y:「でも、仮に『I love you』と言って、『I rub you』と聞こえたら困る。」
    K:「あはは、そりゃそうだ。」

    Y:「男が女性に向かって言った時、『I rub you』と聞こえたら誤解される。」
    K:「いいんじゃないの? お互い好きなら。」

    Y:「まあ、することは一緒だから、確かにそうかも。」
    K:「じゃあ、女性なら『You rub me』でいいんじゃない?」

    Y:「何、言うとんねん、怒られるよ。」
    K:「いや、最近の女性は分からない。」

    Y:「じゃあ、どこをどうするの?」
    K:「言える訳、無いでしょうが。」

    Y:「なら、『men's Erect pipe』と言いたいの?」
    K:「それ、お客様の前で言える?」

    Y:「言える訳ない!」
    K:「あははは!」

    以上の会話における笑いのツボが分からない人は、「発音と単語の理解力に関して難あり」で、違う単語を同じ発音か、もしくは同じ発音なのに違う単語になっているかのどちらかです。

    つまり、全く違うことを言っているにも拘らず、相手には同じこととして伝わっているか、もしくは同じことを違って伝えているかと言うことになり、それを日本語に例えるならばAとBを比べてみてください。

    A:おしょく・じけん⇒汚職事件
    B:おしょくじ・けん⇒お食事券

    このAとBのように日本語のひらがなで言うと全く同じですが、漢字で見ると全く違う内容で、それでも日本語の微妙な発音字のアクセントやトーンでネイティブ日本人なら違いが分かる筈です。

    ところが外国の人に「おしょくじけん」だけだと、どちらのことを言っているのか分からないし、日本へ来たばかりだと間違いなく「お食事券」のことと理解されてしまいます。 読み書きだと調べながら出来ますが、会話となれば目に見えないのでごまかしが効きません。

    言った言わないの水掛け論に日本人同士が日本語で話してもなるのですから、日本人と外国人が英語で喋れば誤解を生みやすくなるのは当たり前、会話に関しては実力が諸に出るのでごまかそうとしても無理、TOEICを金科玉条のごとく大切にする企業はアホかと思います。

    だからこそ英会話は実践が大切、分からないことは分からないと言う癖を付けておかないと、あとで言い間違いに尾鰭が付いて面倒なことになるかもしれません。

    私は自分なりの英語勉強法があり、それは学校の先生なら「あほか!」と馬鹿にするような方法ですが、これを実践している素敵なお客様の子どもたちは大人よりも英語が喋れているし、英語の塾へ行かせるのは無駄なお金で大人も簡単に英語が話せるようになります。

    これはやるかやらないかと言うだけ、本人のやる気のみの方法だから難しくはありません。 大卒で海外留学経験ありの人が道に迷っている外国人を避ける、学歴も留学経験も無い私が道案内できる、これが日本の英語教育のおかしなところです。

    ただし、2025~2030年頃には英語の価値は激減しているから、子どもに英語の勉強をさせるくらいなら、資格や技術を身につけさせておく方が食いっぱぐれがありません。 未来において英語を勉強しても何の役にも立たない、最後には技術や資格のある人が勝ちます。

    あなたは英会話、身に付けたいですか?

    (=`ェ´=;)ゞコワッ!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop