徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    相性。

    おはようございます。 素敵なお客様には幸せになって欲しいと思いますが、その幸せとは何なのかは人により違いますが、どうこう言っても結婚に繋がるのではないかと思います。 人は一人では生きて行けないけれど、誰かと生きていることが鬱陶しいと思いつつ幸せだったりします。

    占いで一番多い恋愛相談では「相性」もよく聞かれますが、世間的な相性と霊視で見た相性では少し違うので、まずは世間的な相性の方から解説です。

    相性と言う言葉は非常によく使われて、「あの人とは相性が合わない」など、仲が悪い時には使われますし、恋愛では男女の相性は必ず出る言葉、この感覚的で数値化しにくい相性を4つにわけてみます。

    1:「匂いが平気(もしくは好み)」で、遺伝子的に言うと女性は自分が持っている遺伝子と似たような匂いの遺伝子を持つ男性を嫌い、遺伝子がかけ離れている匂いの男性を好きになると言う結果があります。

    これは匂いで遺伝子を判断して近親間の妊娠を防ぎ、より健康な子供を産む為の遺伝子の仕組みではないかと言われています。 つまり、不潔でも何でもないのに女性が「あの人、臭~い!」と言う時は、「自分と同じ匂いだから嫌い」が遺伝子的には正解です。

    だから女性が異性に感じている「クサイ」と言うのは、自分と同じ匂いであることを知っておかないと、「あの人、クサイ!」と言うのは自分が発している体臭とも言えるのです。

    2:「経済的感覚が同じ」で、人の脳には10代の頃から「親の言葉づかい・ライフスタイル・趣味・」など莫大なデータが無意識に構築されています。

    カップルや夫婦が長続きするのは経済感覚が似ている人に多く、確かに極端な節約家の人と極端な浪費家の相性が悪いことは、誰でも簡単に理解できると思います。

    3:「趣味趣向や好奇心の方向性が同じ」で、知性のレベルや好奇心の方向性が似ているカップルは長続きすると言われ、旅行好きとパチンコ好きは相性が合わないし、クラッシックと演歌では音楽と言う趣味は同じでも中身が違いすぎて合いません。

    だから同じ歌手、同じ本、同じ映画、このように知的レベルと好奇心が同じでないと、カップルも夫婦も長続きしにくいのです。

    4:「社会観が同じ」で、これは社会との関わり方や倫理観や道徳観が同じと言う意味で、道で人が倒れていたら助けるタイプの人と素通りするタイプの人では、付き合っても関係がうまくい来ません。

    当然ですが、寄付やボランティアに興味のある人とない人が付き合っても無理で、人の為にと自分だけの人が付き合っても無理、倫理観や道徳観は意外と重要なのです。

    ただし、遺伝子的な例外として女性が働き者で男性が怠け者の場合は、女性の母性本能が働いて余程の酷い状況にならない限り、見切りをつけることはありません。 「どうして、こんな目に?」と思いつつも、男性に飯を食わせてお小遣いを与えると言う生活を続けてしまいます。

    ここまでの1~4が似ている、もしくはあまり相違が無いと言うカップルや夫婦は、余程の緊急事態が無い限り別れない、もしくは別れるところへ行くまでに回避されるので、結果として長続きしてしまうのです。

    ここまでが世間で言うところの相性で、結局は人としてのレベルが同じが似ていれば生活環境も同じになり、趣味嗜好が同じか似てくると言う話です。

    そして霊視的に言う相性とは何なのか、それは「お互いが笑顔で暮らしているかどうか?」で、そこには学歴や収入や身長や顔などは一切関係なく、未来において二人が幸せに暮らせているかどうかが全てです。

    奇跡のA夫妻を例に取ると、奥様に叱咤激励を受けて頑張りつつも、その奥様に癒されていると言う部分もある、奥様が主体で旦那様が従うと言う流れができていれば幸せな未来、そんな感じで過ごせているから「相性が良い」と判断します。

    しかし、たとえ医者と結婚しようが、官僚と結婚しようが、それは今を切り取ると幸せかもしれませんが、10年後に「浮気、DV、離婚」などの未来が待っていたら、今は幸せでも未来では幸せじゃない、そんな風に判断せざるを得ません。

    そして肝心なことは「相性は数値が高い方が良いわけではない」で、相性100%は理想ではあるけれど、私の話を聞いていないと悲惨なことになるのが相性100%の怖さです。 相性が良い方が良いと言う占い師は半人前で、相性が良ければ良いほど苦しみを生むことになります。

    何故なら、相性100%でスタートしたカップルは、相手のことは何でもすぐにわかってしまうし、相手の思いがすぐに理解できてしまうし、初めて会った筈なのに昔から知っているかのような不思議な感覚に陥ります。

    この相性100%は極たまにいるのですが、私自身の経験でもほとんどいないレベルです。

    この相性100%には落とし穴がありまして、それは「付き合えば付き合うほど、相手のことを嫌いになっていく。」で、相性100%は頂点からスタートするので「会う度に相手の欠点が見えてくる」から、最初は会う回数や電話やメールの回数や時間を制御しないと、あっと言う間に相手のことが嫌になって終了を迎えてしまいます。

    この組み合わせの時は細心の注意を払わないとダメで、その対象者にきつい言葉であろうとキチンと言うべきことは言う、それが出来ないと終焉を迎えてしまうことが多いと学ばせて頂きました。

    それさえできれば相性100%は素晴らしいと思いますが、私は相性100%の組み合わせは推奨できないと思っております。

    私が鑑定していて思ったのは、相性は40~50%でスタートしてから、お互いが相手のことを徐々に理解してすり合わせて、それでお付き合いを始めて結婚へと流れる、それが一番いいのではないかと思いました。

    最初から手に取るようにわかってしまう相手ではなく、相手に訪ねて答える会話のキャッチボール、それがあった方が良い関係が築けると思うのです。 そして最初は40%の相性をすり合わせることにより、50%→60%→70%と上げて行けば良いと思うのです。

    あなたは相性を、どう思いますか?

    <(_ _*)> アリガトォ

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop