徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    医師との結婚。

    おはようございます。 素敵なお客様が活き活きとしているだけで周りの人を幸せにする、それは周りへの好影響として巡り巡っていつの間にか自分へ返ってくる、それは全ての人に言えることで、何も考えずに笑顔でいるだけでも一つの徳を積んでいることになります。

    活き活きするなら良いことがあって身体も心も軽くなるのが一番ですが、その為には恋をするのが一番かもしれませんので、今日は職業を絞り込んで恋のお話をしてみたいと思います。

    イオンや天満屋などデパートにおける社員同士の恋愛のお話も面白いかと思いましたが、それよりは世間的に興味があるであろう「医師と看護師」など病院の恋愛事情を、関係者の証言を基に解説してみたいと思います。

    医師と結婚したら収入は多いし潰れないし一生モノ、そう思って医師との結婚を狙っている人は多いと感じるのが占い師としての実感ですが、医師の身近にいる看護師や助手や技師や医療事務など関係者は、意外と医師との結婚はあり得ないと感じている人が多く、実際に医師は病院外から奥様を迎えることも多いです。

    それには功罪あるのですが、病院関係じゃないから気が休まる場合と、病院関係以外だから余計なことをして医療に集中できなくなる場合です。

    ある男性医師は某女性芸能人と結婚してからと言うモノ、年収1000万以上あるにも関わらず、土日は当直のアルバイトに精を出していますが、その理由は奥様が「移動は全てタクシー・食事は外食か取り寄せ・海外旅行は年に2~3回・クレジットカードは制限なし」と、これを満たす為には稼ぐしかない、妻が芸能人と言う見栄を続けるには大変です。

    なお、お付き合い期間1年半のデート代が1500万、結婚式費用が1500万、合計3000万使った上でのことで、余計なお世話ですけど芸能人と結婚したらお金が大変だなと思います。

    では、医師の院内恋愛事情についてですが、1日の80%近くを院内で過ごすことが多く、外来診療や手術などに加えて当直もあり昼食を取る暇もない激務で、朝夕には入院患者への回診もあったり、花形職業と思われがちですが、外から見るほど優雅でもなければ遊んでいる訳でもありません。 (注:跡継ぎのバカ息子を除く)

    そんな身を粉にして働いている医師達の恋愛はどうなのか、それを知る為にも総合病院に勤務している外科医を例に見ますと、病院は24時間体制で患者や急患に対応している高度救命医療に従事、それにより医師も交代で夜勤に当たっている病院と仮定します。

    こういう忙しい医師の場合は恋愛経験が少なく一度付き合えば長い傾向、学生時代は寝る間を惜しんでの勉強に没頭、恋愛や遊びに没頭していては試験をパス出来ない環境だからで、しかも不真面目で努力が嫌いな人は少数派で、多くは真面目で勉強家だけに恋愛経験も少なく、お付き合いは真剣な交際を重ねて結婚へ進む可能性が大です。

    では、どういう形での出会いがあるのかと言えば、職場内で出会い→恋愛→結婚に至る流れを解説です。

    Aさんは研修医1年目、Bさんは看護師4年目、このAさんとBさんは仕事でコンビを組んでいる内にサポートして貰う度に惹かれ始め、病棟での飲み会を機に意気投合して恋愛へと発展、そして交際1年でのスピード婚によりBさんは結婚を機に病院を退職しました。

    これは医師と看護師が結婚と言うノーマルなケースで、このケースはめでたく結婚まで辿り着きましたが、途中で別れてしまうと職場恋愛だっただけに気まずい思いをします。 更に別れた後で医師が別の看護師と付き合い始めたりしたら悲惨、醜悪なトラブルに発展することも多いです。

    狭い病院内でのお付き合いは色々と息が詰まるものがありますが、この組み合わせの良いところは仕事に対する理解ですが、それ以外はこれと言ってプラス要因は見当たりません。

    Cさんは医師6年目、Dさんは医療事務、仕事上のやり取りを交わす内に意気投合しましたが、彼女のことを真剣に想っていたCさんは同僚や看護師に気付かれぬよう交際を開始、デートも病院から離れたエリアへドライブ、3年のお付き合いを経て結婚しました。

    この医療事務と結婚するのは珍しく、医療事務と医師が会話をするのはレセプトのやり取りをする時くらいで、それだけに波長が合ったと感じたなら医師からアプローチをすることが多いようです。

    余り会話をすることの無い医療事務ですが、医師からすれば独立開業の時にサポートしてくれる心強い存在と考え、恋愛に発展することが多いようです。

    Eさんは医師9年目、Fさんは救急搬送されてきた会社員、当直で執刀したことで退院までを担当している内にFさんからアプローチ、Eさんの優しい物腰や人柄に恋したようですが、Fさんが退院したのを待ってEさんから交際を申し込み、1年半の交際を経て二人は結婚しました。

    医師と患者の組み合わせは余り多くはありませんが、この交際に至ったケースの多くは「患者さんから医師に好意を持つ」がスタート、医師も自分の受け持つ患者さんは情が入りやすいもので、病気や入院の程度にもよります、医師と患者の期間が長いと恋愛に発展するケースもあります。

    ただし、例外を一つ言うと長期の入院であろうと、1回の通院であろうと、「女性芸能人(女優やモデルなど)」の場合、その医師がカルテなどから勝手に携帯番号などを入手して、「具合の方はいかがですか?」など、いかにも親切に心配しているように見せかけて口説くケースもあります。

    なお、女優のSさんの結婚で本当にあった実話ですが、医師が患者さんへ個人的に具合を聞くなんてやってはならない、この時は病院も個人情報の漏えいなどコンプライアンスに抵触と、裏では大騒ぎになっていたそうです。

    この女優Sさんとの結婚はうまく結婚したから美談になっていますが、結婚へ至らなかったら単なるストーカーで、個人情報の漏えいで病院側が訴えられても仕方が無いケースです。

    しかし、男性医師が女優を口説くと言うのは昔の話、今は女医さんが男性芸能人を口説くケースが増加傾向、だから女医さんと結婚する俳優が増えているのです。

    医師と結婚したら未来はバラ色と言う気持ちはわかりますが、お金が目当て手で結婚しているなら、その医師が何をしようとも放置できる精神力は必要です。 余程のアホな医師でない限りは仕事が忙しくて家族に構っている暇はないから、サザエさん一家みたいに夕食時には食卓を囲むなんてのも無理です。

    あなたは医師と結婚、してみたいですか?

    OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop