徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    大人の引き籠り。

    おはようございます。 今日も素敵なお客様に元気で健康で素晴らしい一日を送って頂きたい、それにより笑顔の連鎖が始まり平和な日本と言う国レベルまで幸せが広がる、そうなれば争いは無くなり皆が笑顔で暮らせるようになります。

    人は当たり前から感謝の気持ちが無くなりますが、朝起きて学校や会社へ行けるのは極上の幸せ、目が見えて耳が聞こえて身体が自由に動く、それは本当に素晴らしい幸運なのに、それに気付かず親のおかげで暮らせているのに贅沢ばかり、そういう男性が多いことに意外と世間は気付けていません。

    何故なら、今は「大人の引き籠り」と言う「30歳を過ぎて家でゴロゴロとして、ネット~TV~食う~寝る~起きてネットと、この永久ループを繰り返している男が多く、親が近所に見栄を張って「うちの子は岡山にいる」などと言って、マンションに一人暮らしをさせて生活費を出して一日中自宅警備員をさせている、これで親は何とも思わないのが今の世の中の現実です。

    結婚できない女性が増えた原因の一つが「引き籠り男性」が増えたことと無関係ではなく、30~40代の自宅引き籠り男の多いこと、倉敷や岡山でも相当な数がいるのですから、日本全国にはものすごい数の引き籠り男性が存在します。

    「起きる→ネット→TV→食う→寝る→起きる」と、これしかせずに「働いたら負け」と平気で言う、しかもネット上では最強だから上から目線で社会や個人を批判ばかり、本人の目の前では小さくなるけれど匿名では強い、こういう息子を増殖させている親には社会的責任を取らせてもいいくらいです。

    こういう男性が犯罪に手を染めるのはもちろんのこと、その犯罪により他人が迷惑を被ることを分からず、「うちの子に限って!」や「うちの子はしていない!」など犯罪者を庇う、そんな親には代わりに刑罰を適用するしかないところまで被害者の感情は来ています。

    例えば、某TV番組で親の依頼を受けた引き籠りの支援団体が、怒鳴ったりドアを突き破ったりして部屋から出そうとする場面を紹介したところ、当事者である引き籠りたちが共同声明を発表しました。

    「放送で出た発言により、自分の過去・現在を完全否定され、精神的に傷つけられた。」など、当事者の声や有識者の見解を取り上げるよう求めたのですが、働きもせず社会の役にも立たず、親や周りに迷惑を掛けているのに被害者面、しかも一人じゃ言えない~匿名じゃないと言えないから共同声明です。

    こういうTV番組をみると普通の感覚では「やりすぎでは?」と思うかもしれませんが、親や兄弟など身内は限界だから依頼しているので、本音を言うとドアを叩いて無理矢理外に引っ張り出してでも、まともな社会生活を送ってほしいと願っているから頼むのです。

    当人がどう思うかではなく家族がどう思うかが重要で、いくら当人が暴力的な方法だと非難したところで、家族からすると限界に来ているからこそで、引き籠りの人からしたら人権侵害と言うかもしれませんが、家族にしてみれば手に負えなくなって最後の最後に頼むのが支援団体です。

    多少、手荒なことになろうとどうしようと、働きもせずに家に引き籠ってネットやTVで食う寝るしかしない、そんな男性を相手にまともな方法を使う必要はないと家族ですら思ったのが現実です。

    親に大学を出して貰ってろくに苦労もせずに遊びながら卒業して、適当に働けると思ったら全く通用しない、そして朝になると「体が動かなくなった・家から出られない」など言い訳が始まり、大人の引き籠りとしての人生を歩み始めます。

    子どもが大きくなって大人の引き籠りになる親には共通点がありまして、次の8つを満たしていれば、まごうことなき大人の引き籠りへまっしぐらです。

    A:子どもの回答を待たずに先に返事をする親。 子どもが「何年生?」と聞かれているのに、親が「2年生です」などと先に答えてしまうのはNG。

    B:家庭での雑談が少ない。 「早く勉強しなさい・早く寝なさい」など、一方的に命令しかしないのはNG。

    C:子どもの話を聞き流して最後まで聞かない。 「今忙しいから、ちょっと待って!」など、子どもの話に対して受け答えしないのはNG。

    D:条件的褒め&承認をしている。 「Aちゃんが、Bしてくれたら、お母さんはうれしい!」など、条件を付けた褒め方や条件を付けて承認をしようとするのはNG。

    E:知力だけを育てようとして感情に目を向けない。 「算数が難しい」と言うのを聞いて「しっかりやれ!」で、ネットばかりで本などは読ませないのはNG。

    F:子どもを自分の思い通りに育てようとする。 「お母さんはこの学校がいい」など、自分の意見を押し付けるのはNG。

    G:子どもの挑戦を回避させる。 子どもから「○○をやってみたい」と言われると、「それは危ないからダメ」などとすぐに否定するのはNG。

    H:さらに上を要求。 97点だったテスト答案を見せられると、「あと3点で満点だったのに、何やってんの!」と、褒めるよりできなかったことを指摘はNG。

    このA~Hを子どもにしていれば、どんどんと引き籠りへ向かって歩み始めますから、子どもを引き籠りやニートにしたければA~Hをしているだけでなります。

    本来の親とは子どもが独り立ちできるようにすること、子どもが勉強もせずに社会のルールも守れずに、周りに迷惑を掛けているのを見過ごすようでは親としてダメなのです。

    中学生が頭を金髪にして先生に暴力を振るい、窃盗や悪さを繰り返しているのに「本当は良い子なんです、社会が悪いんです。」と、母親が本気で話すようでは社会の役に立たない未来は確定、それでも庇うのは親バカだからと言うかもしれませんが、犯罪を放置するのは親バカではなくバカ親です。

    子どもが社会の役に立つ人間になるように教育するのが親の務め、寄付の神様のお父様は寄付の神様が大学へ行く時に、「社会の役に立つ人間になれ、ならないなら大学へ行かなくてよろしい。」とバッサリ、これが親として子どもに言えるかどうかです。

    ただ、私自身が県北で引き籠りと同じようなモノだったので、現時点で家に引き籠っている大人にもチャンスはある、きっと人の役に立って誰かの笑顔の為になれる未来がある、そう信じて部屋の中から外へ出て新たな一歩を踏み出して頂ければと願います。

    私が男性鑑定を増やしているのも、もしかして何かの希望やきっかけになるのではないかと、引き籠り男性の未来へ期待している私もいます。

    あなたは大人の引き籠り、身近にいたらどうしますか?

    (o’ω’o)ノオツカレサマ~☆

    知らせ:業務多忙の為、ブログの更新は週明けに再開、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop