徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    冷たい。

    おはようございます。 今日も一日の始まりは素敵、何事もなく過ごせるのは天国ですから、その日常を幸せと気付くことが全ての幸せの始まりです。 今日も変わらない日常をつまらないではなく、良かったと思える&幸せと感じることができたら、今日よりも明日が幸せになっています。

    さて、人は人と関係しなければ生きて行くことができない、たった一人では何もできないのが人間ですが、電気や水道にしても誰かが生み出してくれた恩恵、何も関わりを持たずに人は生きて行けません。

    それなのに人は人間関係で悩むことが多く、一度も人間関係で悩んだことが無い人を見たことがありません。 お金持ちであろうと高学歴であろうと有名人であろうと、どのような立場の人でも必ず一度や二度は人間関係で悩んでいます。

    傍から見ると「あの人は、うまくやれていいな?」と思うかも知れませんが、人間関係で悩む率(%)は誰しも変わらない、うまくやっているように見えても気を使っているだけとか、嫌なのに我慢しているのを見せないようにしているだけなど、それなりに苦労の跡が垣間見えるのです。

    占い師になって思うのは、人は良い人と関わって生きていけたら良いけれど、悪い人やろくでなしと関わったら、その先に待つのは苦労や破滅でしかありえません。

    私自身がそうですから実体験としてお話しできるのですが、県北と県南では出会う人が全く違うから、そうなると運勢的にも変わってきますし、その積み重ねが続くと人生に与える影響は少なくありません。

    だからこそ、同じ人生を歩んで行くのであれば、良い人と巡り会って縁を繋げて行く方が素晴らしい未来になりますが、それは自分が「どう決断するか?」であり、縁を繋げるも切るも自分次第なのです。

    実は、縁を繋いでいくのは人と関わると言うことで中々に難しいところがあり、恋人同士でも夫婦でも同じことですが、相手の為に時間を割くのができなくなると人は冷たいと感じ始めます。

    分かりやすく説明すると、AさんとBさんがイベントやサークルで知り合いました。 そこで仲良くなったAさんとBさんはお友達になって、いつも一緒に行動するようになりました。

    ここまでは普通に良いことだと思う筈ですが、この時点で既に落とし穴にはまっている状態で、余りにも仲良くべったりになると、AさんもBさんも「他の人と知り合う機会が無くなる」のが問題です。

    AさんもBさんもお互いが他に縁を繋げようとしないから、固定化された日常と言うか関係で終わり、いつも一緒にいると他に縁を繋げられないから、そこで人間的成長や新たな縁は始まる前に終わってしまうのです。

    その関係にも変化が起こるのはAさんか~Bさんか、どちらかが新たな友人ができた時で、仮にAさんにCさんと言う友人ができたとして、その場合は今までAさんが毎週土日にBさんと一緒に過ごしていても、今度は土曜にBさんで日曜にCさんとなります。

    するとBさんからすると「Aさん、最近、冷たい・・・?」となりますが、人の身体は一つしかないので当たり前のこと、今までBさんに注げていた時間をCさんに注ぐようになったのですから、単純計算で半分(2分の1)になってしまいます。

    そしてAさんが更に縁を繋げて色々な人との出会いを望んだ場合、DさんやEさんと知り合いになって、そこで関係を築こうとしたら、土曜の午前がBさんで午後がCさん、日曜の午前がDさんで午後がEさんとなります。

    そうなるとBさんと会う時間は以前の4分の1になってしまうので、Bさんからするとますます「何で、私と会う時間が少ないの? 最近、Aさん、凄く私に冷たいなぁ・・・。」と思うから、そうなるとAさんとBさんの心の距離が離れるから自然と二人は会わなくなります。

    これは仲が悪くなったわけではないけれど、お互いの運勢レベルと言うか生き方が変わってきたので、今さら元へ戻ることはできません。

    BさんからするとAさんは冷たくなったと感じるかもしれませんが、AさんからするとBさんを大切にしているつもり、わざわざ時間を作って友情を大切にしているつもり、それなのに冷たいと言われたら「Bさん、酷い!」と感じることになります。

    これが仲が良い二人が仲たがいしていく過程ですが、どちらも相手のことを嫌いになったわけでもないし、相手に嫌がらせや何かをしたわけでもありません。

    ただ、相手に割く時間配分が変わってきただけで、自分の時間を均等に使うことはできないのでメリハリを付け始めただけ、悪気も無ければ悪意も無いのに二人の関係だけが変化していく、そこにあるのはお互いの価値観の変化で元へ戻ることはあり得ないのです。

    私に置き換えても同じことですが、占い師になったばかりは暇で暇で予約ゼロの為、30分と言いつつ延長する、昔は30分の筈が最高で4時間鑑定した時代もありますし、暇な時代は30分と言いつつ40~50分鑑定するのも当たり前でした。

    それが予約が入り始めると徐々に延長もできなくなり、今では30分と言っても33~35分くらいのサービスがせいぜいで、後ろに次の方がいるので時間が取れなくなりました。

    そうなると「昔は延長してくれたのに最近は時間通り?」となり、以前なら無断キャンセルされても暇だから受け入れましたが、今は無断キャンセルした方は予約もイベントも御遠慮頂くようになりました。

    それにより、「以前は無断キャンセルしても予約が取れたのに、最近は偉そう!」と、今度は逆に無断キャンセルした方より怒られることも増えました。

    これが相手が冷たくなったと感じる心理と行動で、お互いの運勢レベルの変化や人間関係の広がりで起こる必然で、それは釣り合うまでは元へ戻れないのです。

    なお、新年会の御案内(場所など)が手元へ届いてない方がおられましたら、大至急御連絡をお願い申し上げます。 ほぼ、お渡し出来ている筈ですが、連絡ミスや連絡忘れなど、私の不手際により案内が手元へ届いていない方は、大至急ご連絡をお願い申し上げます。 m(__)m

    また、お店の人数確認は今日が最終確認なので申し訳ございませんが、さすがに追加も今日以後は受付ができません。 m(__)m

    あなたは冷たい、そう感じますか?

    m(。≧Д≦。)mスマーン!!

    お知らせ:業務多忙と東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop