徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    逆の意味。

    おはようございます。 今回も無事に帰って参りましたが、こうやって無事に移動できて素敵なお客様にお会いできることは本当に幸せです。

    本当に生きていられることに感謝、自由に動けることは奇跡、日本に生まれてご飯が食べられるだけで幸運、それを理解していないと開運は難しく、痛い目に遭って初めて幸せだったことに気付くようでは、生きている意味を理解せず損しているのと同じです。

    人が生きているのは何の為なのか、そういうことを哲学的に考え始めるのは、自分の中に少し変化が起き始めた時で、答えが出ないとわかりつつ考えるのは矛盾の中に自分を見出すことでもあり、決して無駄な時間にはなりません。

    人生に矛盾は付き物、社会生活は矛盾だらけで納得いかないことも多く、それでも生きていかなければならないのが人生です。

    世間でも「人は見かけによらぬもの」と建前上は言いますが、実際は「人は見かけによるもの」で、恋愛で男性を紹介される時に全く同じ男性が「ジャージとスーツ」では、ほとんどの人が「スーツ」の男性に好印象を抱く筈です。

    これは男も同じで、女性を紹介された時に全く同じ人でも「白いワンピース」を着ていたら、間違いなく2~3割増しで相手を評価します。

    それに人は見かけで判断されるとわかっている証拠が、茶髪の大学生は就職試験で面接に行く時に黒髪に戻すし、一般でも刺青を隠しますが、ポリシーなど立派なことを言うなら、茶髪や刺青をそのままで面接に行くのが筋、それができないなら「人を見かけで判断するな!」は間違いと言う証拠です。

    このように人は見かけで判断してしまうので最初の見かけは重要、付き合いができてくると人間性も影響してきますが、「人は見かけによらぬもの」とは本質を見抜こうと言う意味で、見かけに騙される人を揶揄する言葉でもあります。

    だからこそ人は逆の意味から真実を見つける力も必要で、相手の言葉を鵜呑みにしていると棚されたり存したり、散々な目に遭うかも知れません。 人は自分を演出してよく見せようと無意識のうちに他人と反対のことをしてみたり、心とは裏腹のことを言ってみたりなどがよくあります。

    特に恋愛は大嫌いと言いながら本当は大好きだったり、無関心を装っているけれど実は大いに関心ありだったり、夫婦でも愛しているけど憎かったりで愛憎入り乱れる関係があります。

    昔から可愛い子には旅をさせよと言うのも、可愛いが故に厳しく育てて自立できるようにするなど、そのままに受け取らず逆の意味が真実を示していることが多々あり、可愛さ余って憎さ百倍や急がば回れなど、数々の逆説的な諺があるのが日本の奥深いところ、「逆もまた真なり」に繋がる部分です。

    人は嬉しくても泣く~悲しくても泣く、同じ泣くでも意味が真逆です。 同じく笑うを見ても、余りにも悲しみや苦しみが大きいと最後は笑うしかありません。

    ちなみに「逆もまた真なり」を単純に解説すると「A=BならB=A」ですから、1+2=3なら3=2+1も成り立つことになります。 ところが論理的に考えると3=2+1だけとは限らない、もしかして3=1+1+1や3=5-2かもしれません。

    「雨が降るから気分が滅入る」は文学的には成立するけれど、「気分が滅入るから雨が降る」などはあり得ないので、こういう物理学的なことを言い始めると、「逆もまた真なり」は成立しなくなります。

    つまり、「逆もまた真なり」は受け止める方の知識など理解力が必要な部分、知識や強要がないと永久に理解できない部分ですから、一種の気付きとも言えるのです。

    大切なモノとは人により違う、これも「逆もまた真なり」を表しているものですが、コンビニのジュースにキーホルダーのオマケが付いていることがあります。

    オマケが大事な人には商品のジュースがオマケ、逆にオマケに関心のない人にはジュースが大事、このように一つの物を見ているにも拘らず大事なのが「ジュースとオマケ」にわかれます。

    このような状態が「逆もまた真なり」なので世の中に矛盾が溢れるのは仕方がない、そうやって人は生きていくもの、ちなみに「真なり」の辞書的な意味は論理学で「ある命題が事実と一致すること」です。

    もう一つの例が芸能界で、真実を隠してしまうことなど日常茶飯事、モデルさんのブログを見ていると「逆もまた真なり」がよくわかります。

    作り話で説明するとブログでモデルさんが、「今日はAちゃんと、Bちゃんとランチ。 楽しい一日になりそう。 仕事の話など、一杯できそう。」と書いていたら、「あぁ~、AとBとランチだよ、めんどくせぇ。 あいつら、ちょっと売れてるからって、うぜぇんだよ。」が本音です。

    他にも新人さんが、「今日は元モー娘。の●●さんと、控え室が一緒でした。 スタッフの方々も、とても優しく話しかけてくれました。 新人の私にも気を使ってくれて、申し訳なかったです。」と書いているのを解説します。

    これは、「元モー娘。の●●が、何でこいつと控え室が一緒なんだよとスタッフを怒鳴りつけ、私を睨みつけて本当に怖かった。 部屋の隅で気を使い、居心地が悪くて二度と会いたくない。」が本音で、逆に見ると色々とあるのです。

    このイベントの動画がYOUTUBEにあるから見たら一目瞭然、怒鳴られた後だから新人さんの顔が引きつっているし、●●は不機嫌そうな態度でMCから話をふられてもぶつ切り、これじゃ新人さんの居心地は相当悪かったと思います。

    芸能人の性格が良いか悪いかを聞かれても答えようが無く、仕事となれば態度を変えられるからこそプロ、目の前で良いからと言って必ずしも良い人とは限らない、芸能人と目の前で1対1で会ったならがっかりする、その現実を知らないと残念な思いをして心に傷が残ります。

    個人的意見を言うのであれば、会った数が少ないことを考慮しなければなりませんけれど、男性芸能人の方が良い人が多い気がします。

    あなたは逆の意味から、真実を見つけられますか?

    (o´艸`o)ァハ♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop