徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    男心の活用法~8。

    おはようございます。 今日も元気で健康で自由に動けるのは何よりの幸せ、人は当たり前の時には感謝も無いけれど、自分が病気になったら途端に慌ててしまうもので、健康はお金では買えない素晴らしい幸せです。

    さて、この男心の活用法を活かして貰えているなら嬉しい限りですが、理解できなかったり読み流すだけだったら、それは悲しい現実を見ることになるかもしれません。 男と言うのは女性に守られると言うか、見守られて甘えさせた貰うと言う部分は無くならない、本当は女性の方が腹が座っていると言うか度胸がある、結婚している人なら男女問わずわかると思います。

    男が女性を好きになる時に、男が女性と付き合いたいと思う時に、その一番のきっかけと言うか~入口部分にある思いとは何なのか、それをズバリ直球で言うと「やりたい(性欲)」です。

    性欲と言うのは結局はやることであり、山に例えるなら「富士山に登りたい→頂上へ行って達成→後は下るだけ」と、こんな感じになるから「男は関係を持った後は冷たい」と言うのは下っている時だからです。

    つまり、頂上を征服する過程が無い山は味気ないからすぐに達成できてしまう、そうなると次はもっと征服感がある山となるので二度と登らない人が多い、それと同じですぐに体を許す女性は征服感の無い山と同じ、これは合コンのお持ち帰りやSNS(メール・LINE・ツイッターなど)で知り合って関係を持つと同じです。

    こういうネットでの繋がりは希薄なモノと良い大人ならばわかっている筈なのに、自分が当事者になると「彼だけは違う・こんなに合う人はいない」となってしまい、ネット上でのやり取りだけで相手を全てわかったように感じてしまうのは危険です。

    SNS(メール・LINE・ツイッターなど)で知り合った場合、会うまでに何度もやり取りをして関係が築けたと錯覚しているので、会ったらすぐに関係を持つと言うのが一番まずいパターンですが、SNSでのやり取りは全てバーチャルな世界の話であり現実ではありません。

    男の気持ちとしては頂上(抱く)へ行くまでに手こずる方が思いは強くなり、やっとの思いで頂上へ行けた山は思い出に残り、そう簡単に手放さないぞとなるものです。

    男からすれば簡単に頂上(抱ける)へ行ける山は征服する為の努力が無いから味気ない、「な~んだ、こんなものか?」となってしまい、頂上からすぐに降りて二度と行かないとなるだけです。

    ここが男と女の違いであり、一度関係を持つと飽きる男と感情の入る女の構図の出来上がり、関係を持ったのに連絡が無いと言う相談は星の数ほど受けているのと、何回でも同じことの繰り返しと言うのが人間として男女の性別差の基本ですから、簡単に体を許してはならないし、感情の高ぶりで許してもならないのは、言うことを聞けないかもしれないけれど聞いて欲しいのです。

    原則的に知り合ってから身体を許すまで最低でも半年は必要、これはSNSなどネット上の期間ではなくリアルに目の前で会ってからの話で、この半年を待てないような男なら偽者だから別れても無視しても良し、本当に頂上征服(抱きたい)したいなら10年でも待てる筈です。

    逆に言うと知り合って10年経つのに「やりたい」と言う男は思いが本物の可能性大、結婚できるかどうかや付き合ってうまく行くかどうかは別な話ですが、そういう男なら付き合っても損はないし、仮に抱かれたとしても運命的に悪いことが起きるどころか良いことが起きるかもです。

    では、男が音信不通にしたがる理由についてですが、一度関係を持っても優しく変わらぬ男もいますが宝くじレベルで、大抵の男は一度やったら冷たくなるのが自然な流れですから、女性に取って好きな男と連絡が取れないと言うのは不安や悲しみなど表現できない心のもやもやがあります。

    しかし、その女性のコミュニケーションが線であるのに対して、男のコミュニケーションは点ですから、話は平行線で繋がるわけがありません。

    連絡が取れない→礼儀がなっていない→私のことどう思っているの→何考えてんの、こんな感じで好きの愛情が怒りへ変わってしまう筈ですが、女性は毎日でも電話したいとい繋がりの線を愛情に感じますが、男は時々で良い→気が向いた時で良い→自分がしたい時だけ、こんな感じで点として考えます。

    言うなれば、女性は好きになればなるほど連絡したくなるし、男は好きになっても一定限度を超えると逆に連絡したくなくなります。

    結局のところ、男が電話(メール)しないのは「面倒・俺の女(手に入れた)」が一番に出て、次に「うるさい・何を話していいかわからない」がきて、最後に「結婚したくない・遊び」と言うのが本音です。

    最後の項目は可能性が無いのでやめておいた方が良いのはわかると思いますが、それでも好きなら突っ走ってしまい後で泣くのもよくある話ですが、追いかけても仕方が無い男と言うのがいるもので、恋愛で女性は追いかけるよりも追いかけて貰う方が良いのです。

    音信不通の彼はほっとく、好きなら連絡してくるし、嫌いなら自然消滅、それくらいの気持ちでいないとダメ、これを自分に言い聞かせないと待っていられません。

    ここで勘違いしないようにお浚いと言うか再考ですが、あなたが付き合っている男はどの程度の男なのか、市村正親さんのように誕生日には贈り物をして舞台終了後は励ましの言葉を掛け、目配り気配りをして周りからモテモテと言う男なのか、そんなことは無い~もしくはそこまでではないと言うなら、連絡が無いとか気が効かないのは当たり前です。

    できない人にやれと言うのは無理な話、彼に連絡をこまめにしてほしいと言うのは、今すぐに100M走でウサイン・ボルトに勝てと言うくらい無理な話、できない人にできないことを言うのは言う方が無理です。

    あなたの彼や旦那様は、そのままで良いところもたくさんある筈ですから、できないことをやれと言って怒るのは怒る方に無理があると言うことを勘違いしていたら、それは恋愛でも結婚でもうまく行くわけがないのです。

    あなたは男心の活用法~8、いかがでしたか?

    m(__)m

    お知らせ:東京出張の為、ブログの更新はお休みします。 再開は帰ってからの予定、素敵なお客様に御支援と御愛顧頂ける、そんな奇跡に感謝の気持ちで一杯です。 いつも御予約頂き、本当にありがとうございます。 m(__)m

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop