徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    世間を見る。

    おはようございます。 今日も素敵なあなたが動く時と言うのは、成功する為の第一歩となります。 それは何もしないよりも何かをした方が得ることは多く、失敗でも成功でも今とは変わる何かがあり、それにより違う未来を得ることになります。

    さて、東京都知事の海外視察などの問題を始めとして、国会議員も地方議員も視察旅行へよく行きますが、これはほとんどの方が思っているように単なる観光旅行です。 市民オンブズマンなどが追求していますが、何が視察かわからないようなことをしているのだから、観光旅行と言われても仕方がありません。

    前東京都知事に投票した人々は反省して欲しいのですが、都知事なのに外交問題へ口を出して海外視察なんて意味がわかりませんが、ファーストクラスにスイートルームでないとダメなんて、東京都民は税金の無駄使いを許せるなんて心が広いです。

    国会議員などのバカタレは大勢を引き連れて良い気分になっているお上りさんで、旅の恥は書き捨てとばかりにろくでもないことをするのが議員たちの視察旅行、税金の無駄使いだからすぐに全部の視察旅行を取り止めても日本に影響は一つもありません。

    韓国へ視察旅行へ行って性接待を受けたアホな市長もいますが、日本の議員たちは旅行へ出ると気が大きくなるのか、羽目を外すのもいい加減にしなければいけないのに、「ちゃんとしなさい」と幼稚園や小学校で習わなかった大人が多すぎます。

    ある程度の年齢になったら「世間」と言う言葉の意味を知らなければならないのですが、辞書で引くなら世間とは人々が生活している場と言う意味があります。 これは表も裏も見ると言うのが大切ですが、キレイな部分だけ見ていると痛みが分かる筈がありません。

    「キレイごとではなく現実を見る」ができていないから、日本はドンドンと不況や犯罪の増加などが起こりますが、目の前にある危機が理解できていないと、対岸の火事とばかりに人の痛みがわからなくなります。

    4畳半の部屋で30年以上生活している人、現場から現場へ渡り歩いて定住生活ができず路上で死んでいく人、盗みや暴行などでお金を得て生活する人、難病や障害などの病気で苦しんでいるのに援助がない人、生活保護を貰って働きもせずにパチンコや酒浸りの人、こうやって生きている表も裏も見なければ世間を知ることにはなりません。

    大阪なら西成などのドヤ街~東京なら山谷などのドヤ街、どうしてこういう生活になったのか、その歩んできた人生の裏側を見つめなければ世間を知るなんてありえないのです。

    今から思えば県北に生まれたこと~体験したこと~見たこと~感じたこと~全ては、現在の霊視カウンセラー人生において良かったと思います。 暴力や窃盗や放火や暴行など数々の非人道的な行為を見ているからこそ、平和で穏やかに過ごせることがありがたく感じて幸せな気持ちになれます。

    今から思うといじめや貧乏は決して不幸ではなく、私の考え方や人生を正しく矯正してくれた学びの場だと思います。

    私はろくでなしだから田舎で働くところもないのに我慢ができず工場を辞めてしまい、仕方なく建設現場へ入ったことも今では勉強として役に立っています。 常識や理屈が通じない世界、殺人を犯した刑務所帰りがゴロゴロいる現場での仕事や寝泊り、これらは今から思えば県北での生活同様に通常では経験できない勉強でした。

    世間を見るは観光旅行を意味することではないし、自分の懐が痛まないからと税金を使って視察と言う名の、観光旅行をするアホな議員たちでは最初から話になりません。 世間の人々の暮らしを見て人の心の痛みをわかることが、本当に世間を知ると言うことに繋がるのです。

    どうこう言っても日本は裕福だから仕方がないのですが、世間を見て歩くのを旅行と混同してしまうと得るものは何もありません。 日本には47都道府県あるので飛行機や新幹線など交通機関を利用して、「俺は世間を見て回った」と意気込む世間知らずも多いです。

    学生の間ならまだ許されるのですが、成人してからこんなことを言っているようだと、それは精神レベルがオコチャマなのか~自分のことしか考えていない私利私欲なのか、世間知らずにも程があります。

    残念ながら世間を見て回ると言えば47都道府県へ行って、ホテルや旅館へ泊まって史跡や名勝を見て回ることを親が勧める場合もあり、親がそうだから子もそう思うのは当たり前で、「旅行=世間を見る」と信じて疑わないのです。

    日本は豊かな国ですが、世界には目の前で死んでいく子供達がいます。 身体にウジが湧いてきて蝿がたかっているのに振り払う力も無い、そういう食べ物やワクチンがなくて死んでいかなければならない状態など、世界の現実は温泉に浸かって旅をしても見えません。

    世間を見るとは色々な問題や現象が起きていることを知り、その問題解決の為には何をすればいいのかを考える、そういう小さな一歩からコツコツと自分の中へ蓄えていき、知識として知っておくことが世間を見て歩いたことになるのです。

    人生経験とは年齢によるモノではなく積み重ねによりできる大切なモノ、若い世代にも素敵で素晴らしい人は多いから、誰かの役に立つ&必要とされる人生を送れる人が大勢いると、私は素敵な皆様方の素晴らしい未来を信じています。

    脳外科の福島孝徳先生の名言に、「人生とは、一に努力、二に努力、三に努力、全て努力なんです。」とありますが、努力と言うのは自分がしたと思っているうちは努力していない、周りから「凄すぎる・それ以上したら死ぬ」など、畏敬の念を持ってみられるくらいしてからが努力の入口です。

    あなたは世間を、どれだけ見ていますか?

    (≧∇≦)ъ ナイス!

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop