徒然草(占い・岡山・東京・霊視)

    あなたを元気にしたい、それが私の願いです。

    縁の繋がり。

    おはようございます。 今日も元気で健康で素晴らしい一日の始まりですが、それをありがたいと思えないことが問題です。 目に見えないだけでありがたいことが世の中にはたくさんありますが、それを感謝もせずに不平不満を言い続けているとドツボにハマります。

    人は苦しい時には神頼みでも何でもしますが、楽になったり調子が良い時には反省しないものです。 (私も予約が入らず悩んでいるので、反省する毎日です。)

    それはお金を借りる時にお金を貸す方が借りる方へ言う言葉として、「お金を借りる時には神様のように扱い、お金を返す時には悪魔のように扱う。」で、借りる時には貸して欲しいばかりに神様のように崇めるのに、返す時には「コノヤロウ!」と鬼畜のごとき言われようです。

    このように人は苦しい時には助かりたいから本心を捻じ曲げてでも助かろうとするし、楽になったら今度は恩義も糞も無いと平気で血も涙もない極悪なことができる、そういう人としての本性を自分で戒めることができる人は自然と運が良い状態を保てます。

    それが出来る人が少ないからこそ富が一極集中すると言われるのですが、反省しない人はいつまで経っても反省しないし、嘘を吐く人は何度言っても嘘を吐く、こうやって人間社会ができあがっているのですから、悪い部分は人に任せて自分が良い部分を担おうとする考えも大切です。

    人は人と繋がって生きて行くしかない、誰も一人では生きていられません。

    まともな判断ができる人なら、お米や野菜は農家の人、魚は漁師の人、それらを運送する人、販売する人、電気を作る人、こうやって無限に人が人を支えている現実がわかります。

    しかし、人は自分の力だけで生きていると勘違いしやすく、それを自分だけではないと戒めることが人との縁を大切にすることへ繋がります。

    占い師をしていると変わらないのは恋愛と結婚の相談ですが、この二つは人類が誕生してから続いている話ですから、今後も変わらないまま延々と続いていくと思います。 その恋愛と結婚は相手が必要ですから、必然的に誰かと縁で繋がることになります。

    そこのところを勘違いしたり間違えていると縁は繋がらない、縁と言うのは寝ていて転がって繋がるわけではなく、必ず誰かと会って話をして気にいるとか何かの反応があって、それからお付き合いするとなり、そしてお互いが納得できれば結婚へと突き進みます。

    ここで恋愛や結婚がうまくいかないと思っている男性と女性は、ちゃんと気付かないといけないのですが、恋愛や結婚と縁が無いのは自分がちゃんとしているにも拘らずなのか、それとも直さなければならないところがあるからなのか、そこら辺を勘違いや間違えていると思えるかどうかです。

    年間で2000人を鑑定していると、霊視や占い以前に人としてどうかと言うケースに遭遇しますが、占い師だから構わないと暴言連発する人や、討論を仕掛けて勝たなければ気が済まない人など、話をするのが嫌になるような印象や態度を相手に見せているとアウトです。

    縁と言うのは自分の努力次第で繋がったり切れたりするものですが、そこのところを偶然だと思っているようだと縁が繋がることはありません。

    目の前にチャンスが来ると言うのは過去の積み重ねによるものであり、その過去の積み重ねがあるからこそなのに、それを今の感覚で物事をしようとするから間違えてしまうのです。

    昔はイケメンが良かったかもしれないけれど今は人間性が良い方を選ぶと言う、過去の積み重ねではあるけれど今の状態を加味して考える、そういう部分を大切にしないなら縁が繋がる筈がありません。

    奇跡のA夫妻のように新年会で初めて出会っても結婚へと進む人たちもいますが、それはあくまでも特殊な例であり一般的な出会いと比べることは絶対にできません。

    霊視カウンセリングへ来ているとは何かの縁があることですが、それを繋げるも切るもお互いの思いや考えなど様々なモノが影響するので、お互いが遠慮しなければ繋がる筈がありません。

    人と人との縁とは自分の要求だけ通ると思いがちですが、自分が相手を選びたいと思うのと同じく、相手にも選ぶ権利はあることを人は忘れます。 自分に選ぶ権利があるように相手にも選ぶ権利はあるので、自分の要求している内容に適合する相手が選べることはありません。

    私がイベントを開催するのは、素敵なお客様へのサービスとして懇親会的な意味合いはありますが、合コンや結婚相談所として運営や活動しているわけではありません。

    そこを誤解されると心苦しく、その為にイベントがあるわけではありません。 男女の出会いはあるかもしれないけれど、自分の要求する通りの相手と出会えるとか、自分が気に入らなければ簡単に断っていいなど、そういういい加減な場ではないことをよく御理解頂ければと思います。

    縁と言うのは自分が動かないと待っているだけでは無理な話ですが、たまに自分が待っていただけで縁が結べたと言う話があるから、そこからついつい自分だってと言う気持ちが芽生えるのかもしれませんが、そんな宝くじに当たるような確率に掛けている間に歳を取ってしまいます。

    私はイベントを男女の出会いの場には考えておりませんが、お越しになられている素敵なお客様同士の懇親会的な意味合いには捉えているので、そこで縁を結ぼうと努力する人と声を掛けられるのを待っているだけの人では、自ずと結果が違ってくるのは仕方が無いと思います。

    縁を繋げるとは目の前のことだけではなく全体が繋がっている、自分の好き嫌いだけで物事を通していると、その先にある縁は絶対に繋げないしチャンスも来ません。

    最後に余談ですが、早くも133万カウンターとなりましたので、早ければ12月か1月にも10万カウンターごとの食事会(140万)を開催します。 その140万カウンターの食事会は「珍味コース」で開催予定ですが、ご要望によっては「普通コース」も選べるようにと思います。

    あなたは縁の繋がり、どう思いますか?

    。。。(((o・ω・)♪

    予約専用電話:090-4690-4618
    予約受付日時:火・水・木の夜8~10時

    鑑定は年中無休で、365日鑑定しています。

    霊視カウンセリング 山崎かずみ
    倉敷事務所:岡山県倉敷市川西町1-9
    東京事務所:東京都港区赤坂9-1-7
    関連記事

    PageTop